Photo Gallery

RSA サンバックス  BROOKS B-17



fc2_2014-05-30_19-54-31-042.jpg

イベント前に機材を調整するのは不本意ではあるのだけど、気がついたのが直前なんだから仕方ない。

組み上げて試走。
問題なし。

アウター×トップで音なりがするけど、多用するトコじゃないから「まっ、いっか..」のレベル。
楽しく走れれば、それでよい。

参加するのは[グランフォンド富山 ロングコース]
『海抜ゼロメートルから..。』の刺激的なコース。
走行距離180km、獲得標高は2000mない。

天気も良さそう!
富山の皆さん、お邪魔します!
参加される皆さん、楽しいライドを一緒に!

楽しみだー!

カチン、カチン、カチン..

クランクを回転させる度に周期的に足下から金属音が響く..
ビンディングで直結された身体にも、僅ながら振動が伝わる..






風を切り裂く音
ギヤとチェーンが噛み合う瞬間の連続した金属音..
そして川の流れの音や木々のざわめきをBGMにして走りたいものです。


最近、足下から異音が発生する。

カチン、カチン、カチン..
クランクを1回転させる度にカチン..

走りながら異音がでる状況を観察。
脚を止めてフリーにすれば異音は出ない。
脚を回すと異音がでるのだから、クランク回りから発生しているのは間違いない。

足元の周期的に回転している箇所はBB(ボトムブラケット)、クランク、若しくはペダル..

以前、このカチン、カチンの音なりの前にはギシっ、ギシっ..と、やっぱりペダリングすると異音が発生する事象を経験している。
音の質が違うけど、記憶を手繰るとギシギシの前はカチン、カチンが出ていた記憶がする。

その時はショップに持ち込んでBB周りのグリスアップをしてもらって解決したのだが..

グリスアップの際、外したBBのベアリングも見ている。
指で回してゴリゴリ感があった訳じゃないし、そもそもベアリングの破損なら音の感じが違う。
職業的に知っている

今回の原因は、もっと違うところにあると思う。
ショップに持ち込む前にやれることをやってみよう。


クランクセットは[OX801D]スギノのクランク。
BBはTOKENのセラミックだけど、今回の原因ではないと思う。
ペダルは、かなりくたびれている[PD-A600]シマノのSPDペダル。

ひとつずつ塗り潰す..

くたびれているSPDペダル。
カチン、カチンと鳴るんだからペダル回転軸のシャフトのヤレか?
横軸方向にガタツキがあって締め直したことはある。
同時にグリスアップ。
以来、特別スムーズではないけど無音で回るし、外観の変形はあっても機能に問題はないと思う。
(ショップでは交換を勧められているのだが、割れるまで使おっかなーって)


クランクセット
すぅーっと指でクランクをなぞりながら、弛みやガタツキはないかを確認。

左クランクセンターに位置するキャップが緩んでいる。
指先でクルクルと回すだけで抜けてしまう。
シマノで云うと、ギザギザの専用工具がないと外せないキャップの場所。

キャップを外して内部の汚れを落とす。
指先で内部のネジ山をくるりと浚えて汚れを落としていると、ネジ山が一緒に回る。

二重構造なのか、こちらも緩んでいる。


ふむ..


最初に外したパーツは左クランクの抜け防止なのかな?
弛み止めが塗布されていた痕跡が分かる。




この2つの部品で挟み込むようにしてクランクが抜けないようになっているのかな?
ふーん..
ふーん..
弛み止めが塗布されたキャップは、もう一個のライナーとかスリーブと呼ぶのか?それともインサートと呼ぶのかは知らないけど、これの内側にねじ込むんだよね..
こちらには弛み止めは塗布されていないけど、こっちから弛んだらどーなるのだ?

いまいち、納得できる構造じゃないなー
わざわざ二つの部品で構成する意味が分からん


まーいーや..
弛んでいるなら締め直せば。

弛み止めが機能していないのなら弛み止めを塗布して締めておこう。

[ロックタイト 243]


それでも異音がでるならショップに持ち込んで診てもらう。
そーしよー



考察..少し

先に挿入する部品(仮にインサートと呼ぶ)は傘が開いた形状で締め上げると左クランクを押さえるようになっている(よーにもみえる)。
そして外側のキャップを締め上げて定位置で固定させる。
だが、二点の部品でやることか?



