【二ノ瀬峠】越えて行く人、見送る人。 

 02, 2015 11:25

二ノ瀬峠一本



午前7時ちょっと過ぎ。
登坂開始。

キャラダイスに輪行袋やらレインウェア、補給食、予備パーツ諸々詰め込んだまま登坂。
フロントバッグの頃のほうが同じ荷物を背負い込んでもダンシングも巡航も楽だったような気がする。
悪いのは操舵性のみで...慣れの問題かな?

上り始めて前方に二人組。
視界に誰かがいると頑張れる。

常に『視界』に捕らえるように千切られないように。

だんだんと距離が詰まっていく..。


kanzさんだった。

kanzさんのblogで今日のツーリングを告知していたのは知っていた。

GWは琵琶湖に行こう

ワタシは昨日しっかり走ってきたし明日も明後日も走りにいく。
今日は早く帰って子どもと動物園に行くので二ノ瀬峠一本で終える予定。

時間が合えば一緒に行きたかった。

山頂で少しおしゃべり。
気を付けて行って来てくださ~い。

関連記事

COMMENT 4

Sun
2015.05.03
06:29

MMR #kXzv711w

URL

Re:

kanz様
おはようございます。

ありがとうございます、楽しんできます。
ですね、『ユルい』やつで遊びましょう!!

Edit | Reply | 
Sat
2015.05.02
23:04

kanz #-

URL

今日はありがとうございました

ブルベ楽しんできて下さい
ブルベが終わったらまた何処か走りましょう(ユルいやつで)

Edit | Reply | 
Sat
2015.05.02
22:38

MMR #kXzv711w

URL

Re:

hamo様
ありがとうございます。

重い荷物を積んで走る前提で考えるとフレームのジオメトリーから見直さないといけない問題かもしれませんね。
本物のツーリング車はヘッド角を少し寝かせて直進安定性を高めていますから。

そうやって考えるとロードベースの『なんちゃってスポルティフ』では積載性能足らなかったのかも。
う~ん、やっぱりホンモノのスポルティフかツーリング車が欲しくなります(笑)

Edit | Reply | 
Sat
2015.05.02
17:38

hamo #-

URL

お疲れ様です。
上り坂では圧倒的にフロントバックが有利な気がします。先日も荷物積載した状態で箱根に挑みましたが、サドルバックに重量がある状態だとオモリを引き釣りながら走ってるような感覚?といった感じ。操舵性に慣れているのなら、フロントバックかな?と思います。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?