BRM412 中部300km 「深夜便」

 14, 2014 23:40
走り初めて8時間..

愛知県北部にある[すいとぴあ江南]を午前9時スタート
153km地点[PC3] 三重県名張のコンビニに午後5時到着。
事前の[通過チェック(スタッフによる有人チェック)]が行方不明
まったく何処にいってんだか?
余分に走ること10数km..
た、たいしたことないぜ!ヒョェー

BRM412 中部300km 「波乱の往路を進め」


300kmブルベ、残り半分150km!





fc2_2014-04-14_20-37-59-533.jpg
[PC3 出発!]
そっちじゃないよ..左だよ

PC3からPC4まで約50km..
キューシートでは二行で終わる



今ルート上の大ボス青山峠(470m位?)があるのはグリーンロード..かな?

グリーンロード直前のコンビニでランドヌールが数名着込んでいるのが見える。
日が暮れれば気温は一気に低下する。

LEDライトをON...

徐々に暗くなる
うすぼんやりした視界、見える風景が青くなっていく..

だらだら上る、全くキツくはない..
ぼんやり見えるほぼ直線の上り坂。
電車の駅が見える..[伊賀上津駅]
ぼっ~と眺めながら通過
退屈~長いなぁ~


時折、GPS[Etrex20]の地図の縮尺を切り替える。
ウェイポイントとして打ち込んだ青山峠のピーク迄の距離と自分の位置関係を確認する。
見る度に『げそっ』としてみる。

前にも後ろにも誰もいない..
視界に誰かがいればモチベーションも上がるだろうし、会話ができる距離ならこんな緩斜面、しゃべりながら上れる。
それなら楽しく上れるのに~

しかし、毎度のコトだけどいつも一人になる。
まっ..暗闇を独り走るのは慣れている。



軽くも重くもないギアで回し続ける、もうすぐピーク。
ピークまで残り1km、もう少し。
ひとり道路脇で脚を止めて休息中のランドヌール..
声を掛ける。
「大丈夫~?」
「売り切れ~」
「ピークはすぐそこでーす!後少し!数100m!」
人に希望を..脚に力を..
そんな言葉を伝えたい!
まっ..たまに冗談を言うけどね、今日のお言葉は十回に一回、真実の言葉
大サービス!



[青山トンネル]

今コースの最高標高地点!
さっきの人も来てくれた、追い付いて来た!
良かった。

トンネルを抜ける、辺りは既に真っ暗。
ピークを過ぎればダウンヒル、暗闇のダウンヒル!
LEDライトで照らす路面、速度に対して照射距離が近すぎる!
ヘッドライトも点灯。
視線の先を照らす。
時折、GPSに表示されたルートを見る。
右に曲がるか、それとも左か?
大きく曲がってはいないか?
先が読めれば減速も早めにできる。

前にも後ろにも誰もいない..

身体に受ける風が体温を奪う..

青山峠からダウンヒル、少し落ち着いた処でウインドブレーカーだろうか?
着込んでいるランドヌールがいる。
寒かっただろなー

その後、追い付いたり、追い抜かれたり..
小刻みにUPdownが繰り返される。
フロント変速は不調、ガチャガチャ..
不調も慣れれば調子がでてくる、トリム調整しながらアウター縛りで走ってみたり、色々工夫。
なんとかなるもんさ

赤色のLEDライトを視界に捉えると頑張れる。
工事看板だったりするとガッカリするけど。


PC4 ローソン安濃 200km着..午後8時

あと100しかない、100もある..
数字をどう捉えるかは人それぞれ..

僕はあと100しか..かな?
残り100を走れば現実社会に引き戻される、この深夜の非日常空間を楽しみたいのだが..早く家に帰りたいなとも思う。
う~ん、どちらかと言うと真っ直ぐ家に帰りたい


次のPC5まで40km

非日常のFDトラブルとサドルの可変機能には辟易する。
これは楽しくないな~..経験としてはあってもよいが..
ズレる度に街路灯の明かりの下で調整、少し走って再調整。
まいったね、まいった、まいった


時折、7~9%の勾配が繰り返される。
後ろにひとり..脚が合うなら付いて来て欲しい。
合わなければ抜いて欲しい。
ひとりよりふたり、一緒に行こう!