こんな順序ならインサートごと抜けてしまえばキャップの弛み止めなんて~
意味ないじゃんって



午前5時前..
周囲は既に明るい..ロングライダーを目指すサイクリスト達の朝は早い..




庄内緑地公園前で午前5時..

名古屋北部の庄内緑地公園前で待ち合わせ。
今日はブログで交流のある..
おやじの自転車奮闘記
kanzさんと待ち合わせ、既に待ってみえた。
(早朝からありがとうございます)


kanzさん、先日の中部300kmブルベで認定完走されている。
総合的な走力に不安なんて全くないと思われるのだけど、本人曰く『峠が遅い』そーです。
300kmも走れれば速い遅いではないと思うのだけど~
まぁ、でも速力があるに越したことはないよね


今日は一緒に二ノ瀬峠を越えて三重県『湯の山温泉』を目的地にして折り返す内容を消化する予定。

東海大橋のコンビニを発着点にして約100kmのルートを引いている。

《GPS実走 95.8km up1266m》

一時間掛けて東海大橋迄。
コンビニのイートインで先客のおじさんとお喋りして小休止。

この後、二ノ瀬入口でゴリオさんと合流する予定。
ゴリオの自転車中心生活

ゴリオさんと走るのは楽しい。

コンビニ出発、時間調整するようにして二ノ瀬入口にはいる。

ヒルクラのスタート地点にされる『社』前で降車。
振り返って、来た道を眺めながらkanzさんと待っていると..


何故か峠を下り降りて来た..ゴリオさん..。

合流できたから何処から現れても良いけど..。





早速、登坂開始!
ひとりでも..ふたりでもない、三人で頂点を目指す..
それが楽しーい!

kanzさん先行スタート

ちょっぴり間をおいてスタート。





!..アウターにはいってる!
kanzさんはシクロベースの車体に38cのタイヤを履いている。
ボツボツのパターンが入っている、そのタイヤの走行抵抗はロードのツルんとしたそれとは比べ物にならないと思う。
うーん..
アウター縛りか..
控えめに、ここまで来たけど..
残りの行程、2割ぐらい増してもいーよね


山頂到着、僕は今回30分切れなかったな~..その程度。


二ノ瀬を三重県に下って阿下喜駅で休憩。
ナローゲージの三岐鉄道、眺めるのも楽しい。

そして黄金色の麦畑を走り抜け林間を縫うように走る。
気持ち良い。

猫谷堰堤(ねこたえんてい)は、もっと奥地らしいで休憩。

思った以上によい道を引けた。
肩に掛けたデジイチ出番なし。
前に出たり引いたり..
単焦点レンズ装着の酔った撮影スタイルを披露しているバヤイじゃない、話をするのが楽しい






[ 歓迎 湯の山温泉]

次回は鈴鹿スカイライン[武平峠(ぶへいとうげ)]を目指そう。
しかし地名は難しい..
武平峠、[たけひらとうげ]だと思ってた。
自転車って賢くなるな~



無事に一回り。
ゴリオさんは東海大橋でお別れ。
kanzさんは名古屋まで一緒。


kanzさん、懲りずにまた行きましょう。
ゴリオさん、ありがとうございました。

次の週末は運動会と『グランフォンド富山』
行くぜぃ富山!待ってろよー

楽しみだ~



「この指、と~まれ..」

天に指した指先が失意の拳にならんことを祈りつつ..

機材の進化は止まらない..

人間の本質として『もっと先へ..もっと楽に..もっと、もっと..
があると思うのです。
欲があるから工夫をするし、現状に満足せずに前に進むと云うか..


素材の進化や製法のコストダウンより、身近に手軽にレースグレードの製品が入手できる時代になっています。
フレームで云えば鉄からアルミ、そしてカーボン。
部品で云えば高強度の樹脂の開発や加工が難しいチタン素材でも割りと安価になってきたり。

自転車に限った話ではないですが、週末の趣味人にハイエンドな機材が必要かと問われれば必要ないと思っています。
でも、それが趣味なんだから欲しいものは欲しいし、精神的な安寧が得られれば必要なのです。
(?)

