シューペル・ランドヌールに挑戦 #BRM613 中部600km ~白川郷~金沢~山中~

 17, 2015 19:15
[シューペル・ランドヌールに挑戦]
20150615174632873.jpg
BRM613 中部600km

同一年内において 200、300、400、600kmの認定完走を受けたランドヌールは

Super Randonneur(SR)

シューペル・ランドヌール

と呼ばれる。


かなり話が長いです…


ロードバイクを買ったのは2011年の8月。
1台のマイカーが自由に使えない不便さを解消するための『足代わり』としてロードバイクを買った。

『楽に』『速く』『遠く』…

…らしいのと自転車としての気楽さが魅力だった。
(後にどれも間違いだと気が付く)





初めて手に入れたロードバイクはアルミフレームのオルベア[アクア]
備品含めて20万円。
新しい趣味に初期投資が必要なのは仕方がない、問題は継続できるか否かで『コスト』の回収率が変化すると思う。
(これも間違っている)


そんな新しい趣味として入手したロードバイクも半年も乗れば様になってくる。
「ヒーヒー」と喘ぎながら上った『坂』(今となっては『丘』とも呼べない)を越えてもっと『遠く』へ行ってみたい…
自然とそんな気持ちが溢れてきた。


そして同時にどれくらい『自分』が走れるか試してみたい。
つまりライドイベントに参加してみたいと考えるようになった。
それがロードバイク購入年の年末。
いわゆるサイクルイベントオフシーズン。
そりゃそうだ、寒い時期に好き好んで自転車なんか乗りゃしない。
他のスポーツだってオフシーズン、どうしてもやりたきゃウィンタースポーツだ。

それでも一番開催時期が早いサイクルイベントをスポーツエントリーで見つけた。

BRM
ブルベ


当初、BRM○○○の○○の意味も分からなかった。

『○○一周』とか『○○山ヒルクライム』なら内容もすぐわかる。
距離しか明示されない意味不明系のサイクルイベントだけど開催時期がとにかく早い。
そしてエントリーフィーが格段に安い!
3月開催のそれは
[オダックスランドヌール中部 BRM302 中部200km]
だった。

200km

いい距離じゃないか。
その頃の最高到達距離は130kmほど。

もっと遠くへ行ってみたい...気持ちを具現化したようなイベントにワクワクした。

それに『自己責任』『自己完結』を求めるそれは至極当然のコトだけれど新鮮に感じられた。




この4年前の200km
以来、天候や仕事にハラハラしながら毎年『認定距離』を伸ばしてきた。
長距離ライドの挑戦は『脚力』と同時に『時間』の確保が重要になってくる。
いい歳した『社会人』で『家庭人』共通の悩みだと思う。
『自由時間』が欲しい。

そして今年、『時間』『天候』に恵まれスタートラインに立つことができた!



tyuubu+600_convert.jpg

今回のルート、600kmを40時間で走破する。
[愛知県江南市(スタート)]
   ⇩
[岐阜県和良]
   ⇩
[ひるがの(ルート最高標高地点)]
   ⇩
[石川県氷見]
   ⇩
[石川県金沢]
   ⇩
[山中温泉]
   ⇩
[越前海岸]
   ⇩
[福井県敦賀]
   ⇩
[滋賀県木之本]
   ⇩ (最期のピーク 八草峠)
[岐阜県揖斐川]
   ⇩
[愛知県江南市(ゴール)]

600kmある...だけど100kmを6回、それぞれ6時間で刻みさえすれば獲れる‼
それに安心材料として先月の400kmブルベでほぼ似たルートで富山県に行っている。
後半、最後のピーク[八草峠]も知っている。
つまり要所要所のピークを走破している経験がある。
それはつまり時間が読めると云うコトだ。



午前5時のスタート時刻に合わせて午前2時に起床。
名古屋北部の自宅からスタート地点の愛知県北部の江南市まで約20km。
受付は4時から、ブリーフィングは出走30分前に行われる予定。


準備は昨夜のうちに済ませておいたのでロングレーパンのパッドにアソスのシャモアクリームをたっぷり塗り込んで準備は完了...

履くと暑い...

