飯田街道サイクリング+馬籠峠越え 獲得標高 3600M! ①

 17, 2012 22:43
 
GPS 実走行記録
走行距離 196.8km
獲得標高 3610m
走行時間 14h18m

自宅からの走行は含んでいないので合わせると、何と!220kmover!歴代二位です!
余り、意味はありませんが...


結果から申し上げると、自分の実力とルート選定に過信と誤りがありました。

まぁ、それでも帰ってきました。
と、いうより予定ルートを無事に帰れるルートに変更しております。

さて、お盆休みサイクリング「飯田街道サイクリング」とは?

スタート地点は、愛知県名古屋市は国道41号線 高岳交差点のレクサス高岳店に勝手に決めました。
「飯田街道」とはその昔、塩を信州まで運んだ交易の道です。
名古屋にある飯田街道沿いの地名に「塩釜口」 終点にあたる「塩尻」どちらも塩の流れを表していそうですね。
そして中山道に対しては、関所の数が少なく裏街道だったとか。
しかし、飯田街道と呼ぶのは名古屋だけなのかもしれません。
途中、長野県根羽村で飯田街道は三河と信州を結ぶ伊那街道と合流します。
その後は三州街道と名をかえますので。
?飯田街道は長野県根羽村で終わり?

GPSをONにします、行きましょう。
飯田街道サイクリングが始まります。
00:15 スタートです!

00:30
飯田市まで走って気づいたことは、この飯田街道を示すものは、この通りに架けらたアーチ看板二枚のみ!
気づかなかっただけも?

ここから、基本 国道153号線を走り続けます。
名古屋市を抜け出て豊田市陣中までの約30kmは信号が多く STOP&GOの繰り返し。
時間を消費、距離が稼げません。
退屈な市内走行です。
しかし、平戸橋を渡り矢作川を越えると民家もお店もなくなり明かりは街路灯のみとなります。
本格的な夜間走行です。

既に04:12
走り始めて四時間 星空を撮影できるとよいのですが...

伊勢神トンネルです、心霊スポットとして有名なのは昔から...
あまり写真は撮りたくはないのですが、上り基調の153号線。
退屈なので撮っちゃいました。

走っても走っても、豊田市...
上り基調...
上り勾配は10km/hしか出せません。
計算外でした、今回の旅行速度は20km/hで計算。
つまり、飯田市までの120kmは六時間弱で走破の予定でした。
...の時点で計画変更
もともと飯田街道は走破の予定でしたので、それは変更なし
実は駒ヶ岳を観に行くつもりでした。
そして大きく回って木曽福島にでて、JR 中央本線にて輪行帰宅が計画で余裕があれば自走帰宅も目論んでいました。
無理無理、averageが20km/h維持できていませんから...


長野県入りが05:22
走行距離 82km


07:46
ここをピークに7km 7%のダウンヒルですが遅れを取り戻すことはできません

上り始めて五時間、走り出して八時間
最後のピーク、寒原峠1073m 
走行距離107km
その手前の峠、治部坂峠1187mでクルマの撮影がおこなわれていました。
トヨタの1BOX、交通量の少ない早朝に撮影ですか...
僕も写して欲しいのですけど。

足の遅い僕は止められてしまいました。

08:10
ここまでで、多少の下り坂はあるものの上り基調...
やっと飯田市に入りました。
08:40
飯田市といえはアップルロード!
これぐらいしか思いつきません
街路樹がリンゴなのです


飯田市に来るまでにかなり体力と時間を消費してしまったので適当な所で折り返します。

09:30
134km走行

JR飯田線の駅名にもなっています。
元善光寺で折り返します。
善光寺は知っているけど「元」って?
まぁ、走るのが目的の僕は気にしません...



雲はおおいですが晴天の一日です!
いつもの空より高く感じます。

ここまで上って来ました。
帰りは下り基調のはずです、しかし輪行帰宅するにはJR中央本線を目指さなければなりません。

ここからJR中央本線に行くには国道153号線と国道19号線の間に存在する山々を越えなければなりません。
まぁ、当初の計画でも計画していたぐらいなので抵抗はありません


さて! ここまで来るのに九時間、来た道で帰るのも面白くありません。

名古屋に帰りましょう。

馬籠峠越えに続く
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?