05, 2015 06:45

400kmのブルベ...
三重県松阪市から旅は始まる。
郡上、ひるがの、白川郷、富山、金沢、そして福井県勝山市でその旅程を終える。

400km...


(話し長いです)



集合場所は阪内川スポーツ公園。
オダックス近畿主催。
今年は静岡、中部、近畿と3団体3回目の参加。

14:00スタートなので午前中に名古屋から輪行で移動。
松阪市内でがっつり昼食を摂ってからスタート会場入り。


400kmブルベ、制限時間は27時間。
14:00スタートだから翌17:00が門限となる。
400km自体のトライは2回目。
初めて参加したのは名古屋400だった。
仕事の為、半分走ってDNF。
ブルベ歴2年目での挑戦だった、京都折り返しのそれは慣れたルートを走る内容で獲れたかもしれない400だった。
外圧でDNFしたそれはトラウマとなる。
その翌年はスケジュールが合わずに300km認定で終える。

残念だけどブルベ(ロングライド)は時間が必要。
独りで走るツーリングなら何時でも行ける。
だけどブルベは違う。
ブルベを走っていくには『走力』だけではなく参加するための『生活環境』も重要な要件だとヒシヒシ感じる。


ブルベを走る...
他のサイクルイベントにはない連帯感を感じることがある。
それが醍醐味だと思う。
そしてそれには発生条件がある。
『過酷』であること。
それを求めると200、300、400、600...
より遠くへ...

楽しむためには『時間』が必要。
ワタシには足りない。






書き始めるとかなりの長文になりそう。
どーしよー

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?