PC5 ローソン 246km着..
午後10時半..
最後のPCだ。
キューシートで残りの距離を確認する。
残り約60km、三時間か..
多度の山さえ越えれば、農道と堤防道路の平坦な道。

気温は8、9度で低いが風はない。
普通に疲労はあるけれど、それなりに脚は残っている。
身体が冷たい。
何がどうだと今思い出せば、走れば受ける『走行風』
冷たい走行風が体力を奪っていたのだと思う。
WBジャージに厚手のグローブ。
それでも身体が冷たいのだから体温を上げるためのエネルギーも切れかかっていたのだろうか。

ここで最後の補給をする。
何を買ったかな?
いわゆるジェル系(ウイダーインゼリーとか)は、一つも無くてあったのはカロリーゼロと1/2、それに蒟蒻ゼリー。

買い物は二個パックのおにぎり、魚肉ジャンボソーセージ、蒟蒻ゼリー。
蒟蒻ゼリー意味ナシ
思い出してGPSの電池交換
[eTrex20]は単3電池2本で駆動する
ランタイムも十分に長いけれど、輝度を上げていると消耗は早い
早めの交換




[さっと食べて出発!残り60km]
fc2_2014-04-13_08-14-47-458.jpg
最後のPCから多度大社の大鳥居までは知った道。
上り坂に下り坂、ここまでの繰り返し走ってきた坂も大鳥居を抜ければ終わる。
後は農道と堤防道路の平坦な道程。

揖斐川に架かる[油島大橋]を通過、農道を走る。
オレンジ色の街路灯が繰り返し、繰り返しやって来る。
前に見える視界には誰もいない、バックミラーにも白いLEDライトは見えない。
こんな視界の開けたところでも誰もいないのか..寂しいなぁ。


[東海大橋を渡り愛知県へ、残り30km!]

今夜は冷える、トイレに行きたいな..

それに、さっき食べた魚肉ジャンボソーセージが胃にくる、重い。
よい大人は深夜であっても公共のマナーを守る。
まっ、身体を壊さない程度にね

適当な速度で残りを消化していく。
ただ平坦基調の道程でダラダラと走るとお尻に負担がかかる。
つまりサドルにドスンと体重を乗せ続けているから、お尻が痛い。
これが体重を載せたペダリングが出来ていればそんなことはない。
わかっちゃいるけどねー
トイレに行きたいしー
腹も減ったしー

今日のブルベ装備としてフロントバッグにチョコバーを入れたのを思い出す。
食べながら走る
ウマイ



久しぶりの信号ストップ
国道22号線で捕まる。

国道を渡ると同業者にさらっと抜かれる。
しかも団体さんだ..
一瞬、付いて行こうかと思ったけれどゴール受付で並ぶのもイヤだし、今さらタイムを縮めたいとも思わない。
ふわっと消えていく..

深夜の民家を抜けていく。
腹減ったなー、チョコバーないかな?
停車して探してもない。


そんなことをしながらゴールの[すいとぴあ江南]はすぐそこだったりする。
fc2_2014-04-13_08-18-00-176.jpg
土曜日に走り始めて日曜日に到着。
300km走破。

受付でブルベカードと集めたレシートを集計して認定完走のサインをする。
認定メダルは欲しいから1000円を支払う、メダルは後日郵送。

オダックスランドヌール中部さん、ありがとうございました。
参加されたランドヌールの皆さんお疲れ様でした。



自走参加なので自宅まで当然、自転車で帰る訳です。


信号待ち、両足を着いて頭を下げる..
寝れるような寝れないような?
もう少し寝心地の良い寝床を確保できれば寝れるな..なんて。

ブルベは200kmの距離から300、400、600..それ以上とあります。
僕が認定を獲っているのは300迄

200を走破すると、あれ?あと100位行けるんじゃない?
と、思う訳です。
300を獲ると、あれ?あと100?5、6時間なら我慢できるんじゃない?
と、思ってしまいます。

400か~..獲ってみたいけど、時間のいる『長距離サイクリング』
今の僕には時間が足らない。
  
  
 
関連記事

COMMENT 8

Fri
2014.04.18
06:41

MMR #-

URL

Re: Re: 御礼

Rちゃん様
ありがとうございます。
お疲れ様でした。

蓄積されるノウハウで、だんだん強くなっていきますよ!

