BRM514 中部400km じつは夜が強いんです

 17, 2016 12:59
20160516153734079.jpg
ほんと、ばかだなぁ~って
ずっしり重くてピカピカしててお金を出すだけでは手に入れられないこれ!
これを集めるためだけにどれほどのエネルギーを大気中に発散させ、むやみやたらに散財を繰り返すのか

ばかだなぁーって
つくづく自分のことをそう思う
まぁ『生きる』『生きてる』『生きていく』ってコトは某かの業(カルマ)を背負っていくものなのかも
前世はカラスか何かだったんかな?
それとも煩悩の数だけ集めると成仏でもできるんかしら?
ロングライドは哲学だ


≪BRM514 中部400㎞ ログ録り失敗


20160516154913936.jpg
ここは福井県大野のPC3、220km地点
到着は午後8時少し前
午前8時のスタートだからちょうど12時間で折り返しまで来た計算になる
100kmを6時間で刻んだ、計算通り
上出来!
残り180km

『貯金』は二時間半

大野市に入ってからロードサイドの飲食店をチェックしながら走ってきた。
PCでのレシート取得前に寄り道するのは気が焦るので帰路に寄るつもり。
この辺りは往路復路同一ルート
気に入ったお店を見つけるだけでよい
目に入ったのはカツ丼か何かの定食屋、あとラーメン屋
塩分が摂れるからラーメンでもいいかな~など考えていながらPCのコンビニで半額になったカツ丼を見つけて食べてしまった。。。
お腹いっぱい
さっと食べてストレッチ、長居してても仕方がないので根が張らないうちに出立



20160516161615875.jpg
市中にあった湧水
これも行きがけに目を付けておいた物件
ありがたくボトルに補充


寄ろうかなと思っていたラーメン屋には数台のバイクがが、、
寄らなくてよかったのかも(冷汗

ひっそりと大野の市街地を離れる
街路灯も疎らになってくる
時折、前方からLEDライトの光源が近づいてくる
チーン
すれ違い様ベルを鳴らす

『チーン、、』
返ってくる
暗闇のなかエールをおくる



20160516162405905.jpg
吸い込まれそうな闇の中を走っていると平衡感覚がなくなるような、、それとも浮遊感と呼ぶのか、錯覚を覚える時がある
力を抜くと失速、ここは上りだ
やはり重力を感じた



20160516162439937.jpg
一旦小休止
『道の駅 九頭竜』
入れ替わりで数台出ていくのが見えた
ベンチを独占、横になってゴロゴロー
しばらくそんなことをしながらストレッチ



20160516163529386.jpg
真っ暗闇、ただ黙々と



中部 ブルべ 油坂トンネル
油坂トンネル到着
午後11時半

大野を出て3時間、やっとピークに到着!
この先は下ってすぐにPC4!


日付が変わる少し前にPC4に滑り込み
さすがに1日に四軒もコンビニを利用すると飽きてくる。
義務的に必要なものを摂取、さもしいな~

外気温は13℃くらい
寒さ対策にレインウェアの上着を着用
今日はまったく降雨の恐れがなかったので透湿素材のレインウェアではなくコンパクトに収納できる(安物)サイクルレインウェアを持参
ほとんど使い捨て素材のビニ合羽だけどサイクルイベントの参加賞で貰って長く使っている


深夜零時過ぎ、ここから本領発揮
残りたったの130km!
まったく眠くない
むしろギラギラしてくる
緩やかな下り基調
進行方向に神経を集中してペダルに力を込める
郡上まで一気


その先はまたまた退屈な緩斜面
郡上と関を結ぶタラガトンネルを抜ける



20160516164155467.jpg
PC4を出てすぐに数台見たきり誰とも出会わない

緩やかなアップダウン
時折ダンシングを織り交ぜて一定の巡航を保つ




中部400 樽見駅
最後のPC5はスタッフさんによる有人チェック
設置されているのは樽見鉄道樽見駅
怪しい光源に照された受付発見
「お待たせしました、お疲れ様でーす」ってね

ぶらぶら歩いて小休憩、周囲は真っ暗でなにも見えない


残り50km
暫くすると空が白み始め明るくなる

長いようで短い夜が明けた...





