あの峠に行こう..【鈴鹿峠】

 18, 2015 22:11
東海道】鈴鹿峠をいく!

鈴鹿峠 万人常夜燈







今日は西を目指す!

昨年末はここ熱田神宮から東、日本橋を目指して走った。
今日はここから三重県亀山と滋賀県甲賀の県境に位置する鈴鹿峠を目指して走る。
東海道の難所、箱根峠に次ぐ難所として旅人に立ちはだかる峠だ。

そして国道1号線[東海道]を西へ攻める。



影が伸びている。
背に受ける朝日が暖かい。
体感的には数字以上に暖かく感じる。
実際には5度以下だったか。




ひたすら1号線を走る。
名古屋を出て桑名、四日市...

日永の追分で伊勢街道と分岐。
東海道は西へ伸びる。

特別、現行の国道1号線に拘って『道』は引いていないが基本、1号線。
思ったよりは交通量は少ない。
それにキツい勾配がない。



風は少しあるかな?
漕いでも速度が伸びない。



ふむ、坂下宿。
手前の関宿はスルー。

少し国道を離れて旧来の東海道を走ってみる。
たいしたものはないね。



復帰して国道1号線から案内が見えた。
旧道を辿れば古道の『鈴鹿峠』に行けるハズ..

なのだが..



うーん..
よく分からん。
再度、国道1号線に復帰。



1号線に復帰して鈴鹿トンネルを抜けてみる。
三重県側から鈴鹿峠へ至る道はよく分からない。
もともと事前の勉強では三重県側からのアクセスは悪い情報を得ていた。
滋賀県側から行こう。



[鈴鹿峠 万人常夜燈]
滋賀県側は案内が親切で迷わず到着。












[鈴鹿峠]



足元がまったくわからない。



この[鏡岩]も行っておかないと。



150m?
結構、歩いた気がするのだが。



ここが[鏡岩]か!



この鏡岩、かつては鏡のように輝いたとか。
ほんまかいな


三重県側が展望できる。
鈴鹿峠は三重県側は高低差が激しい。
とは言っても峠自体は357mに位置している。
箱根峠を体験した後では大した峠ではない。

そんなことより、私にとって重要なのはこの展望。
うん、満足。






帰りも風は強かった。
耐えられないほどじゃない。
あわあわと漕いでショップに寄りつつ帰宅。



季節がよくなったら1号線、東海道で京都まで行きたい。
良い下調べができた。


関連記事

COMMENT 6

Mon
2015.01.19
22:24

MMR #kXzv711w

URL

Re:

hamo様
ありがとうございます。

鈴鹿峠の旧道は古来のままなのです。
三重県側からは特に石畳や未舗装路区間が存在するのは予備知識で持っていったのですが積雪もあって分からず終いです。
道を見失ったんですね、早い話(笑)

『安楽越』も調べたことあるんですよ、実は...
何時かは...です(笑)

mapは『STRAVA』のものです。
Festive500の際にアカウントを取ったので、その後も何となく『STRAVA』にもアップロードしてます。
GARMINとの相性も良さそうですよ。

Edit | Reply | 
Mon
2015.01.19
22:03

hamo #-

URL

お疲れ様です。

鈴鹿峠の旧道って昔のままなのですね。
鈴鹿山脈には安楽越とかまだまだ峠がありますね!

MMRさん、最後のルートを表示してるものってどこのサイトのものですか?使いたいなと思いまして。

Edit | Reply | 
Mon
2015.01.19
21:44

MMR #kXzv711w

URL

Re:

Rei様
ありがとうございます。

この遊びを始めてから凍結や降雪路面に出会う機会が増えました。
実は雪が残っていたのは驚きました。
三重県は雪が降らないと思っていましたから(笑)

小さな案内を探しながら『道』を見付けていく作業は楽しいですね。
この東海道はもっと、もっと時間をかけて走破してみたいです。
きっと楽しい発見があると思うのです。

Edit | Reply | 
Mon
2015.01.19
21:33

MMR #kXzv711w

URL

Re:

himiyoshi様
ありがとうございます。

少し時間が取れたので1日乗ってこれました。
毎週末、この内容ではくたびれてしまいます(笑)
100km程が丁度よいですね。

私の行くところは大体辺鄙な場所が多いです。
今回のように舗装もされてなかったり...

流行りのカーボンバイクでは...
耐えられない(笑)

Edit | Reply | 
Mon
2015.01.19
19:37

Rei #GCA3nAmE

URL

そちらも一歩山へ踏み入ると、やはり雪景色なんですね。
毎回小さな発見を伝っての日帰りラン、楽しそうです。

Edit | Reply | 
Mon
2015.01.19
19:06

himiyoshi #PnFm5lIg

URL

まぁこの寒いのにえらい所まで!
ホント、バイタリティに満ちあふれてますね。
お疲れさまでした。

いやはや、鉄はどんなシーンにも、合いますねぇ。派手派手カーボンでは真似の出来ない味が醸し出されてます。

東海道で京都まで。いいですね~。
そんな脚がワタシにもあれば。。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?