ALL sports communityを利用してみる

 24, 2012 20:40
家に届いていました。

スポーツイベントの写真サービスサイト「ALL sports community」
先日、参加した「安城サイクルフェスタ じゃんだら輪」でも、そのサービスが利用されていました。

自分の走っている姿は、誰かに頼まない限り撮影はできません。

いい写真が撮れてないかなぁ?

ある、ある...
あるけど...被写体がワルいな…

なんで口元が緩んでるんだ?


う~ん? 自分の「顔」は毎朝見ているつもりだけれど、こんな「顔」してたっけなぁ...
自転車もサイクルウェアも写真と同じのを持っているし、だいたい日中のイベントなのにヘルメットにライトを装着して走ったのは「僕」だけだろうしなぁ...
特徴が一致するので「顔」に覚えがなくとも、多分コレは「僕」なのだろう

男の「顔」は、それまで歩んできた道を表現するものだと云います。
その「顔」に刻まれた「シワ」「傷」が一つ一つ語るのです。
この「顔」が語るものは、何も無いですね
世をナメた感じがします


記念になるから二枚をプリントしてもらいました。
注文した画像は「Facebook」でも共有できるようになります。
そしてALL sportsのアルバムに永続的に保存されます。


でもなぁ...
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?