夜間走行の冷え込みを恐れてロングレーパンを選んだつもりだったけど『暑すぎる』
同じパールイズミの七分レーパンに変更。
同じメーカーでもパッドが違うのかアタリに違和感がある
距離が伸びれば伸びるほど『小さな』不具合が影響してくる
慣れたものを使いたかった
…けれど、暑いのも勘弁


出発直前にバタバタと無駄な時間を費やす。
あとはのんびり深夜のサイクリングよろしくだらだらとスタート地点に向かう。
道中の吉野家でブルベ仕様の1台を見掛ける。


江南まで走ってくる小一時間で深夜の闇は失せライト不要の明るさとなる。
夏至が近い、日の長い時期はロングライドに最適だ。
闇が眠気を誘わない。


スタート地点に設営されたテントで承諾書と引き換えにブルベカードを貰う。
思ったより人数が多く出走者リストのナンバーをチラ見すると90近くあった気がする。
とにかく参加者が多いと安心する。
このなかに『脚』のあう人がいる可能性が高まるからだ。
(知り合いはまったくいない)

装備チェックを受けてブルベカードにスタッフのサインを貰う。
ブリーフィング。
午前5時出発。



スタートからPC1[道の駅 和良]まで約70km

序盤は犬山城を横目に隊列を組んで突き進む。
どのブルベもそうだけど序盤の都市部は信号の兼ね合いもあって団子状態となる。
ただ認定距離が伸びてくるとそのカタチが洗練されていると感じる。

信号の度に離合した集団が集まるのは最初のうちだけ。

田園風景の美しい富加町あたりからハッキリとペースの違いが現れる。


20150616120813287.jpg

前走者がいると追走するだけで良いから楽ができる。
ドラフティングできるほど距離を詰める意味じゃなくて『視界』にランドヌールがいればGPSやキューシートを軽く確認するだけでよくなるからだ。

しかし上りで同じペースで走れない。
じわりじわりと引き離されて結局一人旅。
ここで無理について行くと腰か膝を痛めてしまう。
今年の中部300kmは序盤のハイペースで早々に腰を痛めてしまっている。
先は長い。
シフトダウン、腰と膝に負担を掛けない程度まで速度を落とす。
そもそもタイムを競って走っている訳じゃない。
一番大切なことは無事に帰ることだから。


PC1[和良]
午前8時過ぎ到着。
PC1のクローズ時刻は09:52だから貯金はたっぷり。
ここまで70km弱を3時間
少し上ってきたからこんなもの。
このPC1から次のPC2[ひるがの]までの区間距離60km。
この区間にコース最高標高地点がある。
例え旅行速度15km/hを割り込んでも貯金を使って攻略すれば良い。
(600km迄のブルベは旅行速度15km/h計算)
その先は文字通り[下り基調]となるので普通に走れば徐々に取り返せるはずなのだ。



20150615174948600.jpg
[堀越峠]
郡上八幡市に入る標高527mの峠。
良い峠だった。


20150615175114311.jpg
国道156号線。
郡上八幡からひるがのへ。
明るい時間に走れるのが新鮮。


20150615175140095.jpg
[ひるがの分水嶺公園]
ここから流れ出る水が南は長良川そして太平洋、北は庄川となり日本海に流れていく。
ここが本日の最高標高地点だと思って良い。

PC2に指定されたコンビニはすぐそこ。
PC1以降は全てレシートチェック。
貯金は変動なしの2時間、上出来。
慌てる必要はない、この先100km近くず~っと下っていける。

昼食としてコンビニでお弁当。
名物名産を食べ歩く趣味はないし独りでとる食事はつまらない。
少なくともこの時間を共有している者同士和気あいあいお喋りしながら食べる食事なら何でも美味しい。


20150615175308878.jpg


20150505203948575.jpg

BRM503 近畿(松阪)400では郡上八幡から、しとしと雨が降り続いた区間だ。

今日はサイクリング日和だなー!


20150615175335372.jpg
[御母衣湖]
すぐ隣に荘川桜があった。
先客にチームジャージを着た二人組。
ブルベですか?と訊かれる。
「600km!」
正直、我慢比べみたいなブルベを誇ってよいものなのか甚だ疑問。


20150615175441516.jpg
[白川郷]

近畿(松阪)400kmでも白川郷は訪れている。
ただその時は午前3時?4時??の真っ暗な時刻に通過しているのでまったく視界の効かない訪問だった。
かなり心残りで悔しく思ったけれど、これですっきりした。


20150615175922150.jpg


20150615175948542.jpg


20150615180011599.jpg


20150615180251386.jpg
[天守閣展望台]
そしてここに来たかった。
一旦、ルートから外れることになるけれど合掌集落を一望できる展望台に寄り道。

ただ斤量を減らすため重いコンデジを携行するのは諦めている。
スマホカメラなのが残念な話かな。
まあ、急ぐ旅路にカメラで一々『パシャパシャ』やっていたら5分、10分直ぐに経ってしまう。
だから今回は1ヶ所で撮る枚数は二、三枚にすると決めてきた。