たかが自転車..されど自転車..

動力は人間だからバイクで走りが劇的に変化するとは思わないけれど、技術の集大成として考えると最新、最高のバイクと云うのは興味が湧きます。






..と言いながら..

僕が乗っているのはTestachのクロモリ。
重くて錆びて..乗り心地が良いのとラフな扱いにも堪えるコトだけが特性の金属フレーム。
細身のホリゾンタルは飽きのこない美しいスタイルとも云えるけれど、ただの懐古趣味とも云える。

カーボンが主流になった現代、乗り心地だけならクロモリを凌駕したカーボンフレームなんかは幾らでもあるんじゃないかな?


それでも指名買いして乗っているのは..

何でかな
時代の潮流から取り残された素材..
儚げな姿に魅せられるのかも..

・・
・・・


[Brooks B-17 special]
BROOKS B-17 special honey
手で叩くと『こんこん』と鈍く硬質な音がする。
プラスチックの軽い音とは違う。
しかし楽器じゃないんだから響きはどうでもよろし。
問題は革がこんなに硬く締まるものなのかと感心する。
身近なモノで云うと勇者が最初に購入する『革の鎧』が、こんな感じなのだろうと思う。


standardに対してspecialは鋲とレールに特徴がある。
銅鋲と銅メッキのレール。
見た目が大事、綺麗ならそれで良い。
銅鋲は英国職人が手仕事で打っているという話があるが、そんなもの機械化するほど売れてないんだろーとも勘繰ってしまう。
当該地区の某自○車プレミアムブランドも立ち上げの一時期、部品調達に既存ラインだけでは間に合わず
『こっ、こんなところで!』
部品を作っていたのを目撃している。
もちろん日本人の老練な職人による逸品だ。
ある意味、プレミアム、ラグジュアリー..
その後、仕事は引き上げられたコトは言うまでもないし、そんなモノだと思っている。

プレミアムな逸品には製作過程にも伝説的な背景が必要なのだと思う。
素直に「スゴいね~」と感心しておこう。


BROOKS B-17 special honey
モノコック構造とも呼べる骨組みのない構造。
一枚の革をサドルの形にして、その上に載っかるんだから..
柔らかすぎず堅すぎず..
「オイルを塗り過ぎて軟化させるな!」言いたいことが理解できる気がする。


BROOKS B-17 special honey
サドルと一緒に購入。
専用ワックス
自動車用の固形ワックスのつもりで布を突っ込んだら、片付け忘れたマーガリン並みに軟らかかった。

レザーサドルは慣らしをして下さい
..とか、何とか。
興味を失った玩具の手入れはしないが、購入したての玩具の手入れは大好き。
慣らし..
この言葉の語感に鼻息が荒くなる。

物置に10インチの『ダッチオーブン』があるのを思い出す。
アレも悩んで購入して半年は遊んだけれど、今は放置している。
定期的な手入れが必要なのだが..

メンテナンスフリーや開けたら直ぐに機能する商品が喜ばれる世の中で、使う前に『慣らし』が必要なモノがどれだけあるのやら?
いや..PCも『慣らし』と呼べなくもない初期設定があるな。
あれは楽しい。

そう..趣味人にとって、この一見無駄に思える時間が至福の一時となるのだ。


BROOKS B-17 special honey
裏側に塗り込む
レザーサドルを購入する前に、予備知識として色々学習。
雨に弱いとか..
その一つにサドルの裏側にワックスを塗る、塗らない問題。
革のテンションが下がるから塗らない派とか、早く馴染ませる為には塗るんだよ派とか。
そんなもの素人が考えたってテンションが下がる程は塗り過ぎなんだろっとツッコミたくなるけど、程度の話でしょと解釈しておく。

皮革製品は生き物だから、ある程度の油分は必要なのかなと思って塗り込む。
すぅーっとワックスが染み込んでいく..
乾燥肌やね..裏側は。

至福の一時..(男の時間)
サドル座面にも裏側にも..
薄~く塗り塗り..
染み出るほど(油分が..)塗り込みたくなる衝動を必死に抑える。
もう少し..塗ってもいーかな?
ここ、もう少し塗っておこう..
いかん、いかん。
調子にのってはいかーん。

おもしろいように染み込んでいくワックスを見ていると、取り込まれてしまう!
思い出せ!
大枚叩いて買ったサドルだ!
二個は買えん!

