Photo Gallery

今年も参加します。
グランフォンド富山 2014
エントリしたのは[ロングコース 180Km]
獲得標高はたくさん..
海抜0メートルから高い処に上って戻ってくる内容..
昨年に続いて2回目の参加
少し気持ちに余裕が出来ると良いのですが



1月25日から参加受付を開始しています。
↓↓公式HPに飛びます↓↓
グランフォンド富山2014


そして昨年(2013年)参加の記事↓↓
【グランフォンド富山 2013】#ロングコース参加
自分の日記ですが見直せるのが楽しい。
ブログを続けるために走るし、走るためにブログを続けています
それは趣味を永く楽しむためツールw
僕は飽き性です



今年は問題なく参加できるかな?
去年はトランポで使う予定のクルマのナンバープレートが直前で盗まれてしまった。
笑っちゃった
それにまだ先の話しだから仕事の調整も出来ないし、子どもの小学校や幼稚園の行事の予定がまだ分からない。
幼稚園の行事は最優先事項ですね。
自転車遊びは、この先いつでもできる。
子どもは大きくなっていきます、一緒に遊べる時間は短い。

でも、エントリはしておかないと走れない。


年に一回くらいは大型のサイクルイベントで走りたい。
華やかで、お祭り気分が楽しい。
それに富山には楽しみが沢山あるのです。
ブルベは年に数本走りますが、あれは華が全くない



可能なら前日、早めに富山入りしたいな~                                              

《走行距離120km up1740m》

昨夜から降る雨は何時に止んだのだろうか?
午前四時、最初の起床。
雨の音が聞こえる。

午前五時、窓の外を見てみる。
窓ガラスに雨粒が付いている。
ぼーっと明るくならない夜明けを過ごしながら午前七時過ぎ。
起きてきた長男に見送られ、万を辞して出立!
後は頼むぜ!




路面はウェット。
空は雲が厚いからか夜明けを過ぎても暗い。

庄内川を上流へ走る、定光寺駅から瀬戸に向けて坂を上る。
暖かい..地表から舞い上がる霧が幻想的に見える。


今日のルートは上り基調。
目的地は岐阜県恵那市明智町[大正村]
細かなコトは割愛
善き大人は勉強熱心。





何だか知らないけど助走が出来ない激坂がルート上に現れる!


タイルの街を走る、至る処に工房がある。
壁面にデザインされたものを観ることができた。





[妻木城士屋敷]
石垣のみが残された遺構。
実におもしろい..変に再現された史跡より想像力が働く。
違う季節にも訪れたい。


このルートは上ってばかり、濡れた路面が回転を重くする。


中馬街道を走る。


日本一の狛犬。
寄るつもりはなかったけど、このルートにあったとは。
ここだったのね、みんなが写真を撮るスポットは。




小路に迷いながら


[浪漫亭]
昨年の中部200kmブルベで、この建物の一角で五平餅を食べている。
その建物の二階に..
今日の真の目的地[浪漫亭]
メイド服な女の子が接客してくれる。
むふ~な感じ。
盗撮になるかな?オトナだから我慢。


帰路は焦る。
そもそも朝のスタート時刻が遅い、それに上り基調な分だけ距離も時間も稼げない。

帰りは下り
そんな訳がない。
上って、上って、たまに下る。




[道の駅 瀬戸しなの]
バイクハンガーが用意されている。
小休止。



常に向かい風
昼を過ぎた頃から風がでる。

だんだん風が強くなる。
体を傾けないと真っ直ぐ走れない。
ズレる、早く帰りたい。



120km走って獲得標高1700mは、なかなか走り応えあるルートでした。
予定していた旅行速度20km/hが維持できない。
大正村はサイクリングの目的地として目指す人達が多いのは知ってはいましたが..
結構、キツい。
通うと強くなれるだろうなぁ..なんて。



一月末とは思えない暖かな一日を楽しめました。
疲れた、疲れた。
自宅を出発したのは午前六時。
空気の冷たさが心を挫く..





