【雨乞岳ハイキング】 @鈴鹿セブンマウンテン

 27, 2015 22:05
モンベル ヌプリパック35
[mont-bell ヌプリパック35]

ザックを新調したので使ってみたくて堪らない。
堪らないから今週も山行へ



今日は鈴鹿セブンマウンテンのひとつ

雨乞岳(1238m)

武平トンネル近くの登山口から登坂開始。
往復約10kmのピストンコース。

早朝の天候は曇り、時間の経過と共に天候は回復すると読んで少しぼんやりとする登山道を進む。


20150927210156517.jpg
ルートは沢を進む。

展望がよくないからおもしろくない。
時期によっては涼しいのかもしれないけど、それはどうなんだろう?
そんな時期は山ビルもでそうだけど…


東雨乞岳
ガスっていて展望はない。
風も強く寒い。

ここが目的地の雨乞岳だと一瞬錯覚していた。
強風に煽られながらも満足感高めに昼食。
帰り支度しながらよーく見たら『雨乞岳』だった。
あぶねー


周囲を見てもなにも見えない。
少し探してルートを発見。
視界不良で諦めようとも思ったけれどGPSで現在位置とルートを確認して雨乞岳山頂はすぐそこにある。


笹を割った一本道。
迷いようもないので取り敢えず進んでみることに、


雨乞岳
大人の胸~肩ほど生い茂る。
風を遮ってくれるので寒くない。


20150927210030329.jpg
GPSで位置関係確認。
山頂はすぐそこ。


雨乞岳
もともと残念な展望なのか、そうでないのかよくわかんない。

東雨乞岳のほうが山頂が広くて感じは良かった。


大峠ノ沢
そして名前の由来となった『大峠ノ沢』
枯れることのない沢と云うことで雨乞い神事が行われたんだとか、、

ふーん、なるほどねん、、??

山頂に池があるの?
地下から湧き出るのか?
…確かに不思議な感じがする。
毛細管現象とか??
なんでだろ、確かに雨乞い神事をするのに相応しい、うんうん

なんかショッポっい池が神々しく見えてきた



20150927205858301.jpg

雨乞岳からの帰路。
一瞬、ガスが切れた…

東雨乞岳が見えた…。






次回のお休みは自転車漕ぎます。
自転車にします、乗ります。

追記
備忘録


自転車遊びで遭難…なーんてのは、半分冗談みたいなものだと思った。
ワタシは『死ぬ~』とか『遭難』とか軽々しく口にしない
せいぜいハンガーノックか器材トラブルで走行不能になるくらい。
道に迷ったって舗装道路上で遭難なんてありえない。



今回の『雨乞岳』は?

山に入る前には、その山のレポートを読んだりして事前に学習をしている(…つもりだった)
レポートを読んで自分の技量、経験、装備で足りるのかを知るために。

少し落とし穴があった。
参考にしたのはヤマレコとかヤマケイのレポート。
それを参考にルートを選定。

選定したルートは自転車遊びと同じくGPSに仕込む、その作業はいつもと一緒。
そして前回足らないと感じた食料も多めに用意したり…
装備品はレインウェア、エマージェンシーシート、塗り薬やらヘッデン、予備電池…

ブルベや深夜を超えて走ったロングライドの経験がある。
昼夜の気温差は体感として経験しているし『最悪』のほうにウェアはないなりに良いものを用意して山に入っている。




当日、登山道をトレースするにあたり『目印』となる赤ペンキやテープを何度と見失った。
登山者の『踏み跡』をも見失った。
不安な時はGPSで都度、確認だけどそもそも仕込んだルートが合っている保証は何処にもない。
あくまで外れていないかだけを確認するに留まった。