現実社会の痛みを思い出し、我を取り戻す。


BROOKS B-17 special honey
現代的な薄いサドルと違いレールから座面迄の厚みがある。
控えておいた数値からサドル高をだしてセット。

そして実際にビンディングシューズを履いて実走。
再調整を繰り返す。
載って体重を掛けると沈むのかな?
思った以上に高くなった。


翌日..
BROOKS B-17 special honey
この辺りでは有名なヒルクラの峠を含めて100km程の実走。

色々と揶揄される[Brooks]のレザーサドル。
三角木馬とか股裂き椅子とか拷問椅子とか..
他人のインプレは、その人の『個』の体験であり意外と例外もあるもんだなぁと思う。
まったく快適
それ以外に表現はなし、このまま200、300..それ以上、いけるね。
馴染んでくれなくても大丈夫。


BROOKS B-17 special honey
サドルのセッティングはレザーサドルの定番通りに水平より少し上向き。
確かにツルツル滑る。
もう少し上向きにしても良いけど、見た目も大事。
停車してジロジロ視るのは持ち主以外にいない訳だけど。


BROOKS B-17 special honey
ふ~
Brooks...
買ってよかった



良い買い物をしたとは思うけど..
お金、ないねん
給料日が待ち遠しい






fc2_2014-05-18_12-22-34-258.jpg
午前5時..
名古屋北部の自宅を出発。
すっかり夜明けが早くなっている。

早朝の少しひんやりとする空気が気持ち良い。
日中は初夏を思わせる空が広がる..そんな季節。

今日の目的地は三岐鉄道北勢線『ねじり橋』
そして新器材導入を味わう..

最高の1日を過ごしてきました。






いつもの道程を変えてゴリオさんのルートをお復習(おさらい)するようにして二ノ瀬峠を目指す。
もし今日、走ってみえるなら合流できないかな?
そんな期待を少ししながら時折、後ろを振り返ってみる。
毎週、御呼び立てするのは申し訳ない..
然り気無く合流できたら良いのに..なんて思ったり



BROOKS B-17 special honey
今回、導入した器材はレザーサドルの定番BROOKS [B-17 special]
銅鋲と銅メッキのレールが美しい!

細かなコトは別の記事で
BROOKS!
なんて乗り心地が良いんだろう!
話しに聞いた三角木馬とか股裂き椅子を覚悟していた。
いや..楽しみにしていた..
ツンデレサドルを育てあげる..
産みの苦しみを楽しむ、それが..
それが!なんのコトはない!

最初から相性が良いのだろうか?
それとも、何でもイケる懐の深いお尻なのか?



今まで使っていたのは[FIZIK] ANTARES VERSUS
1万㎞以上乗って問題なかったサドルだけれど、クッションがヤれてきたのか、ある箇所で痛みが発生する。
これ以上、使い込んでも良くはならない。
これを機会に憧れのレザーサドル..
それに先日参加したブルベのSR氏のバイクにインストールされたレザーサドルに心奪われていたのです..

クロモリフレームにレザーサドル..

行き着く組み合わせは、これしかない!

いや..本当に..
Mっ気はありません、本当に良いんです



fc2_2014-05-18_16-41-24-579.jpg


BROOKS B-17 special honey
サドル高は前日のうちにセット済み。
天気も最高ー!


二ノ瀬峠 サイクリング


fc2_2014-05-18_16-49-36-606.jpg
ひとりで上る二ノ瀬は遅い(笑)
やっぱり30分。
僕のペダリングは上りでも『ドカッ』と座った姿勢で回すのが普通で、ダンシングは余りしない。
座面の広いBrooksと相性が良いようだ。


fc2_2014-05-18_16-50-09-265.jpg
GPSへのルートの仕込みは、今回なし。
ルートを仕込んでおくと道を覚えなくなっていけない。
迷ってもよいから覚えないと..

