【東谷山フルーツパーク】高付加(オマケ付)サイクリング...

 05, 2013 14:21

快晴、無風のGWの一日となりました。
本日の苦行
いや...親子で楽しむサイクリング。
小学五年生の息子と[楽しい!サイクリング]です。

オトナにとっては小一時間の距離でも子どもの目線から考えれば[冒険]です。

昨夜、僕がコソコソと翌日の準備をしていると物欲しそーな目でみてきます...
「どこー行くの~?」
付いて来たいそうです。
まぁ、それは吝かではない。
ただ、目的地は変更を余儀なくされます。
いつまでも[僕]の相手をしてくれる訳でもないし、独りの時間はいずれやってきます
今だけです


内容変更。
ルートは交通量少なめ、距離は往復50Km以内。
途中、休憩できる場所(コンビニとか)、目的地に子どもでも興味がある場所。

地図を広げながら指でコンパスを広げます。
僕自身、近すぎて訪れていない場所。

[東谷山フルーツパーク]

自宅から片道20Km以内
庄内川堤防道路を走れば程よい距離です。
危険個所も無いわけではないけれど、危険を危険だと認識させてやるのもオトナの勉めかと。
小さなケガで学習するなら今後の糧になります。

日曜日のこの時間帯は、昨年までなら『仮面ライダー』の時間でした。
少しオトナになりました。


出掛けに貸してあげた、僕の[指切りグローブ]
少し、はにかみながら大きなグローブを着けて出発。

GWの早朝は交通量も少ない。
往路は順調
名古屋市を出て、隣の春日井市。
そして高蔵寺駅前で休憩。
一気に10数Km走行。
高蔵寺と名古屋を挟んで流れる庄内川を渡れば目的地は、すぐそこです。


《案内板》
うーん、初めてなので雰囲気も掴んでいません。


東谷山は名古屋市の最高峰の山!
展望台もあり、夜景も楽しめるそうですが今回は見送り。


ふーん、立派な温室。

フルーツの植物園有り。
子どもは無料、オトナ¥300-


誰しも、一度は興味が惹かれる[椰子の実]
当然、欲しがります...
飽食の時代
まぁ、一度実体験させないと一生引きずられても困る
勉強です
お土産に持って帰るそうです
3kg?...4kg 重い



前カゴに[椰子の実]を乗せて...
休憩多め

重いなら椰子の実を棄てて行くか?と言っても持って帰るそうです。


解った~?

この味を忘れずにいて欲しいものです。
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?