道中、挨拶を交わした登山者との会話のなかで道を見失ったと聞いたのは1人だけではなかった。





下山して自分の記憶と過去レポートを付き合わせる作業をしていると『雨乞岳は迷いやすい』というキーワードに引っ掛かかる。

今回、選択したルートとは違う箇所での『道迷い』だけれどそれを誘発する要因が雨乞岳にはある。

今後、入山する予定のある山の情報を集める場合に検索キーワードに『遭難』を含めて調べることが必要だと感じた。
そうでなければ美しい山の姿だけのレポートに酔ってしまう。


20150928191717798.jpg



関連記事

COMMENT 6

Wed
2015.09.30
06:07

MMR #kXzv711w

URL

Re:

アディ様
おはようございます。

『遭難』なんてアルプスや冬山の事故でニュースを聞いても「ふーん、そうな~ん。」な程度しか興味がありませんでした。

でも実際は木々の密度、地形、そして油断からの装備不足や注意力の不足で何時でも『事故』は発生するのだと‼
未だ行方不明で発見されずの方の情報を求む看板を竜ヶ岳では見ています。

自転車で走る10キロが山では1キロに値する感じでしょうか。
『おもしろい、おもしろい…』
だけではなく『怖さ』も勉強しないといけないですね。


快適に外で遊べる時間が短くなってきました。
気温もそうですが日没も早いです。
無事故で年末を迎えられるようにしましょう!

Edit | Reply | 
Tue
2015.09.29
18:29

アディ #-

URL

登山お疲れ様です
鈴鹿山脈の山々って鈴鹿セブンマウンテンと言うのですね!なんかカッコいい(笑)
活火山ではなくても、身近な山でも危険とは隣り合わせなんですね
悪天候になれば視界も足場もあっという間に悪くなりそうで、自然の強大さと人間のちっぽけさを感じさせられます
そういえば夏にあの池田山でも遭難したカップルがいたらしいです…

ちょうど昨日、伊吹山の横を通ってライドに行きましたが、雪の無いうちは穏やかそうに見えますが、ここも近い時期に冠雪してしまうんでしょうね~
昨日もライドには絶好の気候だったので、寒さが来るまではできる限り走りまくりたいです♪

Edit | Reply | 
Mon
2015.09.28
05:58

MMR #kXzv711w

URL

Re: No title

hamo様
おはようございます。

早朝の雨は不安になりました。
自転車遊びと同じでやはり路面状態が気になります。
ただ当日は回復傾向にある、これだけを信じて(笑

山頂の池はおもしろいですね、
もし渇れたとすると地殻変動を疑ってしまいます。
それとも噴火!?

色々、勉強しながらする新しい『遊び』は新鮮ですね!

Edit | Reply | 
Mon
2015.09.28
05:46

MMR #kXzv711w

URL

Re:

kanz様
おはようございます。
前回は竜ヶ岳、今回雨乞岳しか登っていない経験がないこと初心者だと言うことを前提にして...(冷汗

竜ヶ岳は尾根が歩けて見張らしもよく楽しかったです。
登山ルートも迷うことなく歩けました。
と、比較して今回の雨乞岳、結構迷いました(笑
印象はジョン・ランボーになった気分でした。


山に関して詳しくお話出来るほどボキャブラリーが...

おすすめもありがとうございます。
御池岳、加えておきます。
またいってきます!

Edit | Reply | 
Mon
2015.09.28
00:58

hamo #-

URL

No title

お疲れ様でした。
今朝はまさかの雨から始まりましたが旅程に影響はありませんでしたか?

枯れない沢、何だか縁起がいいですね。
枯れない沢が枯れたときどんなことが起きているのかな〜?と、そんなことが気になってしまいます(汗)

Edit | Reply | 
Sun
2015.09.27
22:40

kanz #-

URL

お疲れ様でした
最近登山から離れていますが、人が登っているのをみると登りたくなります。
雨乞岳は渡渉などバリエーションに富んだルートが印象的です。どうでした?
鈴鹿でもう一つおすすめは御池岳です。是非登ってみて下さい。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?