目指す目的地は愛知県北部にある江南市、『すいとぴあ江南』
名古屋北部の自宅から、およそ20km。
信号が多い、それに道程そのものが悪い。


すいとぴあ江南到着が午前七時三十分。
予定通りと云うか予想通り、快適とは云えない道程が気を重くする。
何回か通えば馴れも手伝って近く感じられるようになるかな?
まだ、二回目。
初めて来た時は雨だった。

今日の目的は道程の習熟、あとは少しBRMのルートになるかな?の道の確認。
遊び程度の下見サイクリング。

サイクリングコースに降りる。
真剣にルート探査をしにきた訳じゃない、面白そうな道があれば走ってみる。

木曽川を上流に向けて走る。
一見すると快適なサイクリングロードに見えるけれど市町村を跨ぐからかな?一元管理されてないから?まっすぐ素直に走れない。
サイクリングロードなんだけど、少々迷う。



犬山市まで来ると快走はできないけど楽しく走れる。
みんなの道だから爆走しない、オトナだし。


犬山城の城下町風に整備された通りがあった。
統一された街並みを観るのは楽しい。

犬山城は小さいけれど、その如何にも城!と云う外観を持っていて素敵だと思う。
対比するように小牧山城が近くにあるのだけど..コンクリート製だし。
清洲城は..時代考証が間違ってない?と、考えずにいられない。

少し流しながら明治村から入鹿池へ

多治見市まで走るコースを引いていたけれど頭から仕事が離れないのでショートカットして入鹿池を一周、帰宅。
軽い内容になりました。


走り出す..早朝の冷たい空気を身体に受ける。
息を吸う..冷気が身体中に沁みる、眼前の道に集中。

距離は走れなかったけど気持ちはスッキリしました。

自転車、楽し~い!




新しいサドルバッグ使ってみました。

テールライトは必須装備

バッグの取り付けはブルックスのサドルを前提とするような構造。
つまりサドル後部にベルト通しが必要、Vivaのバッグループをサドルに付けないと収まりが悪いらしい。
そして一手間余分にテールライト取り付け用のベルトを付けて貰ったけれど、それを利用してテールライトを装着するとライトが上向きになってしまう。

アクセントになってデザイン的にはベルトの追加は良かったと思ってる。

バッグを装着してペダリングすると太股の裏に少しお触り..
満員電車で何か押し付けられる感じ..触れたり..離れたり..痴漢?な
特別に違和感はない(と、信じている)。
形状が他のモノと違い四角垂の形になっていないのが原因。
そのかわりシッカリ入る、チューブ三本、タイヤレバー、ポケットツール..
リペアに必要なモノはサドルバッグに全て収納できている。


帆布素材のサドルバッグを作ってもらいました。
特別なオーダー品ではないのですが、既製品でもない。

オーダーを受けてから製作するスタイルのバッグ屋さんの品物。
RSA SUN BAGS 帆布 サドルバッグ

【RSA sun bags】
サドルバッグ ミニ

RSA SUN BAGS 帆布サドルバッグ
テールライトをクリップできるように少し加工してもらいました。
それも嬉しい。


オーストリッチ F-516 帆布フロントバッグ
帆布 サドルバッグ フロントバッグ
この生成の色に合わせたサドルバッグが欲しかった。


今はまだ固い..
でも、雨に濡れて日に焼けて..
使い込んでいくうちに表情がでてくる..

それが楽しみ。


次は色気のあるサドルが欲しくなる..

〈102km UP890m〉

サイクリングコースのある[庄内緑地公園]を始点に[すいとぴあ江南]を経由。
そこから木曽川を上流に向けて走り犬山市、岐阜県可児市、多治見市、土岐市を走る。
戸越峠を下り降りる形で[道の駅 瀬戸しなの]経由。
中水野駅から定光寺公園を回って庄内川を下り[庄内緑地公園]に戻る100kmの内容。

しばらく、このルートを走る予定です。

このルート..作成の意味。
それは自宅から[すいとぴあ江南]迄の道程の習熟。
AR中部さんのBRMのスタート地点だから..それだけのコト
まだ、秋に催された300の一度しか行っていない
スタート地点迄の道程に慣れていないのです


