【三岐鉄道北勢線 阿下喜駅】二ノ瀬峠を越えて..

 06, 2014 14:03
   
[東海大橋]

朝の風が気持ち良い。
早朝の気温は22.4℃だったかな?

寝ている間に降ったのか路面が濡れている。
いまいち天気予報も当てにならない、まぁ日中さえ降らなければ問題ない話だけど。





7時前、二ノ瀬峠入口到着。
流れスタート、別に加速して突っ込んでいくワケじゃなくて『タラァ~』っと上って行く。
計測だって神社前の通過時刻を視認する程度。
am06:52だなーって..
早々にインナー×30Tで黙々と登坂。
安定的低速走行のほうが良いのかもしれない、これでも30分切れたんだから十分。

ここから1分を短縮するの無理じゃないけど正直しんどい。
2分短縮するには根本から見直さないといけないと思う。
3分短縮するには若さが足らない。
4分、5分は生まれ変わらないとむ~り~




走りながら背負ったデジイチをフロントバッグに入れ直してみたり。
背負って走るのは重かった。

それとスギノのクランクキャップが緩んでいるのに途中で気がついて気になって仕方がなかった。
『ネジロック』も使って締めたハズなんだけど~
月次点検の項目が増えちゃったな。


いなべに向かってダウンヒル。
こちら側の空はさらに重い。



[三岐鉄道北勢線 阿下喜駅]




七夕だね


ナローゲージの軌道は数少ないと云う。
沿線の雰囲気といい、感じ良い地域。





[ねじり橋]

大正5年、つまり1916年の竣工だから、かれこれ100年近い歴史を持つ橋。

コンクリートブロックで橋を作るくらいなら橋型の『型枠』を作って一気に生コンを流せばいーじゃん。
なーんて思わなくはないが...。
100年前に今現在あるようなプラントやミキサー車があったはずないか。

運べる大きさで作るしかなかったんだろう。
しかし難しかっただろうな、この『ひねり』を考慮してブロックを作ってから更に組み上げるのだから。
職人泣かせの『橋』だね。
そー思う。
それにいわゆるアーチ型にある『楔石(キーストーン)』も見当たらない。
そもそもの設計思想が違うんだろうな。
おもしろいなー。


それにしてもコンクリート構造物って何年保つのだろうか?
鉄筋、入ってんのかな?
興味深い...。



110km程の内容。
昨日と今日を合わせて200km
梅雨時にしては走れた、満足。


関連記事

COMMENT 2

Sun
2014.07.06
19:14

MMR #-

URL

Re: タイトルなし

ゴリオ様
ありがとうございます。
往路、時折振り返りハラハラしながら急く走りをしておりました(笑)

今日の空も重かったですね、やはり山が空気を遮り雲を形成しているというのか..
実は後半はポツポツと降られています。
多度の旧街道、愛西市、甚目寺。
身体が冷やされる程度ではありましたが。

梅雨は天候に左右されますねー
困った(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2014.07.06
16:40

ゴリオ #sxdWoEmo

URL

天気がもって良かったですね!

ちょうど同じ時間帯に津屋川を走っていました。
なんとなく重たい空気に押されて峠に向う気さえ
起こらず・・・


ねじり橋はなんとなく引き込まれます。



Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?