Photo Gallery


クロモリロードに似合うサドルバッグと云えば...

やっぱり、こんな感じ?...かな。
私にとってなにより『雰囲気』が大事。

こだわりの『道具』...
それを携えて走っている姿を想像するだけでも楽しい。



キャラダイス[ペンドル]
容量11L

大型のサドルバッグはロングライダー御用達のオルトリーブ[サドルバッグL]
リクセンカウル[コントアーマグナム]と使ってきた。
オルトリーブは中身が取り出しにくいのが難点だし、それほど収納量は多くない。
リクセンカウルは現代的にスタイリッシュで使いやすいけれど何より似合わないと思う。


そしていままで日常的に使ってきたバッグはオーストリッチ[F516]帆布フロントバッグ(収納8.9L)。
RSAサンバッグスのサドルバッグと併用して300kmブルベまで十分の収納量だった。
フロントバッグは便利でマップケースもあるし、何よりスポルティフなルックスが好きだった。
しかしフロントバッグに目一杯収納した時の前後バランスは悪く操舵性に難があった...。
・・・
・・



[CARRDICE]
PENDLE



次回参加を予定している400kmブルベはもうすぐ。
直前に大きく仕様変更するのはどうかな~?とか思う。
2、300km走って変化した前後バランスに慣れておきたいし、少し変えたポジションの具合をみておきたい。


そして取り敢えずブルベの準備。
必要な持ち物をキャラダイスに詰め込んでLEDライト等々の取り付けを変更。

バッグ、一番上に次戦のキューシート。
GPSにルートそのものは打ち込んでいるけどキューシートは必要。
マップケースがないから納めかたを思案中。
見やすい位置、若しくは取り出しやすい収納を考えないと。



100均で揃えたスタッフバッグに『補修部品』『輪行一式』等々を小分けに管理。
今回は防寒を兼ねたレインウェア(上衣のみ)を用意。
なんといっても今回は400km
太平洋側から出発して日本海側にゴールが設定されている。
それだけ走れば気候が変わってもおかしくない。
日付も超えれば山も地域も越える。
難儀な遊びだ。

このレインウェア、ワークマンで買った値頃な透湿素材のモノだけど、けっこう軽くてコンパクト。
明るいカラーが合羽っぽくない。
行き帰りの輪行の時にも羽織ろうかと思ってる。
これにCBあさひの七分丈サイクルパンツを着用すれば汗臭いレーパン男も堅気の人間に変身できるハズ。


ここにあとは予備電池を少し、日没後に追加装着する三灯目のLEDライト(540、重い)を収納したらブルベの準備は終了。

ブルベだからナニナニが必要とかじゃなくてロングライドに必要なものが最低装備品になっていると解釈している。
状況に応じた持ち物を用意して『走る』
至極当然の準備。

その状況...旅の風景、困難を想像しながらの準備はいつも楽しい。

収納量は満足の11L。



必要だと思われる装備を詰め込んで少し実走しておきたい。

欲しいものは欲しい‼

久しぶりに海外通販を利用しました。
利用したのは英国SJS CYCLES





もっと遠くへ...

先日の300kmブルベのキズ(腰痛)も癒えないうちから400kmにエントリー。
我ながらアホやなぁ~とか思わないでもない
でも念願の400km認定取得さえ獲れればブルベは一旦卒業。
もっともっと『ゆる~い』ツーリングに移行していくつもり。

そして400kmともなると走行時間が1日では収まりきらない
2日行程の『遊び』に参加するのには色々な障壁が立ち塞がる...
スタート地点に立つまでも一苦労、この労力に毎度神経が磨り減る。
ヤレヤレ


そして今回の買い物は、それに絡んだもの。
前回の300kmで得た経験を踏まえて装備変更。

もっと楽に...
もっと遠くへ...


ブルベは装備を考えてる時間がなにより楽しい。



利用したのは[SJS CYCLES]
初めての利用。
ナゼかと云えばWigge、CRC共に現在取扱いがなされていなかったから。
Amazonでもサイクルベースあさひでも購入はできるけど、海外通販ならほぼ半値。
利用しない手はない。

4月15日(水)の昼前にオーダー。
ちなみに買い物は£116.65(内送料£35.0)
£1=円 180円くらい?
冷静に計算すると送料だけで6000円!! ゲッ!
う~ん..品物だけなら国内価格の半値で購入できたんだけど..。
ポンドとユーロを混同してた(冷汗
しゃーない、欲しいものは欲しいんだから。


17日(金)02:00
SJS cyclesよりメール
『発送してやったぜ!』
『Royalmailで送ったから追跡No.※※※...』云々
多分、そんな感じ。
淡白な英文をニュアンスで解読。


そこでRoyalmailで追跡No.の照会。

Royalmailが品物を受け取ったのは読み取れるけど一向にステータスが変化しない。
変化するのは更新時刻のみ。

『該当部所に回したぜ!』
そんな感じ?


