FC2ブログ

Photo Gallery

冬季通行止め解除

ロードバイクに乗り始めたのは2011年の夏から
12年、13、14 15 16 17 そして2018年
アルミフレームからクロモリ、そしてカーボン
乗り方や機材は変わったけれど今年もまた上りにくることができた。
今年も事故なく過ごしたい。



この季節、どこをどう回っても桜が綺麗で脚が止まってしまう。
緑も綺麗、水面に反射する光すら美しい


この慣れた上り坂をカーボンロードで駆け上ってみたかった。
クロモリのテスタッチもよかった、だけれど軽やかに上って行くカーボンロードを横目に見ているとどうしても『もし』が頭を過ってしまう。

『もし』

クロモリではなくカーボンだったなら...


納得

昨年、テスタッチで走ったベストタイムが23分半
そこから2分短縮、21分半
ここから詰めていくにはかなりの努力が必要になると思う。




そうそう、4年使ったキズだらけの眼鏡を昨日から新調したんだった、眼鏡市場で2万円弱
だから見えるもの全てが綺麗に見えたんだ。


スポンサーサイト



菰野ヒルクライムチャレンジ 2018



初めてのヒルクライムイベントに三重県いなべ市は鈴鹿スカイラインこと国道477号線の冬季通行止め期間を利用した【菰野ヒルクライムチャレンジ】に参加してきました。


距離8km 標高差660m 平均勾配8.4%
距離が長いのか短いのか、キツイのかユルいのか、自身にやる気があるのかないのかイマイチわからないまま今日のスタート地点までトランポ
(自宅を出る瞬間まで50kmの自走のつもりでいたけれど外気に触れて変心、寒い、寒い、、 急遽トランポに変更)


クルマできてよかったかなー
受付を済ませてからが結構退屈、、



みんな速そうに見えるコト、チームジャージを着ている人を見ると特に速そうにみえる。
(もう帰りたーい)

ぶらぶら時間を潰して招集、スタート地点に移動
風もなく快晴なのがなにより



段取りよくスタート、計測チップを取り付けてあるのでマット通過で計測開始

スタート地点から坂なのでインナー発進、最後までアウターは入らず終い
ずぅ~っとほぼ8%の上りで抑揚がなく単調に進む...
マイペース、マイペースでゴール






年に2回、くるかこないかわからない場所より身近な場所でハアハアぜいぜいして遊んだほうがおもしろいかったかもしれない
でも修練のそれをぶつける場所と機会があっても然るべきだとは思う。



さてさて結果はと言うと貼り出されたクラス別リザルトの1枚目に名前を発見、32分台
自分自身の前年実績がないのでこのタイムが速いのか遅いのかよくわかんないけど150数名出走でコレならよしとしましょう。


ヒルクライムイベントも一本やって結構満足
ハアハアしながらみんなで上るのは楽しいけど競技会の雰囲気は好きになれない





気がついたら春が来ていた。
穏やかな陽気に誘われて久しぶりに実走と相成りました。





予報では最低気温8度、最高気温18度
ウインドブレークのジャケット、パンツは置いて足らない部分をジレで調整するつもりで出発
インナーはこの界隈で人気のおたふく手袋の防風インナー、これがなかなかよい

今日の計画は養老山地を一周するサイクリング
この山地のど真ん中に位置する二ノ瀬越(峠)が冬季通行止から開通してしまうとそれを利用するばかりでなかなか一周する機会がない
まっ、一周にこだわる必要はないのだけれどやはり『~~一周』の言葉は気分が良いし

走っている間は終始雲が厚かった。
結局カメラを取り出す機会もなくそれになにより脚を止める理由が今のカーボンロードにはない
回せば走れてしまうのだ
疲れたらダンシング、、それで済んでしまう

お陰で止まる機会がない
やれやれ



この先に鞍掛峠がある
開通して走れる期間より冬季通行止めやら法面崩壊やらで走れない期間のほうが長い国道なのだが今年は走れるのだろうか?

そんな事を考えながら終始高速移動(当社比)



トンネルで拾ってくる泥は粒子が細かい
刷毛で払ってお掃除お終い、部屋に汚れを持ち込まない程度で十分


ぉおー
そういえば今月末開催されるヒルクライムイベントに参加予定
菰野ヒルクライム
楽しみなようでそうでないような、思わず忘れてしまいそうな程度
全力を尽くす、これができるかどうか?それが不安
これは少し先の話だけれどグランフォンド富山
これは単純に楽しみ、海と山を眺めて丸一日走れるイベントは考えるだけで気分が高揚する。

WHAT'S NEW?