ふたりで楽しく走るには自分自身のレベルアップも必要なのです。


三岐鉄道


fc2_2014-05-18_16-52-13-046.jpg


三岐鉄道
このBrooksも永く使おう..
そんな気持ちも込めて..
新しいサドルを組んだ最初の目的地にしてみたのです。





北勢線 三岐鉄道


三岐鉄道 北勢線 ナローゲージ


fc2_2014-05-18_16-56-17-995.jpg


三岐鉄道 北勢線 ねじり橋
ここが三岐鉄道 北勢線[ねじり橋]か!
僕がその存在を知ったのは[中日新聞]の記事。
イラストで紹介されていた。


三岐鉄道 ねじり橋
おもしろい..


三岐鉄道 ねじり橋


BROOKS B-17 special honey


BROOKS B-17 special honey


fc2_2014-05-18_17-03-11-781.jpg
いい道だ..


BROOKS[B-17 special]は終始、大人しい..
このサドルの限界を知りたい!






オダックスランドヌール中部さん主催分のBRM(ブルベ)、完走認定メダルが届きました。

今年、参加したのは200km、300kmの二本。
400は参加したかったけれど、なかなか都合がつかない。
残念

まっ、それはそれ。
行きたいところはいっぱいあるし、1日200km走れれば走力として不都合はないし。

自分で『線』を引いて自分で『走る』

自己完結型のサイクリングの方が時間の制約に縛られなくて僕にとって都合が良いし。

でも..メダルの種類
増やしたいしな..

来年も参加するのか..






今日はふたりで...

朝早く予定を合わせて頂きました。
[ゴリオさん]
ゴリオの自転車中心生活
↑コチラ

連投をお願いしてしまって申し訳ないです

二ノ瀬峠はお互いに上っているのですが、一緒に上るのは始めて。
僕が、ひとりで上る時は登坂時間なんかは余り気にせずに上っています。
目安は30分。
上り始めは眠いなぁ~など散漫な気持ちでスタートしています。
途中、抜かれたり視界に誰かを捉えると少しやる気を出す感じで。

今日は社(計測点)でサイコンをリセット、真面目に計測。
ゴリオさんの「お先にどーぞ」で遠慮せずに先行。
いつもより多めに回して登坂開始。
振り向けない..重圧を感じる..
序盤から駆け引きが始まる..
気配が感じられない、近くにいないのか?
いや..いるはず、だが..
潜っている?神経戦だ!
ゴホッ..背後から咳き込む
! キター!


中盤に差されて千切られてしまった..

登頂。

あー..疲れた。
まぁ、でも間違いなくプレッシャーに押されて早く上れた。
過去最速~なのは間違いない








[東林寺]










三岐鉄道[西藤原駅]
藤原岳の登山口があり登山者の利用が目立っていた。
登山も憧れがある、いつか稜線を歩いてみたいのです。



駅に併設された[ウィステリア鉄道]
無料でミニ蒸気機関車に乗れるなんて!




今度は子どもを連れて来るので乗せてもらいたい。




カラフルな三岐鉄道はオモチャみたいで可愛い。

さらに帰路に三岐鉄道[北勢線]ナローゲージの線路の橋脚を潜るように抜けて走る。
今度は北勢線を目指して来よう。

しかーし
終始、ゴリオさんに引いて頂いているのですが..
どこをどう走っているのやら、走行中はサッパリ分かんない。
時折、自分で使ったことのある[道]と交差する。
瞬間的に自車位置を修正しても、すぐさま迷宮に誘われる。

はっ!
多度大社の大鳥居を目にして、再度自社位置修正。
うーん..人間GPSの精度が格段に違うな.コリャ


お疲れ様でした。
今回も終始、前を引いて頂きました。
ひとりで走るのとは違う緊張感は楽しい。
また、一緒に走ってください。
養老方面で前に出るのは無理だと思ってみたり(冷汗)



【伊勢志摩ツーリング 2014】#熊野灘


阿曽浦の集落かな?
国道260号線を一旦外れ県道573号線に乗り換える。
海上に架けられた阿曽浦大橋、南島大橋を使って海を渡る。
海を自転車で渡る。
その響きだけで迂回する大きな理由になる。
山をトンネルを抜けてショートカットしよう..は正直、魅力が薄い