21日(火)
気がつくと日本郵便が引き受けていた。

ここまで来れば一安心。



22日(水)
川崎東郵便局を発送。
23日(木)
受け取る人間が自宅にいない、残念。

遠路はるばる海を渡ってやって来た『荷物』がまさかの門前払い。

不在通知を受け取って郵便局に連絡。
24日(金)
嫁さんが受け取り、嫁さんからワタシに手渡しとなる..

早く開梱したいのだが...
人生、色々あるもんだ。


[EASTON ロゴバーテープ ハイライター]
..はいらいたー?
ハイライター??

グレーとかシルバー(?)系の色かと思ってた。
送料無料化のための合わせ買いで通販したバーテープ。
手にした瞬間『げっ』っと思って永らく放置していたものだけど気分転換も兼ねて巻いてみました。


菜の花か新緑の芽吹きの『色』を感じるけれど..
ありえん、、


早急にホワイトに戻そう。
ま、気分転換になったのは事実だけど。





先日の300kmブルベの疲れ(腰の痛み)
残っているような、いないような。
肩凝りはないけど下半身が重~い。
だけど、それを理由に貴重な晴れ間を無駄に過ごしてはいけない。
明日、仕事だし。



二ノ瀬峠一本。
フロントバッグ、ステンレスキャリアを降ろして3kg.~??の軽量化。


1分、2分の短縮なんて!!
余裕さ!


PC3 [道の駅]信州平谷 98km地点
300kmブルベ残り202km
貯金30分で出発。
『お先にどうぞ..』獲得標高5000m超え BRM411中部300km


この残り約200kmの内、前半100kmの飯田周回で脚の回復、そして多少の貯金を作って遠州街道、平谷峠を攻略する作戦を練ってきた。
そして平谷峠攻略後の100kmは下り基調だから国道363号線さえ抜ければ獲れる!
...の考えているようないない作戦を計画。
そしてそれを成し遂げるのだ。
※腰痛は計算外...
腰が痛いったりゃありゃしない


そしてここまで来た!
残り200km、行ける!




[治部坂スノーシェルター]
トンネルじゃないんだね。



トンネルを抜けると細かく雨が降っているように感じる。
瞬間の出来事かな。

長い下り坂に備えてウインドブレーカーを羽織る。
今日の装備、日夜を通して走り抜けるワケだから長袖ジャージにロンパン。
インナーを暖かくはないけれど汗冷えは防げる素材のモノを選んできた。
そしてフロントバッグに代えの防寒グローブを収納してある。
日が暮れたら交換しよう。



[寒原峠]
7% 7km先まで連れていってくれる。
でもスピードが出過ぎる。
速度を殺さないと路面の凹凸に弾き飛ばされる危険がある。
安全第一。
まったくムダな位置エネルギーの浪費だ。



下りエネルギーを使って運ばれてきた。
下ハンを握って緊張の連続。
腰や肩が痛い。



何かに理由を見つけて停車。
腰を伸ばしてストレッチ。



ロータリー式交差点。
交通量が少なければ合理的なのかもしれない。
平行して走っていた乗用車が遠慮なく左折してくる。
(予想通り)

この次のPC4迄に貯金を大きく作る当初の計画が崩れていく。
どこの集落だか知らないけど、上ってばかり。
速度が上がらない!

マップケースに差し込んだキューシートを時折確認。
サイコンの距離計とGPSのルート表示を交互に確認する。
それでもミスコース。
キューシートに示された『左折』...
しっかり視たハズなのに道なりに直進してしまう。
GPSのルートから実車位置が外れた事で気がつく。
危ない、危ない。
疲れてきてるな~



PC4 [7-11]高森上市田 到着
クローズ時間 17:06
貯金30分!?
なんてこった!
貯金が増えない!