年内、近隣の主催団体のBRMも半分消化されました。
ブルベに限らずみんなで走るサイクルイベントは華があって楽しいものです。
また何処かでお会い出来ましたらお声を下さい。

今秋に大垣辺りを走る『グランフォンド西濃』が初開催されます。
予定に組み込んでみては如何でしょうか?

PS
丸岡200参戦されるのですか?
オダ近(オダックス近畿)さんオリジナルのピンバッチが419から販売(?)されます。
メダルと合わせて入手してきて下さい。

Edit | Reply | 
Thu
2014.04.17
18:57

Rちゃん #-

URL

御礼

ご完走、お疲れさまでした。

スタート前にお話ししていただいて、その時は世間話くらいにしか思っていませんでしたが、25号の路面が悪いことを教えてもらったことが大変役立ちました。

現場についたとき、何も知らなかったら、「なんだ、これは?」で心のダメージが大きかったでしょうが、予備知識があったので「ああ、これが噂の酷道ね」と、やり過ごせました。

その差は大きいです。

Edit | Reply | 
Thu
2014.04.17
06:05

MMR #-

URL

Re: タイトルなし

と~ちゃん様
ありがとうございます。
応援頂いたこと、感謝しております。

皆さんのブログを拝読させていただく『アフターブルベ』も楽しみのひとつです。
同じ道を走っても、こうも受け止める感覚が違うものなのかと思ったり、考えたりするのが楽しいのです。

『100kmでヒーヒー』
数字的な距離ではないと僕は思っています。
その『ヒーヒー』する感覚が面白いのだと思います(イェ、変な意味じゃなくてw)

決して距離ではないと思っています。
道程のなかで何かを発見する、出会い、感動、それは数10kmでも見付ける事ができるものだと思います。

未体験の長距離に何かを求めて距離が延びていくのかもしれません。

Edit | Reply | 
Wed
2014.04.16
18:58

と〜ちゃん #WO.8kER.

URL

いや、素晴らしい。
あらためましておつかれさまです♪

100km程度の距離でヒーヒー言ってる僕には想像もおよびませんが大変な事は想像できます(笑)

同じブルベでも色々な方の記事をみると十人十色のドラマがありますね。

感動の連続です(^ ^)

Edit | Reply | 
Wed
2014.04.16
06:23

MMR #-

URL

Re: タイトルなし

suzutaka様
ありがとうございます。

当ルートの最高地点、青山峠..着いた時は本当に嬉しかったですね。
「あ、あ..上りは終わりだ」なんてw

ダウンヒル最高~..にはなりませんでしたね(冷や汗
照らすものは自分の前照灯のみ、先は読めない、路面もよく分からない、冷たい(スリル満点

その後、繰り返される地味なUPdownに辟易しましたがw

400..いつか獲ってみたいのです。
ただスケジュールの問題(GW明けの勤務日、休ませてとは言いづらい)ですね、遠征する気はないので名古屋か中部さんでトライとなりますが。

ただ、色々と考えます。
観光を含むツーリング的に走れば1日200kmも走れれば満足ですし、実際には150kmかなと思います。

今の気持ちはトライはしたいが腹八分でいーじゃないか!自分に言い聞かせています。
(300完走の帰路では、大休憩挟めば100位行けるんじゃない?などフラフラになりつつも思ったりw)

Edit | Reply | 
Wed
2014.04.16
05:57

MMR #-

URL

Re: タイトルなし

kanz様
トンネルを抜ける前は目が利きましたが、抜けた頃には真っ暗でした。
夜間、野性動物と出会うとドキッとしますね。
ライトに反射する光る目に慌ててしまいます。

いやー、でも想像ができますよ。
怖かっただろなー、冷たかっただろなー..と。
本当に敬服いたします。

Edit | Reply | 
Tue
2014.04.15
21:50

suzutaka #xIJQ4CoA

URL

こんにちは、MMRさんの写真を見ながら思い出してます。
青山峠のあのトンネルが見えたときは感激でした(^o^)
ああ、これでやっと登りが終わるってね!
その後の暗闇のダウンヒルはホントに怖かったです。
で、400、どうします(^o^)

Edit | Reply | 
Tue
2014.04.15
20:14

kanz #-

URL

スタート時に明言されていた通り薄明かるいうちに青山峠入られたんですね。でも夜の青山峠も鹿さんや狸さんがいて楽しかったですよ~(嘘です本当は恐怖です。特に下り坂は)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?