今年のブルベ挑戦はここで一旦終了です
200、300、400と『認定』取得を調子よく重ねてきましたが次の600kmの日程がどーしても都合つかない、残念
(そりゃー丸々2日間家庭の事を放棄して遊びに行くとなるとねー、色々
自転車に乗ってただ漕いでるだけなんですけど程度問題らしい)
毎日、嫁さんから念を押されている


まぁ、それはそれ少し課題を残すような、腹八分くらいがちょうどよい...ような
自身を納得させるようにここはゴクンと飲み込んで我慢

600km

この渇望があるかぎり足を洗えないのかも



最後に...
オダックスランドヌール中部のスタッフの皆様、参加されたランドヌールの皆様お疲れ様でした。
そして毎年毎年、お騒がせしておりますがありがとうございました。

関連記事

COMMENT 4

Thu
2016.05.19
21:57

MMR #kXzv711w

URL

Re:

アディ様
ありがとうございます。
彦根城ライドもお疲れ様でした!
鞍掛峠は通行止めですか~、復旧が待ち焦がれますね。

ブルベのナイトライドは非日常を特に演出してくれます。
誰もいない路地、街の光の届かない星の浮かんだ空...
独りであって一人でない、前後に例え見えなくともランドヌールがそこにいる。
意識のトレインとも言える一体感もあります。
でも普段なら見通しの利く何気ないカーブは闇夜では別の顔を見せます。
緊張の連続、ヘッデンで照らす、その先を更に読む

400kmのブルベとなるとオールナイトになってしまうのでここは好き嫌いが別れそうですが(笑)
でも
丸1日、ほんとうに丸1日乗って朝日を迎える瞬間はなんとも言えない一瞬です。


ps.
膝もお大事に
私も膝の水が退いたり溜まったりを繰り返しています。
困ったもんです

Edit | Reply | 
Thu
2016.05.19
20:32

アディ #-

URL

あらためましてお疲れ様でした
自分は未体験の本格的なナイトライド、そして苦手なトンネル…距離以外にも未知の世界が広がっていて、その世界を垣間見せていただけるだけでもワクワクします♪
まずは200kmから…と思いつつも随分時が経ってしまいました
自転車に乗っている限り、目標にしていきたいと思います
P.S.仕事で若干膝を痛めてしまったので、月末のライドイベント(若狭路センチュリーライド)まで緩めにいきます(^_^;)

Edit | Reply | 
Wed
2016.05.18
05:37

MMR #kXzv711w

URL

Re:

OKI様
おはようこざいます。

『メダル』は物欲そのものを表していると思います。
これが無ければもしかして走っていなかったり(笑)
山の頂に立ったり稜線を歩いたり...
それともどんどん距離を伸ばすトライをしたり、、厳しくも己を昇華する『かたち』は色々あると思うのです。
まあ、だからブルベは『認定』という言葉を使うのだと思います。
最後は自分自身の挑戦にあるような、
(今度は家庭人の限界だったり(苦笑))

今年はこれで終わり!
決めてしまえばこの次に何をするか、何処に行くか考える時間や準備ができます。
さてどうしましょうね(笑)

※福井県起点のブルベもあります
行くときは教えて下さい(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2016.05.17
22:09

OKI #-

URL

お疲れ様です。
そしてますます玄人然と化していらっしゃる(笑)
昼間の山岳コースから、長い長いナイトランの苦しみと楽しさをが良く伝わってきます。

哲学ではありませんが、ロングライドの時間って何も考えていないようで、色々考えていて、終わったころにストレスや煩悩と共にスカッと抜けていく感じが有り、病み付きになりますね。

私も一枚くらいメダルは欲しいけどブルベ参加はスタート地点が遠い。。。
でも、一人ではとても怖て走れないような真夜中の山道も、道づれがいれば走れるかもと言う後ろ向きな思いもありますね(笑)


また、今年最後のブルベとのことですが、また新たな境地を開拓して下さい。
とりあえず今はお疲れ様でした。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?