そして多分、手こずるであろうスタート地点から岐阜県多治見市までのルートの下見。
多治見市を抜ける所までがミソ
その先は予想がつく..上るだけ~
信号とクルマの多い区間だけでも馴れておきたい



時期的に1月、2月は寒い。
モチベーション維持の為にも直近のイベントのルートを中心に走ります。

全部走る必要はないけどね。

200km走ってup2900m位..だよ。
..疲れている..?
朝が起きられない

昨夜、GPSに仕込んでおいたルートに魅力がない?
ドキドキするものがない。

気力が湧かない..

二度寝して動き出したのは、やや明るくなった午前7時前。
のろのろと準備、着替えにも手間取る。
ハラハラ、ドキドキする旅程ならば十五分もあれば支度して出立するのだが..

寒気はどうなったのかな?
この時期の午前4時から走り出そうとする行為自体、少々無理が有ったかも。

当初、目的地は知多半島の師崎港、そしてカーフェリーで日間賀島に渡ろうかと計画していた。
昨夜、HPで名鉄フェリーの時刻を確認すると..
この時期の二週間、船がドッグに入って運休するとのコト。

計画そのものが座礁している。
だから気がのらない






交通量の少ない早朝の日曜日、名古屋市内を流す。





名古屋城~大須観音~金山~熱田神宮..
ゆっくり縦断。
それが楽しい、写真を撮りながら走る。
市内走行は、そもそも信号が多くて快走はできやしない。
なにかおもしろいものがないか探して走る。
早朝の時間ならサイクルウェアでカメラを構えていても怪しく見られない(と、思う)。


名古屋市、東海市、知多市..
いわゆる『知多イチ』を走るのだろうか?
ロードにクロスバイク..サイクリングを趣味とする人達を見かける。

ストレートの続く産業道路を走る。
風は穏やか。


新舞子マリンパーク..無料の駐車場を利用できるからかな?
駐車場に準備中のロードがたくさん。


中部国際空港が目前にみえる『りんくう』まで来てみた。



【Festive500】
最近、知りました。

まずは企画するRAPHA社の事から..まったく知らないので..勉強を。
サイクリングウェアのブランドだそうです。
どこの国のブランドなんでしょうねぇ?
HP見てもよくわかんないや♪


大切なことは、そのサイクルウェアを企画、販売するブランド【RAPHA】が2010年から企画しているライドイベントがあるコトなのです。


それは年末、クリスマスから大晦日迄の期間で500kmを走破するライドイベント。
それが
Festive500


Festive500(フェスティーブ500)

一週間で500km..
ブルベの認定を獲るためには各地で開催されているBRMに参加して時間内完走しなければいけません。

そもそもスケジュールが合わなければ参加できないし、遠征なんてしてられないのが僕の環境。
今年は400挑戦できるかなぁ?のレベル、参加できなければモチベーションは低下していくし興味も失う
それに走りたいのは200じゃない
ナイトライドが含まれる300以上が走りたい、その理由は非日常を求めるから
そして今年も参加できるか?それが怪しい..


でも..

何かに挑戦はしていきたい..
目標は持ち続けたい..



そしてFestive500で求められているのは、その挑戦のストーリー..

年末の連休期間で挑戦できるライドイベント!
そして求められているのは物語!


今年は始まったばかりです..
でも、何か目標を見つけた。

そんな感じです。                                                          
新カテゴリをつくりました。
【自分メモ】
Of the自分,for the自分,by the自分.

数値的なコトと感想の控えです。
セッティングのなかで特に重要な箇所だと思うのでメモ。
それにサドル落ちした時に簡単に見直せるので画像も記録。


[Dixna ワンボルトシートポスト]



サドルレール下端にスケールを合わせて測定。

目盛が読めるようにトリミング

92㎜
だよ                                    
暖かく快晴の1日を静岡200kmブルベで楽しんできました。
オトナの走りを目指して前半戦終了。

ブルベを走る!静岡200km【BRM104】#1

PC1のある[三保の松原]を出発。
残り100km。







PC1を出発。
往路と復路が重なる[いちごライン]150号線。
すれ違う参加者と軽く手を挙げあう。
知り合いは誰もいない。
でも..ほんの一瞬でも時間を共有できることが嬉しい。


たぶん、僕の前世はコバンザメだったんだと思う。
PBP(パリ・ブレスト・パリ)の反射ベストやオダックス関係のジャージを着用しているヒトなら後ろに付いても安心感がある。
後ろに付いて危ないのは蒼いクロモリロードにフロントバッグを装着した不惑のサイクリスト。
つまり僕..

