【坂の上の黒い雲】ニノ瀬越

 19, 2013 20:19

昨夜の予定では[ニノ瀬峠]を越えて、いなべ市、上石津、養老SAで休憩をして帰宅の周回ルートで100kmを消化する予定でした。

当日の朝になって、何故か気乗りしない。
ぐずぐず準備。
.
.
.
そんな時もあります。

しかし、走れる時に走っておかないと次週は走れないかもしれない。
行ける時に行かないと後悔しそう、ふぅ

僕はトレーニングという概念は持ってはおりません。
本当は未知のを走りたいのです。
しかし毎回、新ルートを開拓できる訳でもありません。
気乗りしない理由の一つは、ワクワク感に欠けるからかもしれません
後は戻ってこれるのか??の時間的ドキドキ感


二ノ瀬までの道程は快調、しかし進行方向の西の空には黒く重い雲がハッキリと養老山系を覆っています。
もともと、今週末の天気は崩れる予報がでていました。
風も湿った感じの重い空気。
東の空は明るいのですが。


峠に入る最後の自販機で水を補充していると、サラッと一名通過。
少しモチベーションがあがります。
ボッチ走行は淋しいなり
まって~



空が重い。


心肺能力的にはゆとりがありました。
軽いギアでクルクル登坂。
コンパクトクランク×30T
途中、濃尾平野は明るく見えていても頭上の空は黒く重い。


今日の二ノ瀬は賑やかでした。
アタック中のライダーは苦しいながらも笑顔で挨拶をしてくれます。
下る僕は寒さと緊張でひきつった笑顔だったと思いますが。


苦しいヒルクライムは好きではありません!

でも、

挨拶を返してくれる人達が、大勢いたヒルクライム...

苦しいのは嫌いだけどー追い抜かれるのもキライだけどー
少し
今日は楽しかったのです。


毎週、通う気はありません
近いうちに上りにこよう
みんなのいる時間帯に(笑)
関連記事

COMMENT 2

Tue
2013.05.21
00:09

chief/MMR #-

URL

Re: Re: お疲れ様です!

hamo様
アタックする人達を見ていると、大体この辺がスタートかなぁと思う場所はあるのですが...そこから山頂まで民家が数件あります。
ヒルクラのアタックは言葉ほど速くも危険もないでしょう。
むしろ近所の方に迷惑を掛けるとしたらダウンヒルが恐怖そのものでしょう。
そんな理由もありまして公道、特に民家を挟んで走るコースにおいては時間の概念は[胸の内]にしまっておきましょう。

目安として自分自身だけのスタート&ゴールを設定して計測をするだけで成長が実感できて良いのかなぁと思います。

のんび~りいきましょう(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2013.05.19
22:46

hamo #-

URL

お疲れ様です!

お疲れ様です!
二之瀬。二ノ瀬。
行きたいものです。
今日僕は鎌倉行きましたが、東京の二ノ瀬であるヤビツは60kmぐらい自走しないといけない。やっぱ濃尾平野はいいなぁ~~。
二之瀬のヒルクライムタイムって、どこから計るんでしょうか?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?