[阿曽浦大橋]






[南島大橋]












上がったり下がったり..
でもこの坂を上ると今日の道程も終わる。



[錦湾]
この先のトンネルを抜けると長島の町にはいる。






今日の海はお仕舞い。
すぐそこに目的地『JR紀伊長島駅』がある。

名残惜しい、もっと先に進んでみたい..
この気持ちがある限り乗り続けられると思う



軒先で輪行準備。
サクサクッと解体していると人が寄ってくる..
な、なんでやねん?
僕は賑やかなところや人混みはキライだけど話をするのがキライなワケじゃない。
今日の旅程や自転車のコトをパッキングしながら話す。
同じような風景の記憶を手繰りながら話をする。
満足しながら..



さて..
名古屋まで帰るか
 

 
    

【伊勢志摩ツーリング 2014】#五ヶ所湾

五ヶ所湾から山を越えて海に抜ける道。
時代が進み道は日々『早く、楽に、安全に』..
改良され進化している。

でも自転車遊びしていると『早く、楽に、安全に』のために開発されたバイパスやトンネルは味気なく感じる。

時間を掛けて道を楽しみたい。






...と、云うこだわりのルートを引いたタメに..

国道260号線..から脇道にそれる。
意味なく迂回ルートを引いた訳ではなく、抜けた先には海があり海沿いを走って行けるルートを引いている。

バイパスは味気ない。

しかし..この道..動きの痕跡が薄い。
山肌から崩れた土砂、枯葉の溜まり具合。
近年、希に見る廃道の匂いがする。
大掛かりなゲートがあるが開放されていた。
行ってもいーよね。


前進するが..

インディ・ジョーンズ級..[迫間随道]の文字がある。
すぐ脇にはお地蔵様が気分を盛り上げる。

光が見えるから抜けているのは間違いない。
GPSに表示された地図から推測すると、この先に熊野灘の海が見えるのだが。



崩れた土砂に埋もれたトンネル内部は脇水が溜まって水没している。
かなり深い。
サンダルいるな、こりゃ。

少しウロウロしてシューズが水没する。
ウヘッ..泥だらけじゃ
しばらく思案するが諦めよう。








駆け足で上る。
MTB系のSPDシューズが活きる。









この展望台を下り、あの入り江の道を走る。



カサカサ..リスがいる。
自転車遊びは楽しい。
     
       
【伊勢志摩ツーリング 2014】#贄湾~長島 
  
    


【伊勢志摩ツーリング 2014】#横山展望台

山の名前は知らないが[横山展望台]なんだから横山なんだろう。
展望台を下り降りて走ると突然、未舗装路に道が変わる。

道の行程は『ルートラボ』と『Yahoo!地図』を交互に見るようにして通過できるか否かを判断はするが..
路面状況までは見えない。

探検気分。
タイヤはcontinentalの25c。
太ければ対パンク性能が上がるんじゃなくて23cに比べ低めの空気圧が路面の異物を柔らかくいなすのだと思う。
乗り心地重視の25c






未舗装路を下り国道260号線に合流する。

潮の香りを浴びて前進。
五ヶ所湾を眺めて走る、気持ち良い。


伊勢海老か。
そんな海老フライ定食なら食べたいが自分にご褒美を与えるほど甘くない。
そもそも海産の加工工場は目にしても食べるところなど数少ない。
いや、ない。





鐘がある..
あの鐘を鳴らすのはダレ?じゃなくて..
視覚に反応する単語があった。



他人の願掛けをイチイチ気にはしないが
503..今日だ。
503の神戸1000km完走の願掛けだ..
もうスタートしているに違いない。ヒエ~

ロングライドの距離の定義もインフレを起こしていると思う。
自己の限界への挑戦は魅力あるし、チャレンジしてみたいと思いはするが。
それはそれとして反比例して距離ではない訪れた先で発見したり学ぶような魅力的なツーリングもしてみたい。
相反する気持ちがある。



アップダウンが繰り返される道。

岬を回るように上がる、そして入り江に集まる港町に向けて下る。
それを繰り返すように道がある。


国道260号線、五ヶ所湾の港町は終わり。
山を越えて、次に見える海は熊野灘になる。
  

    
【伊勢志摩ツーリング 2014】#熊野灘

《138km 2268mUp》

ここまで..
【伊勢志摩ツーリング 2014】#大王埼灯台へ..