ここで合流したランドヌール達と道中の愚痴を言い合う。
『この区間、稼げるハズだったのに~』等々
(本音では楽しんでいるのだから困った人達だ)

食欲が落ちている、食べなきゃやられる。
ロングライドで重要なのは食べることだ。
食べれそうな温かい肉まんとお茶で補給。
残り160km!
伊那から飯田に向けて柔らかく風が吹いている。
これを利用しないでどうする。
腰が痛いからアベレージが稼げない、休憩もほどほどにして出発。



天気が良いのが怨めしい。
雨ならDNSしたのに!

風に押されて20後半km/hクルーズ
幸い腰痛はでない。
トルクを掛けると腰が痛いんだから、この先の峠を想像すると『ぞっ』とする。
やれやれ、困ったもんだ



遠州街道
ブリーフィングで貰った注意に、この区間は補給箇所がないと云うこと。
突入する前に補給は済ませておくことなど...
最後のコンビニを横目でスルー。
食欲がないんだから補給も不要。
フロントバッグに持参品のおやつが余っている。
多い日も安心じゃなくて多すぎて苦労してるよ
まったく



じわりじわりと上っていく。
腰の状態を診ながら上り局面は諦めて押し歩き。
インナー×ローのギア比1.13の何時もなら軽いギアが今日に限って重いったらありゃしない。
時速7~8km?
押し歩きで時速5km
身体の負担を考えると無理する必要はない。

押しまくって攻略してやる!

適当な自販機を見付けては炭酸でリフレッシュ。
立ち止まったり押し歩いたり...
一人二人とランドヌールに追い抜かれる。
(大丈夫っす、腰が痛いだけです)



[道の駅]信濃路下條
立ち止まって休憩はしたくない。
歩幅の分だけ前進して駒を進めたい。
でも肩で息をしているのが良くわかる。
自分の身体だもん。

自販機を見付けては補給。
この瞬間は立ち止まっても許される。
しかし、なんの嫌がらせか不要な時に限って『あたり』が出てしまう。
要らんっちゅーの

国道151号線、遠州街道。
日没と共に気温が下がっていく。
街道沿いに植えられた桜を鑑賞、風流だなぁ~

トンネルをひとつ抜ける度に暗さが増す。

聖岩トンネル?
なんだ?この無駄なループ構造の勾配は?
もっとシンプルな作りは出来んのか?毒づきながら前進。

この局面で欲しかったのは輪行袋よりソロシェルター。
持っていたら間違いなくテント泊に切り替えて朝を迎えていたと思う。
疲労に任せて無防備に横になったら朝にはそのまま冷たくなっていそう...
生き残るには前進しかない。



PC5[道の駅]信州新野千石平
クローズ20:36
何時に到着したんだろう?
スタッフによる有人チェックだから、手元に記録が残っていない。
多分30分位なものか?

しかし冷たい。
5度?それくらい?
冷たいのだけどそれほど冷たく感じられない(?)
半分、仮死状態なのかな?
温かいお茶を飲むと感覚が甦るのか寒さを感じる。
変な感じ。
でも生きてる...
人間って簡単には死なないな~っと思ってみたり。

ここから最後の平谷峠を攻略すると下り基調になる。
フロントバッグに温存しておいたLEDライト[HL-EL540]をハブ軸に装着。
フロントバッグ下のvolt300×2と合わせて3灯体制で光量を稼ぐ。
視線の先を照らすのはヘルメットに装着したgentos[HW-843] 200ルーメン!!
肩が凝るのはコイツのせいか!



押し歩いて何処かのピーク。
ここが平谷峠なの?
そしてその先に先行のランドヌールの姿。
要所要所のピークでランドヌールとは出会す。
辛いのはみんな一緒。

真っ暗で頭上のオリオン座が綺麗に見える。
「あー、、腰が痛い」
だけど、ここまで来た。
後は細かなピークがあるのみ、、
次のPC迄は下り基調だ。
取り返そう!

闇を切り裂いてのダウンヒル。
下ハンを握る指が冷たく痛い。






水だけ貰っていこう。
こんな時間に汲んでる人なんていないよね~っとかブツブツ...

県道33号線。
時折、木々の間からLEDの赤色尾灯が揺れて見える。
独りではない、前にも後ろにも繋がっている。
孤軍奮闘ではなく『共闘』
それを感じる(勝手に)

PC6 [サークルK]明智
クローズ時間23:48
到着時刻23:40 貯金8分!

