『僕の前にみんないる、僕の後ろに、い...ない?』名古屋400、途中下車

 27, 2013 22:53
ちょっぴり参加
【BRM427 名古屋400km 京都】

自走参加分含めて、総走行距離220km位
うーん、まだ走って完走を目指すランドヌールは、この倍を走る。
頑張ってください。


スタート場所の[柳川瀬公園]まで自走参加、午前4時前に自宅を出発。
少し小雨が降っていました。
そして空気が冷たい。
40km先のほとんど岡崎の豊田市を目指し走ります。
空が白んでくる頃には空に雲もなく、快晴。
良い日になりそうです。


スタートは午前7時。
受付、車検、ブリーフィングを済ませ各自、出走。
トイレにいきたくなったので用を済ませて戻ってみると、大勢いたはずの参加者がいない!?
400kmも走るんだから、もっとのんびりしたものだと思っていたら違うようです

いきなり独り旅...

それでも10数キロも走ると3、4人の小集団に追いつきました。
その後、DNFするPC3迄、追いついたり追い抜かれたりの[脚]の揃った??集団ではない集団になっています

愛知県豊田市からPC1のある岐阜県多度町迄、信号で脚を止められるストップ&ゴーの繰り返し。
そして西から吹く風がでている。
向かい風...
それにクルマも多め、疲れる疲れる。
三重苦。

PC1の手前、[道の駅]で生理現象には勝てずに寄り道。

知らないおじさんと、「どこ行くの~?」の少しお喋り。
豊田市から京都市迄走って、そして戻るコトを伝える。
僕は違うんですけど、それは言わない
ズルいオトコ

おじさん「気を付けてねー」
嬉しい言葉です。

すぐにPC1!57km地点
我慢すれば良かった。
僕がPC1に到着した時には自転車を停める処もない程に参加者がいたのに、買い物、トイレを済ませて外に出ると誰もいない...
またか

PC1を独りで出立。
道中の退屈しのぎにクリーム入りのコッペパンを反射ベストのメッシュポケットに差し込んで発進。
食べながら走ろー

いきなりナイ
落としました


黙々と独り関ヶ原方面に遡上
ニノ瀬峠の入口、養老公園を掠めて堤防道路を走る。
向かい風キツし
時速20kmなんて、ムリ
しかし、伊吹山と養老山脈の谷間を抜ければ風はやむでしょう。
そうでも思わなければやってられない
国道21号線を走る。
しかし、この辺り何もナイ。
[脚]は足らないけれど腹は減る。
時刻はお昼。
PC1からPC2の距離はかなりある。
お昼を何処かで採りたいけれどコンビニ以外が、御所望です。
ラーメンとか牛丼とか、サッと出てきて[お腹]に溜まるモノがよい。
塩気があって安くて旨いモノ
何にもナイ

米原を通過、彦根に入ればヒトも多い、ルート上に何かあるでしょう。
既に時刻は13時を過ぎる。
追いついたり、追いつかれたランドヌールに、お昼は食べましたか~?と訪ねると、みんな食べている。
食べずに走ってる自分はなんなの?の自問自答
うーん、脚が足らないとツラいのー

彦根に入ってからは追いついたランドヌールには先行してもらい、僕は食事ができる場所を物色。
しかし、何もナイな...

自分企画で昨年、彦根城近辺までは来ている。
公衆トイレの位置は把握済み。

ついでに彦根城近辺のお土産屋さん通りでお昼を[たこ焼き]で済ませる。
食べ終わると、追いついた僕より年配のランドヌールが到着。
一緒に[たこ焼き]休憩。
話しを聞くと、このペースだと27時間ギリギリかなぁ?なんて、仰られる...
い?
僕としては、手(脚)は抜いていない...
風が強いので順調とは決して云わないけれど...
このペースはそんなもんですかー



びわ湖湖岸道路は退屈なもの。
再び、風がでてきた感じで向かい風。
平坦な道は楽だけれども、ここで本来は稼ぎたい。
走りながらでも写真撮影できると良いけど、強風の為断念。
ここも昨年に[オダ近]さん企画の[びわ湖一周]でルートで走行済み。
知っている分、ツラいのです。


134km、PC2のコンビニに着くと数名のランドヌール。
買い物を済ませて外に出るとヤッパリ誰もいなくなる。
一人、屋外のテーブルで食事をしているとスタッフの方がみえました。
どうやら、僕は最後尾グループのようです。
む...
予想はしていても現実となると恐ろしい
何が「恐ろしい」かと云うと僕の後ろに誰もいないという現実が怖いのです

のんびり、喰っとる場合じゃない!

