もっと遠くへ行きたい.. [CARRDICE PENDLE]

 30, 2015 17:20

クロモリロードに似合うサドルバッグと云えば...

やっぱり、こんな感じ?...かな。
私にとってなにより『雰囲気』が大事。

こだわりの『道具』...
それを携えて走っている姿を想像するだけでも楽しい。



キャラダイス[ペンドル]
容量11L

大型のサドルバッグはロングライダー御用達のオルトリーブ[サドルバッグL]
リクセンカウル[コントアーマグナム]と使ってきた。
オルトリーブは中身が取り出しにくいのが難点だし、それほど収納量は多くない。
リクセンカウルは現代的にスタイリッシュで使いやすいけれど何より似合わないと思う。


そしていままで日常的に使ってきたバッグはオーストリッチ[F516]帆布フロントバッグ(収納8.9L)。
RSAサンバッグスのサドルバッグと併用して300kmブルベまで十分の収納量だった。
フロントバッグは便利でマップケースもあるし、何よりスポルティフなルックスが好きだった。
しかしフロントバッグに目一杯収納した時の前後バランスは悪く操舵性に難があった...。
・・・
・・



[CARRDICE]
PENDLE



次回参加を予定している400kmブルベはもうすぐ。
直前に大きく仕様変更するのはどうかな~?とか思う。
2、300km走って変化した前後バランスに慣れておきたいし、少し変えたポジションの具合をみておきたい。


そして取り敢えずブルベの準備。
必要な持ち物をキャラダイスに詰め込んでLEDライト等々の取り付けを変更。

バッグ、一番上に次戦のキューシート。
GPSにルートそのものは打ち込んでいるけどキューシートは必要。
マップケースがないから納めかたを思案中。
見やすい位置、若しくは取り出しやすい収納を考えないと。



100均で揃えたスタッフバッグに『補修部品』『輪行一式』等々を小分けに管理。
今回は防寒を兼ねたレインウェア(上衣のみ)を用意。
なんといっても今回は400km
太平洋側から出発して日本海側にゴールが設定されている。
それだけ走れば気候が変わってもおかしくない。
日付も超えれば山も地域も越える。
難儀な遊びだ。

このレインウェア、ワークマンで買った値頃な透湿素材のモノだけど、けっこう軽くてコンパクト。
明るいカラーが合羽っぽくない。
行き帰りの輪行の時にも羽織ろうかと思ってる。
これにCBあさひの七分丈サイクルパンツを着用すれば汗臭いレーパン男も堅気の人間に変身できるハズ。


ここにあとは予備電池を少し、日没後に追加装着する三灯目のLEDライト(540、重い)を収納したらブルベの準備は終了。

ブルベだからナニナニが必要とかじゃなくてロングライドに必要なものが最低装備品になっていると解釈している。
状況に応じた持ち物を用意して『走る』
至極当然の準備。

その状況...旅の風景、困難を想像しながらの準備はいつも楽しい。

収納量は満足の11L。



必要だと思われる装備を詰め込んで少し実走しておきたい。

関連記事

COMMENT 2

Fri
2015.05.01
21:10

MMR #kXzv711w

URL

Re: ペンドルでしたか~!

Rei様
ありがとうございます。

悩みました、11Lペンドル、7Lバーレイ。
オーストリッチのフロントバッグの容量と、今までのサドルバッグの容量を足すとペンドル相応になったのでコチラに。

大きいですね(笑)
でも、何でも放り込めるし(笑)

レインウェア、軽くて透湿性能の良いものが欲しくなりますがなかなか積極的になれなくて。
ワークマンのこなれたレインウェアに落ち着きました。
荷物はとにかくコンパクトに...したいです(汗


Edit | Reply | 
Fri
2015.05.01
06:56

Rei #GCA3nAmE

URL

ペンドルでしたか~!

私はバーレイ(7L)ですが、ロングの時はレインウェアをフラップに縛り付けてます。
やはりペンドルのプラスアルファな容量がロングではいい感じですね。
装着したフォルムもバランス良いです。

ワークマンのレインウェア。
豊富なカラーリングというところが興味あります。ある程度の透湿素材であれば、マメなメンテで十分実戦使用に耐えるでしょうし。
雨・・結局濡れからは逃げられないんですよね・・。

ちょっとしたジャケット代わりになるというのがまた気になりますね。

荷物の兼用圧縮に余念の無いもので・・・。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?