食欲はないし買い物をする理由はないのだけどレシートは欲しい。
気が向いたら食べれるように饅頭を購入。
後は363号線の細かなUPdown(が厭らしい...)を攻略。



PC7 [ミニストップ]多治見
クローズ時間 02:12
貯金20分!
残り30数km、安全速度で刻んでいっても十分間に合う。
慌てるコトはない。
身体が欲している塩気の効いた温かい食事。
シーフードのカップ麺、完食はできなかったけど一息つけた。
再発進。



キューシート不要。
犬山まで帰って来れた。
お城のライトアップは終わっていた。

木曽川堤防をウイニングラン...ほどの余裕はまったくない。

ブルベは時間を競う遊びじゃない。
時間に間に合うか、否か?
ただそれだけ。

ここまでの道中、例えPCクローズ時刻に間に合わなくても『完走』はする。
絶対する。
意地でも完走する気持ちで前進してきた。
そんな覚悟で踏んできた(押してきた)。
だから『300kmを何時間何分で走ったぜ~』なんてのは興味はない。

だけど~...
欲が出てくる、ここまで来たからには制限時間内に納めなくてどーする。
路面から異物を拾ってパンクなんかしないように用心深く前進。



『認定完走』

今年はブルベ、もう参加しないっとか考えながら走ってきた。

でも帰宅して日曜日を廃人のように過ごして月曜日。
ブルベ当日の出来事を日記に付けていると...

あ~ら、不思議?
400km獲りにいきたいな~(笑)


なんでこんな遊びをしているのだろう?
考える時間はいっぱいあっても考える『思考』が停止するほどに過酷な内容になってしまったBRM411中部300km。

今回のブルベ、走る前から過酷になるのは知っていた。
それでも..走り出してしまった。
ある一線を越えたら引き返せない今回の旅程。
上りあり、上りあり、出逢いは少し、観光グルメ一切なし..
サドルの上で過ごした20時間の出来事...



BRM411 中部300km

腰が抜けたほど過酷な旅程となりました。

『認定完走』

ほぼ貯金もなく、そしてなりふり構わない形での完走。
疲れた..


オダックスランドヌール中部様、ありがとうございました。
腰が抜けました。
山岳は200kmだけにして、もっと楽に獲らせて欲しいです。

参加されたランドヌールの皆様、声を掛け合いながら走るのはやっぱり楽しいです。
ありがとうございました。


家まで自走してたら朝になってしまった(笑)


今回はヘッデンを200ルーメンに変更。
視界の先...
その先の先まで見通したい。




キューシート公開..

臨戦態勢に入る..なんつって..

今週末に迫った300kmブルベ。
300自体は三回目の参加。
実は距離自体に不安も怖れもなかったりするワケです。
100kmを三回刻めばいーんだろって...
だから未認定の400kmに今年はトライしたいしメダルが欲しい。
順次取得の要件が緩和されたようだから、これを獲らなくて400トライは可能??

だけれども、その前哨戦にあたる今年の300kmブルベ。
これが問題だ。
今回、これが獲得標高5000mを超える。

日没迄に何処まで駒が進められるか?
日没後、視界のきかない状況での『下り』で時間を取り返せるか?

悩むことばかり。


ただ~...それは脚力さえあれば問題ない話だったり...(冷汗

毎週末『たらり~ん』っとあちらこちらを走っている。
トレーニングとは無縁の重~いクロモリロードが相方の『なんちゃってランドヌール』の脚で何処まで行けるのだろうか?
不安もあるけど簡単に獲れないから価値が増す今回の300kmブルベ。
楽しんで走ってこようと思う。


事務所のプリンターで紙に出力...

カラーインクが切れて色が出ないや...
このNo.32、テキトーに推察して『線』を引こう
このキューシートからGPS用にルートラボでルートを書き起こす作業が楽しい。
積算距離を視ながら名もなき『曲がり角』を←↑→しながらルートを起こしていく。
結構、楽しい。


それに合わせてLEDライト、GPSの作動確認。
とにかくランドヌールはライトが大好きだ!!

ごちゃごちゃと準備、準備...
ブルベは準備がとにかく楽しい。



折れる気はないけど『自己完結』もランドヌールに必要な要件。
逃げ代のない『コース』...
はっきり言って輪行袋が役に立つとは思わないけどメカトラに備えて輪行袋も積載。

その他、諸々の持ち物パッキング...。

わくわくするなー!



※雨雲がチラリと見えたら行きませーん
今回の半端ない下りを濡れたリムで車体を制動する自信はなーい



WHAT'S NEW?