BRM303中部200Km 銀輪よ、あれが138の灯か?

 05, 2012 00:31
PC3では、僕にしては長い休憩。
一人サイクリングでは、どこでなにをしていても間が保たない。(せっかちさん)
だけど、どこかで身体を休めておかないと後半が苦しくなるのは分かっている。

周りが出立していくのを見ていると、なんだか焦る。
ブルベはタイムを競うレースではありません」
分かっているけど落ち着かない。
何か別のことをしよう、店内で立ち読み。
プレイボーイ、渡辺麻友ちゃん...

出発しよう!
《メイドin亀山 シャープの世界》
今回のブルベテーマ、亀山関宿になってました。
関宿ってなに?って思ってました。
岐阜の関しか知りません、江戸時代の関の手前の宿のことね。
う~ん、今の僕には余裕がない、立ち止まって見ていられない。残念
だんだん、街から離れていく 工業団地というにはデカ過ぎるシャープ亀山工場!
鳴り物入りで造った工場だけど、他の日本の製造業と同じく液晶パネルは苦戦中。

コレからの区間updownが激しい!
見通せる下り上りなら加速しながら下り、慣性+惰性で上りをクリアしたい。
だけど、前走者に詰まる...(先ずは前方をクリアにしなければ)
ついていく事はできても抜くことができない(無理をすると足の裏がつる)
下りを惰性で走る前走者(僕は加速したい)車との兼ね合い、抜けない、僕自身にも余裕は全くない。
そうこうしているうちに往路復路の交錯地点に到着。
PC3からの辛かったルートは終わり、前走者は二人、ついていく。

《PC4まで》
往路復路の交錯地点からは既に走っている道、さすがにすれ違うブルベ走者はいない。
PC3からPC4までは60km余り、一度は休憩したい。
鈴鹿のファミマで休憩、素通りするブルベスト達。
う~ん、僕は休憩をとるけど彼等はPC4まで休憩しないのか?
気は焦るけど飛び出す元気はない。

暫く一本道、今までのどこの区間でも、見かける人は同じ人。
だけど前にいるということは僕が休憩している間に抜かれている。
ウサギとカメの話ですなぁ…
平坦路を一定ペースで走ってもらえれば追走は楽だしありがたいのですが、上りでどうしても詰まってしまう。
車間を空けて上りはじめでもピークの手前で詰まってしまう。
先頭を引くということは大変だぁ、後続の僕は思うだけ。

右手に大型ショッピングモール、ここまで帰ってきた、ここまでくると上りのピークのイメージが分かる。
上りきってトヨタ車体看板のカーブしながら下る坂、最後に多度大社。

何だかんだで多度大社手前まで前走者なし、前方クリア!
信号ヨシ!加速していく!そのまま最後の上り坂に突っ込む。
車もこない、半分以上惰性で駆け上がる。
意外と簡単にパス、大鳥居が見える。
前走者、2名発見!
追いつく(本日の最高速更新)
PC4到着!

《楽しむブルベ
残り30km、レシートチェックの為、買い物。
トイレ渋滞、並びながらプレイボーイを探す。続きを見ようかな?でも、ありません
周りは休憩中のブルベスト、ここはすぐに出発!
橋を越えるまでは時刻から考えて車が多い時間帯、それに僕の前に誰もいなければ自転車渋滞も避けられる。

読みは当たる、前方にはブルベストはいない自転車一台なら車の横も抜けられる。
複数台だと目立って車もブロックしてくる。

そそくさに袖井交差点通過、油島大橋通過、立田大橋で三名の前走者に追いつく
混ぜてもらう。
橋を渡れば後は、ほぼ一本道
黙々とペダリングするだけ。
ライト点灯、ここで前走者三名のうち一名離脱、う~ん
ここまできて独り走はダレて前に進まないと思う、残り20km弱 僕なら前走者に食いつく。
お尻がイタい!僕のパンツは通販の安物、ここで差がでる!
辺りは真っ暗、ビニールハウスが光っているのがキレイ。
暗闇でQシートはもちろんサイコンも見えない。

信号
前走者、直進?
行ってしまう!
ここは、左折!声をかける間もなく暗闇へ吸い込まれる
う~ん、ここにきてまた一人旅、後続のLEDライトは見えない。
前方に赤いテールライトも見えない。
ここから堤防道路、お尻がイタい。
誰もいない、早く帰りたい、辺りは真っ暗、たまにある街灯で一瞬サイコンが見える。
時速表示は数字が大きいので見える、けど知りたいのは後何kmで終わるのか?
GPSのお陰でルートの不安はない。

お尻がイタい、たまにお尻を浮かせたり後ろに下げたり横にしたり。

お腹もすく、というより前にも後ろにも誰もいない緊張感がない。
よそ見をする、たまにヨロける。
踏んでる感じで20kmはでてると思う。
車とたまにすれ違いうくらい。
信号もない。
足を着けて休みたい。
信号機がない。
う~ん、背中に食べ物があったのでかじりながら考える。

ブルベというものを知ったのはロードバイクを買ってから、サイクリングのスキルを試すモノ的に考えていた。
楽しみにしていた、楽しかったかな?
機材の調達、取付け、内緒の買物、ルートの試走、3ヵ月は楽しんでいる。
乗らない日は一日中、乗ってみたいと想うことがあるけど念願叶って今乗ってます。
一日中...天気にも恵まれて..
う~ん、お尻がイタい。

数時間前に何人かのブルベストを誘惑した尾濃大橋が光って見える!
もうすぐ踏切、越えればゴールが近い。
138タワーが光っている。


ゴールは独り、前にもいなかったけど後ろも来ない...
番号を申請、レシートチェック、ブルベカードに記入してもらい、サイン。
メダルの申請も忘れずに、大人だけど久しぶりにお金で買えないモノを手に入れた感がある。
オーズメダルより...ずっといい...
チョコをいただく。
後続車、数名到着、数名また続く...
場が明るくなる。
う~ん、なんか寂しく感じる...

まだ帰宅まで残り20km、スタッフの方にお礼を言って帰ります、家に帰るまでがブルベです、そこがゴール。
BRM303中部200Km終わり》
関連記事

Tag:BRM ブルベ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?