[道の駅 宇津ノ谷]でトイレ休憩。
持参のソーセージをパクパク。
下り線のこちら側は充実している、自販機がある。
今日は暑いくらい、水分の補充以外は持参品で補給を済ませる。
だんだん身軽になっていく


思わず覗きたくなる。
この先に古い[トンネル]が存在するようだ。
観に行きたい..気持ちはあるのだが..



目指すオトナの『ゆとり』が持てない..
写真を撮っていると通過していく参加者。
焦る..
小さい..ルートから外れるコトの恐れ。
小さい..置いていかれるコトへの恐れ。
なんと小さい人間なのだろうか!
もっとメンタルを鍛えないと。


一路、進行方向は海へ..







この辺りで素敵なクロモリロードを駆る[オダックス埼玉]ジャージを着たランドヌールに追い付く。
シルバー色の泥除けや小振りなリアキャリアが付いていた。
信号停車で観察、カメラに収めたい!
キューシートNo.44か?
[オダ埼]ジャージ氏、直進!ここは違う!左折!
声を掛ける!「左!」
気がついてくれた..前後入れ替わり。
しかし、声を掛けて間違っていたらと思うと勇気がいる。
でも目の前でミスコースを知らんぷりもないし..
コバンザメも役に立つ..
しかし問題発生!
バックミラーに不穏な影が写る!
このコバンザメの後ろにコバンザメが憑いている!
なんてこった!共生はできない、残念だ...非常に残念だが振り切る



163km地点、[PC2]
コンビニで買い物をして貰えるレシートが通過チェックの印。
大事にブルベカードに挟む。
買い物は飲み物中心。
駐車場でソーセージをムシャムシャ。
やっと持参したソーセージが無くなった..

PC2出発、残り約40km!
陽が傾いてきた、眩しい..
少し風もでてきた..これまで無風とは言えないけれど気にするほどじゃなかった。
これから時間の経過とともに風がでてくると思う。
向かい風だ。


最後の上りは東名高速道路に架かる陸橋がピークに当たる[牧之原]の坂の攻略。

地味に長い..ツラい。
此処まで170km走って来ている。
前後に誰もいない、寂しい..
茶畑ばかりで楽しくない..
地味に登坂、攻略。
残り20km



茶畑ばかり..
見える視界に誰もいない。
追い付いても来てくれない。

日没までには時間はある、だけど早めのライトオン。
自分の存在をアピールするコトが自分自身の身を守ることになる。


もう少し!



オトナの走り..
できたのだろうか?

デジタル一眼レフに収められた画が、今日一日を物語ることでしょう。

オダックスジャパン静岡さん。
楽しい1日を作って頂いてありがとうございました。
参加された皆さんもお疲れ様でした。
BRM
通称ブルベ
規定ルートを規定時間内に走破するサイクリング。
交通法規の順守はもちろん、装備についても規定されています。
そして何よりBRMに興味が惹かれるのはBRMに参加する参加者ひとりひとりの自己の責任において走りきることが求められる..