発進!
[さざなみ街道]を巻くような[風]を味方に瞬間的に時速40kmをキープ??
前走者を追います。
途中、fleshの団体かな~?を追い抜き駒を進めて一人、二人と前走者(お馴染みのランドヌール達)を捕捉。

暫く追走。
追いついたくらいだし
疲れてきている...よーにみえる

一度、言ってみたかった!
僕で役に立つなら前にでます(控え目)」
先頭交代
無理なく追走できる速度のつもり~の維持。
時速20後半?

実は前に出たって後ろのコトなんか気にするよーで気にしてない...
気にはしてるけど、付いて着てくれるか迄は気が回らない
僕自身を風除けにしてもらえれば良いわけでありまして...
経験上、他人を引いたコトなんてないし~

信号で停車、そーっと後ろを振り返るとイナイ!
千切ってしまったようです。

しかし、結局は似た[脚]を持つモノ同士。
後ろに誰もいなければ、気が抜けてしまう。
単独で走行しているつもりでも、実は後ろにみえました。

『♪~♪~♪~♬』電話が鳴ってるー
電話に翌日の仕事の連絡が入り対応していると後続の方に
「トラブル~?」の優しい一声を貰いました。
「仕事の電話で~す」
路肩でいったん停車
みんな走り去られました。
また、どこかでお会いしましょう
本当は最後まで、ご一緒したい


何件か電話対応していると気が抜けてしまう。
一緒に走っていた人達は遥か彼方...
行って仕舞われた
日も傾いてきた。
気持ちは[仕事モード]
早く帰らねば...
PC4の京都迄は行くつもりでしたがスタートから176kmのPC3大津でいいや~。
買い物不要ですが一応、PC3迄の証として買い物。
レシート確保。

RC名古屋のK氏にDNFの連絡。
解ってはいた事だけど、やはり悔しい
参加する以上は完走を目標にするのは本音
まっ、走りつづけていれば機会はやってくるでしょう



気持ちを切り替えて名古屋に帰りましょう。
最寄り駅はどこね?

東海道本線の[石山駅]ですか?
近いね。

駅前で[コンパクトリンコウバッグ(モンベル)]にパッキング。
一度、練習すれば簡単なものです。


京都駅で新幹線に乗り換えて名古屋迄。
コンパクトな分、[超速FIVE]より気を遣いません。


あっと云う間に名古屋駅

さっきまで強風に巻かれ苦労したのが信じられないほどです。

今日の実体験は今後の糧となります。
足らなかったモノを買い足して、いつか再度チャレンジしたいものです。








今日の旅は、此処まで

また、いつか続きをしたいものです。
DNFをしたPC3は、PC4を折り返した後のPC5になる重複するポイントです。

僕がPC3として到着して店内を物色していると
「ふー(鼻息が荒い感じ)」で最速ブルベライダー[三船雅彦氏]が到着!

げっ??
スタートで少し、お見かけしましたが確信は持てなかったのです。
やっぱり、この方だったのだ。
ちょっと怖そうな感じ、要らんコトを話しかけるとタイムロスの要因として殴られそー
しかし、どちらかと云うと無駄話は好きな[僕]です。
レジ前で
「もう、ここですか~?」の一声

まぁレベルの差違はあれ、[僕]の姿を見れば一目瞭然、ブルベの参加者。
ちょっとジロリと値踏みをされて(笑)

「この先、京都云々★・☞◁...」
(意訳)この先、車が多くなってくるから気を付けてね...

だと、思った。

うむ、三船雅彦氏
見た目、恐かったけど優しかったです。


ても、残念
アドバイスを活かすことができずに帰りました。


静岡106、中部302も一緒だったんだけどね
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?