[波切九鬼城跡]
背後に大王埼灯台があるのだが..
起点の[近鉄 鵜方駅]から10数キロしか進んでいない..



さあ、行こう。
先は長くはないが上り下りが繰り返されるルート。
快走できる道程ではない。






今回、行きたかった場所はこの『横山展望台』



抜けるような青空があったらもっと素敵だろうに!
あと広角レンズが欲しい..



何処から何処へ行くんですか?と二人組の若者に話し掛けられる。
今日は100数km、直ぐ其処の鵜方駅から紀伊長島まで行くんだよと答える。
説明すると驚くが、身体が馴れると1日で200~300は走りきれる。
家庭を持ち、社会の一員として存在をしていると自由時間が余りないのだよ、とも余分に話す。

若さが羨ましいとは思わない、けれど自由な時間を持てる若者が羨ましい。
体力・気力は負けない、でも今の僕には時間はない。
僕にもそんな時間はあった、あったけれどその時は気がつかなかった。
時間の大切さを。
君達には時間がある、色々と出掛けて、試して、経験すると良いよ..
自転車の話と人生論を絡めながら話してみる。
全て理解してくれとは思わない、ほんの少し頭の片隅に記憶しておいて欲しいと願って別れる。
そんな彼らに励まされると嬉しい。
彼らにも良い道が開けることを願う。




そして、そんな人生論を語った本人は、自分で引いたルートが未舗装路であっても突き進む..
 
                
【伊勢志摩ツーリング 2014】#五ヶ所湾  

     
鉄道輪行を利用した日帰りツーリング。

近鉄名古屋駅から[近鉄 鵜方駅]まで始発に乗って移動。
鵜方駅を起点に伊勢志摩特有の海岸線、リアス式海岸を走り紀北町[JR 紀伊長島駅]を目的地に約130kmを走る内容。

今回は、昨年も同時期に走った『道』に少し厚みを加えてみました。




午前4時にセットしたアラームで目が覚める。
乗車予定の時刻は午前5時30分の始発..
自宅から名古屋駅までの移動時間、輪行袋にパッキングに必要な時間..
あら~..
のんびり着替えて朝食を食べてる時間ないんじゃない?

顔を洗う、さっと着替えて発進..



近鉄名古屋駅に向かう。
さらっと解体、輪行袋にパッキング。
テスタッチでの輪行は初めてだけど練習したから大丈夫。

切符を買ってホームに移動したら安心。
前日に買っておいた朝食を食べながら電車を待つ。



電車はダイヤ通りに運行される。



予定通りの時刻に[近鉄 鵜方駅]到着。

組み立てて出発!
先ずは[大王埼灯台]を目指す。





白い灯台が映えるような青い空が欲しい..
でも、残念。
少し重い。


今日のデジイチのレンズは50㎜の単焦点レンズ。
当初、キットレンズの18-55㎜ズームレンズを持ってくるつもりでしたが、先々回試したところ暗く感じてしまい単焦点に変えました。
海とかの風景撮りなら、もっと広角が欲しくなる。
次は広角の単焦点を買おっと..
欲しいものだらけで先立つモノがないや..






50㎜のレンズだから、いっぱい退いて撮ってもこうなってしまう。
迫力はあるけど全体が収まらない。
この『画』だけでは物語にならないや。





今日の予定ルートは距離にして130km、距離だけなら大したことはない。
でも、アップダウンが繰り返され獲得標高2000mを超える地味にハードな内容のルートとなっている。

大王埼灯台で時間を掛けてる場合じゃないんだけど、今日はツーリング。
走り主体じゃなくて『観て・撮って・遊ぶ』
旅行気分で走るのだ。


続きはコチラ..
【伊勢志摩ツーリング 2014】#横山展望台








水没してました..
廃道だから仕方ないけど。   

まっ..『道』を見つけるのも楽しい遊び。
それが行き止まりなら戻るだけ
惹かれる『道』があるなら見に行くのも楽しい。
寄り道して道に迷って写真を撮って..
それが楽しい。


先程、丸1日遊んで帰宅しました。
撮った写真を整理するのも楽しい作業です。

GPSのログデータも見てみると..
走行距離が138km、獲得標高2268m
これくらいあると面白いですね。


    


車窓から朝焼けの街並みが見える..



