FC2ブログ

晩夏の候、海辺を走る

 18, 2018 14:45
晩夏の候、海辺を走る
記録的な猛暑もひと段落したのか昨夜は爽やかな風を感じた。
お恥ずかしい話、最近は乗っていない(zwiftは飽きずに遊んでいるけれど7月からの高温下ではこれも乗ったり乗らなかったり)
乗らないかわりランニングを始めてみた
日に1時間10kmを目標にしていたのだが調子に乗ってペースを上げた結果足首が炎症を起こしたらしい
日常生活に支障はないのだが階段の下りに非常に気を使う、内くるぶしが痛いのだ
山歩きをすれば膝に水が溜まる、ランニングをすると足首を痛める、身体の使い方が悪いのかもともと関節系が弱いのか思ったように動けない
その点ロードバイクは路面から受ける衝撃が少ない分、体に故障が出なかったのかもしれない
まあ、加齢による回復力の低下が多分に影響していると解釈しているのだが...トホホ


Birdy Classic
バーディ クラシック
通勤車に使っている折りたたみ車をこれまでため込んだ余材を使ってバーハンドルからドロップ化、8sから10s化してみました
1年もノーマルで乗ると飽きてくるしいい具合にキズや汚れも出てくるのでカスタム化に拍車がかかる


4500系ティアグラ STIレバー 9速なのでブレーキレバーとして使用
ハンドルはスコットに付いていたデフォのもの


RDはキャパの大きいロングゲージ 105 10速
カセットも棚の奥から出てきた12-30位のアルテ


そして今回のキモとなるダイヤコンペ ENE サムシフター
これと消耗品となるアウターケーブル、インナーワイヤー、バーテープは新規に調達、あとチェーンは116リンクでは足らず道具箱に眠っていた半端なチェーンを追加
ゆくゆくはチェーンリングも大型化したいし同時にカセットも34Tを入れたい(が、通勤車にそこまで必要なのかどうかは知らない)


材料さえ揃えてしまえば話は早い
半日でカタチになり『ささっ』と走れる姿になる
厄介な作業はフレーム内に通すアウターワイヤーの処理くらいかな



そうそうドロップ化による折りたたみ性能の低下は感じない
むしろドロップ化によるポジションの取り易さの恩恵のほうが大きく感じた
バーハンドルは長時間乗ると疲れる

収納姿勢はスポークの間にハンドルエンドを差し込むカタチになる
バーハンドルより突出する部分はSTIレバー
少し窮屈だけれど輪行袋にちゃんと収まる



秋になったら鈴鹿の山歩きもしたいしロードも乗らなきゃいけない
ランニングもハーフか20kmランのイベントを目標にして再開したい
その為に必要な事は身体のケアなのかな~っと思う今日この頃、、

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?