主催者(営利目的ではない)が行うのはコースの設定と開催の実行。
そして完走者の認定。

自分自身の走力を確認するのに何と適している『遊び』なのだろう!
そして完走するとメダルが貰える!(千円で購入)

それがブルベを走る理由です。






2014年新年に参加したのは
BRM104 静岡200km
ペットネーム いちご200km

200kmを13.5時間で走破する200kmブルベです。

スタート時刻は午前6時30分から30分間隔で三組、各組50名くらいかな?の出走。
僕は始発組の午前6時30分発。
ブルベカードを貰い、検車と装備のチェックをスタッフさんから受けます。
ベルを軽くチーン♪
ブルベカードにサインを貰い、夜明け前..200kmのサイクリング出発です。


信号の多い市街地を抜ける。

stop&goの繰り返し。
別に飛び出る必要はない。

今日はオトナの走りをするのがテーマ。
肩掛けしたデジタル一眼を使いながら、『ゆとり』あるオトナの走りをするのだ。

出発して30分..
オトナの走りを体現しながら走行距離7km...
同時刻に走りだした人達はあらかた追い抜いていってくれただろうか?
オトナは孤独を愛するのさ..違う?
明るくなる。
市街地も抜けたようだ。

10km程走る。
山間部に入ると少し冷気が残っていた。
それでも橋の上など昨年なら凍結していた場所が今年は全く凍結していない。
少し霜が降りている程度。


あーん..視界に入ると追い付きたくなる。


何人かパス..

序盤にある山間部の最後のピークを越えて下る。
ゆっくり徐行しながら、かっ飛ばしていると前方に何人か集まっている。
それに何か手を振っている。
??
事故か?
こちとら下りエネルギーを利用して速度を上げてんだ!
安全に通過!
うん?

横目でAJ静岡の幟を確認!
うぅ?
オーバーランで停車、、スタッフによるシークレットポイントだ!
ブルベカードを提出、サインを貰う。

秘密の何とか..は、オリエンテーションみたいで楽しい。

しかし危うく無視して通過するとこだった。
オトナの走りをしていて助かったよ。



大井川を渡る


追い付きたくなる。


カメラを構えている内に通過。
いえ、別にいいんですよ、楽しいサイクリングですから。
それにロングライドはマイペースが大事。


フロントバッグに名古屋から持参の魚肉ソーセージと一口羊羮が入っている。
このルートは補給のポイントが少ないコトを知っている、自給自足。
多分、食料だけで1kg.は超えていると思う。

上り線の[道の駅 宇津ノ谷]で休憩。
トイレとゴミ箱以外なにもナイ..でも、大丈夫。
食べ物なら必要十分。
国道1号線に合流、走行距離約70km。



旧東海道の丸子宿を通過。



再び静岡市の市街地走行。
チラリと富士山が見える。


今回のペットネームに使われている[いちご200km]
それは、つまりこの[いちごライン]を走るところにある。
いちごのハウスと売店が並ぶ。
昨年はいちごのぼんぼんを振り回すお姉さんがたくさん居たのに。
今年は少ないうえに、おっさんが混じってる。
不作や、今年は不作のうえに出来も悪い。
ぁぁ..



もうすぐ97km地点のPC1、三保の松原だ。
楽しみにしていた場所。




PC1到着。
なんか寂しい、観光客もいるし釣り人もいたけど。
寂れた温泉街の匂いがする。






清水灯台も..なんか小さい。


スタッフによる有人チェックも受けたし、苦労して運んだソーセージも羊羮も食べなきゃ減らない。
何処で食べても同じ味。
名産、観光一切無し、折り返して帰路に就こう。                                          

静岡200km つづく←リンク先に飛びます


                                  
ロードバイクを乗りはじめて三回目のお正月を迎えました。

ブルベ参加も3年目になりました。
一年目は200km、一本。
二年目の昨年は200km二本、300km一本、400kmはDNF(仕事発生、折り返し地点の京都から輪行帰宅、なかなか時間を確保するのが難しいものです)
そして三年目の今年の予定は..
完走できなかった400を獲ってみたい。
まぁ..走りきることより正味二日間の走行(参加)時間の確保が、そもそも困難な話のですが


おっと..バックミラーを装着しておこう
ソロサイクリング以上に周囲に注意する必要があります。
小さなミラーでも後方の確認はできる。
小さな工夫が疲労の蓄積を遅らせます。


僕の今、思う自転車遊びの[ブルベ]は目的ではなく過程の一つ。

何処まで走っていけるのだろう?

それを知りたい..

WHAT'S NEW?