   
養老 源氏橋
名古屋北部の自宅を午前六時に出発。
東海大橋を渡り、津屋川を上る。
飛ばして走るクルマが多い薩摩カイコウズ街道を走るのは勇気がいるので並行する道を利用して走る。
GW期間とはいえ、今日は平日。
働いているクルマもいる、ダンプやトレーラー..
数センチのすり抜けを披露してくれるプロドライバーもいるけど、そんな神業なんか近くで見たくない。
と、いっても生活道路や旧道が安全かと言えばそうでもないけど。
ドライバーと目を合わせて、お互いの存在を認識しあっても突っ込まれることはある。
防衛運転、生き残るにはそれしかない。
とにかく安全運転、無事帰宅
それが大切


fc2_2014-05-01_15-20-32-208.jpg
上石津町牧田の県道[牧田関ヶ原線229号線]を利用。
道の雰囲気が好き。


fc2_2014-05-01_15-20-56-967.jpg
極力、国道21号線は利用しないルート。


中仙道 醒井宿 サイクリング
中山道[醒井宿]
梅花藻の花が見られるのは5月の下旬位からかな?
見頃は8月頃だという。
その頃にまた来ようと思う。


fc2_2014-05-01_15-22-21-154.jpg
名神高速道路を脇目に走る。
ポツリ、ポツリと雨が降る。
伊吹山と養老山系の山に西からの大気が阻まれるのか、米原ー関ヶ原間は天気が崩れやすい。
米原から走ってくるクルマのワイパーが動いていない。
雨が降っているのは、この辺りだけかな。

中山道醒井宿から番場宿、鳥居本宿へ

番場宿から摺針峠(すりはりとうげ)を抜けて鳥居本宿、彦根へ。
番場宿には[番場の忠太郎]の案内が..
番場の忠太郎..聞いたことはあるが[番場]は宿場の名前だったのか、知らなかった。
『瞼の母』っていうアレですね。
忠太郎マニアでもオタクでもないけど今風で云うと『聖地』になるのかな?

摺針峠、示すものは何もなかったけれど寺社があった。
雲の多い今日の摺針峠は特別に展望が良くなかった。
湖東の平野とびわ湖が一望できるらしいが..残念。

駆け抜けてしまったので次回は[摺針峠・番場宿]を目的地にしても面白いかも。

彦根城 サイクリング
さらっと彦根城通過。


[びわ湖着]
びわ湖 サイクリング
空が重いなー


びわ湖 サイクリング
湖岸道路を軽く走る。
1日使って走るサイクリングとして名古屋から、びわ湖を目的地にするのは程よい距離だと思う。
平坦基調で少しもの足らない
眠くなっちゃう..



深坂道 中山道 サイクリング
帰路は米原から回ったので摺針峠も番場宿を走らなかった。
色々な道を見て、そして記録を残す。
走りやすい道や興味のあるものを見つけていきたいと思う。


fc2_2014-05-01_15-25-05-343.jpg


fc2_2014-05-01_15-25-28-139.jpg


中山道 柏原宿 サイクリング
旧道にコンビニなんかあるわけない。
小さなスーパーがあったのでパンとコーラを購入。
何処で何を食べても美味しい。


中山道 サイクリング
ポツリ、ポツリ..
気にするほどじゃないけど少し降る..


160km走って帰宅。
ロードバイクに乗り始めた頃は『びわ湖』に自転車で行くなんて考えられなかった。
でも、それが目的地となり..
さらに一周して家に帰るほど走れる様になってしまった。
うーん、、今じゃ時間が足らないくらいですよ(汗)
 

      

WHAT'S NEW?