20150615180140911.jpg
ピントが合ってないや(冷汗


20150616165504336.jpg
白川郷の展望に満足してルートに復帰。
一旦、国道156号線を外れる。
ガレが落ちてたり道が細くなったり…
の瞬間、カーブの先からダンプカーがやってくる。
瞬時に停車、お互いに笑って通過。
それぐらい『余裕』を持って走りたい。

その先には真っ黒な顔に角がでたニホンカモシカがいた。
驚いたカモシカ、並走しながら斜面を滑りながら上っていった。
カメラ間に合わず、残念!


20150616165551612.jpg
しかし、中部さんのブルベはいい道探してくるな~
舗装が剥がれたダート区間もあって押して歩いて通過。


20150616165758779.jpg
[高岡市 菅野家住宅]
このあたりが金屋町の千本格子なのかな?
よ~っぽど、滋賀県の廃村一歩手前の集落のほうが枯れ具合に趣があってよいと思う。
大きなお世話だけど。


20150616170225647.jpg
日本海、雨晴海岸に午後6時。

PC3は263km地点、午後7時前に到着。
貯金は4時間、これなら仮眠できる。
PCに設定されたコンビニで『ぼー』っとしていられるワケじゃなく入店と同時にトイレ→飲み物→食べ物→レジ
表にでてボトルに補充、食べながらキューシートの確認、Twitterなどと結構忙しい。
首を休める為にヘルメットは毎回外す、それにシューズも脱いでリラックス。


20150616170659538.jpg


20150616170741422.jpg
信号待ちの間もストレッチ。
首や腰を回したり...


20150616172730037.jpg
日付が替わるくらいに金沢到着を予定していた。
[PC4 金沢] 午後10時前到着、320km地点
走り初めて17時間経過。

次のPC5まで57km。
眠気はまったくないので行けるところまで前進する。

[PC5 山中] 377km
日付を超えて午前1時到着。
このPCのクローズは午前6時だから貯金は5時間。
この先の[道の駅]で横になろう。


20150616170851746.jpg
気温は15度くらいだったかな?
先客が銀紙(エマージェンシーシート)にくるまってベンチで寝ている。
キャラダイスからレジャーシートを取り出して陣地設営‼
久し振りに身体を横たえる。
ゴロゴロしながら先のPC(コンビニ)で買ったソーセージなどムシャムシャ。
しかし壁のない陣地はプライバシーが保てないなー、それに寝首を掻かれそうだ。

ここまで380km走破、残り220km弱。
300kmも走れば疲労が蓄積される。
『意識』は緊張感が手伝って意外とはっきりしている。
『身体』は...首と腰が固い。
右膝に鈍い痛みが時折発生。
左アキレス腱に張りと熱を感じる。
お尻? 信頼のBrooks B-17
レーパンとパッドの段差辺りに痒い程度の痛みがあるくらい。

痛む箇所が重症化する前にとる休息は意味がある。
時間はたっぷりあるから眠れるだけ眠って身体を休めよう。

火照った身体に深夜の風が気持ち良い。
朝がくれば眩しくて目が覚めるはずだから...


20150616170929477.jpg
おやすみなさーい。





(...?)



「ピロッ、、」
関連記事

COMMENT 2

Fri
2015.06.19
19:57

MMR #-

URL

MaSa様
ありがとうございます。
中部600km、お疲れ様でした。

『しれ~』っと吉野家を通過して会場入りしました(笑)
実は入ろうかと迷っていたのです。
ただワタシ、人の居るところには寄り付かない癖がありまして...
誰か居る?っと察知すると避けてしまいます。

[白川郷]
ブルベで走るとなかなか『道』を外れるのは難しいですよね。
本当は風光明媚を感じる旅をしたいのですが...
強迫観念に押されて前に進めないものです。

でも、ワタシにはブルベ真っ最中に回転寿司には寄れません(笑)

楽しみ方、色々あって自由なのがBRMの醍醐味ですね!

Edit | Reply | 
Fri
2015.06.19
08:28

MaSa #-

URL

こんにちは(^O^)/

BRM613中部600お疲れさまでした。(まだ途中でしたね)

内緒ですが、吉野家でモーニングを食していたのは私です(笑)

白川郷に私は行ったことがなく、今回のブルベでは大変楽しみにしていたところでしたが、MMRさんの写真を見て展望台に行かなかったことを大変後悔しております。今夏再訪すると、今、決めました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?