ブルベ装備 《MAP(Qシート)ホルダー》を作ろう。

 21, 2012 18:45
もうすぐ「2013 BRM」開幕です。
シーズン一発目の参加は
「AJ静岡 BRM106 いちご200km」
まぁ、何本、何km走れるかは自分自身の走力と仕事の休みがとれるか次第なので...一年間で一本だったりして(笑)

さて、ブルベ参加にあたっての装備の追加です。
車両規定ではライト、赤色テールランプ、ベルが装備された自転車。
ライダーの装備はヘルメットは当たり前で反射ベストetc.

この基本装備+α、GPSだったりLEDライトを3灯にして光量を上げてみたりテールランプを二本にしてみたりと追加していくのもブルベ参加前の楽しい時間です。

初めて参加した200kmブルベでは、Qシートをtiagraコンポーネントの触角を利用することで固定(パタパタした)しました。
その後、コンポ交換で触角は消滅
次にQシートを使うイベントは「オダ近 びわ湖一周的」になります。
この時は、A4でプリントアウトしたQシートを四折りにして持参。
反射ベストのメッシュポケットにいれて、所々取り出してルートの確認をしていました。
どちらも雨対策としてクリアーファイルには入れました。
もちろん基本、道案内はGPS「etrex20」上にライン表示してあるルートをなぞるように走っています。
それでも、やはりQシートは要るのです。
GPSにも誤差はある(GPSの誤差と云うよりルートラボ地図データとの誤差か?)ので、Qシートに記載された指示をGPSで確認するようにしているからです。

と、云うことで工作です。
「Qシートを見やすく配置」がテーマです。
ポケットから、いちいち取り出して確認をするのは遅いし面倒くさい。
それに一度、落としているし...
やはり、走りながらでも確認できる場所に配置したい。
何か、いい材料はないか?
ありました♪

TOPEAK 「Cage Mount」 ホルダー
【TOPEAK】トピーク ケージマウント ハンドル取付アタッチメント
コレをハンドルと結合させるベースマウントにして

ホームセンターで購入 2mm厚 アルミ板
そしてQシートの下敷きは、これを使います。
ホームセンターで購入、2mm厚のアルミ板

ブルベ 自作Qシートホルダー製作中
アルミ板を、そのまま使うのでは大きいので適当なサイズにカット。
2mm厚なら、カッターでは無理ですがヤスリでケガキながら...何度もけがいてカット
切断面と四隅の角の面取りをします。

トピークのマウントに合わせて穴を明けて...
何ヶ所か余分に明けておきます。
実車に合わせて取付位置を変えれるようにします。

リベットを打つ
Qシートはアルミ板にリベット留めしたクリップを利用して固定する予定。
リベットを打つには、名前も知らない道具を使います。名前は知らないけど使い方は適当に覚えました
タマ(リベット玉)の径より少し大きめの穴を明けてバチン!っとやって固定
リベット留めができる厚みはタマの種類によって違うので、遊びが大きければ平ワッシャーを咬ませて調整します。


Qシートホルダー製作中
アルミの地金の色もいいけど、やはり色を付けるとメーカー品に見えなくもない?
台所洗剤とブレーキクリーナーを使って脱脂?してラッカースプレーを吹く付けます。


使用面

裏側、トピークのホルダーの片割れを固定

MAPホルダー製作
取付けてみました。

ブルベ装備 ハンドル回り Qシートホルダー製作
上ハンを握れるクリアランスは確保。


PC毎に中のシートを入れ替えれば使い物になるでしょう。
跨ってみます。
実際の視線に近い感じ...
自作Qシートホルダー製作 ブルベ装備
こんなものを商品化したら、大金持ちに...なれませんね
だいたい、リクセンカウルにあるし

それにしてもブルベ以外に役に立たない装備だなぁ


ブルベ仕様のハンドル回りや装備品は、皆さん創意工夫されてて見るのも楽しいものですね。
そして2013年、これを使う時がくるのか?!
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?