Photo Gallery

そろそろ準備しなくっちゃ...
グランフォンド富山 ロングコース 2013

準備をしなくては...
しなくてはーと、思いつつ毎夜快眠しております。 

実は、コース概要も熟読しておりません。
そろそろ『海抜0メートルから』何処に行くのか学習する時が来たようです。

そもそも『グランフォンド富山』を何故、走りたいかというと富山で活動されているOKI氏のブログ【童心週記】との遣り取りから始まります。

『童心週記』

富山と名古屋を結ぶ国道41号線の冒険
恥ずかしながら僕はロードバイクに乗り初めて一年未満の頃から走行距離200km前後の冒険を夢見ておりました。
そんな体験の記事を拝読させて頂きました。
「梵天丸もかくありたい」思わず呟いた程です

国道41号を走破せよ 【富山~名古屋サイクリング】

以降、輪行袋、レーパンノーパン問題などで楽しくお付き合いさせて頂いております。



そして、いつかは挑戦したい【国道41号を遡上せよ 名古屋~富山】
今回のグランフォンド富山を完成させるには自宅からスタート会場となる『ドリームスタジアム』 を結んで点と点を線に変えて終わるのです

(夢)です


四季を通じて拝見するモニター越しの富山の風景。
楽しみにしていました。

それが
グランフォンド富山 2013


僕はロングコース参加なので走行距離は180km。
一日で完結できるイベントです、ブルベのようにサドルの上で生活するような長時間走行の苦痛は考えなくてもよいのです
獲得標高は...位です。
ヒルクライムには興味がありませんが山岳コース踏破はキライではありません、どんとコイ
速く走る必要はありませんいや...速力は多分、いつものペースです、時間をかけて楽しむつもりです。(当社比)

標高グラフのギザギザの数だけワクワクします。
1、2、3、4つ...
斜度がかなりあるようです。
踏破の先の風景が楽しみです

スタッフのみなさん、参加者のみなさん、よろしくお願い致します。

風景に感動して急停車するかもしれません。

くれぐれも、くれぐれも『僕』の背中には憑かないでください。
ぼーっと走りますので車間も広くとります
御構い無く抜いて下さい








あー、もうこんな時間だ。

準備と整備は明日やりましょう。
GPSにルートデータのアップロードも明日です。








例えが降ろうとも...
楽しみなのです。



濡れても、それは楽しい。
一年、待ったのですから。
100の言葉を語るより『脚』を交えよう
変な意味じゃなくて...

遊びの『和』を広げる為にオフ会に参加してきました。

【第一回 雨沢TT祭り】

主催は
【ダジャレでGo!】
まっさんさん。
さんさん呼びではお呼びしづらいので以下、略称で失礼します
【ダジャレでGO!】


発案は
【ロードバイク(超)初心者チネオお気楽ブログ★ポッチャリでもいいですか★】
チネオさん。
【ロードバイク (超)初心者チネオのお気楽ブログ★ポッチャリでもいいですか★】
看板に偽りあり...
360゜見渡したって、ぽっちゃりな人なんていない...
油断させて刺す...ぼったくりでもいいですか...です(笑)



便乗したひと。
『僕』
みなさんブログサイトを持ってみえます。
本日のイベントを各々違った視点から記事にされると思います。
それも読まれるのも、また面白いことでしょう。

合計7名

コースは名古屋市からは比較的近い瀬戸市にある『雨沢峠』

『二ノ瀬越』『戸越峠』に並んでヒルクライムの練習コースに利用されていると、思われるルートです。
ヒルクラとかトレーニングに興味はないものですから

そんな雨沢峠を舞台にTTするそうです。

自己申告のタイムからハンディを算出、山頂付近で横並びになるようなタイム計算でスタート。
すんまそん、僕...計ったことありません

この雨沢峠自体は何度となく越えています
僕の『遊び』は遠い処に行ったり眺めの良い処を目指して走るもの
時間的概念があるとしたら、それは自宅に昼までに帰宅しなければ怒られるー早く帰らなきゃ!くらいな感じの話



集合場所から移動、移動
スタート地点は、どこぞのバス停


僕は未計測実績がないため、1番手から90秒ハンデのスタートで発車。

背中が見えないのは不安、そして追われる不安



ちらりと九折で見える前走者、みえただけ...


23分40秒
こんなものですか、ふーん...
30Tを利用して軽くクルクルしての登坂は楽なのですが、当然速度が伸びない
記録狙いの登坂なら30Tは使っちゃダメですね、きっと(笑)




砂嵐のTTです。


どーやっても、モザイクがかかってしまう?
目を細めて視てください、良く見えるハズです。
しかし手元の映像はマトモなのに?
グローバルなモノには載せれない?


お別れして、隣の山の三国山展望台迄



御年70歳のサイクリスト...
三国山展望台を目指して上ってみえました、お話ししながら一緒に上って(上りで話しかけたのが悪かった、息を切らしてその後押し歩きしてましたから)展望台で合流。

岩倉を朝四時に出発、猿投山まで行くそうです。
お気をつけて行ってください。


丸根山展望台は立ち入り禁止アララ


お疲れ様でした~。




来週は近所の奉仕活動をしたら富山入りです(希望)

そしてグランフォンド富山です!
まってろよ~
2013年5月26日 (日)
【第1回 雨沢TT祭り】

【ダジャレでGO!】

ちょっと遊ばれてきます(笑)

特別に『坂』好きでも攻めたいとも思いませんが、共通する遊びの『輪』が広がれば素敵なことでしょう。
朝(06:00)が早いのもありがたい、参加されるみなさんも良き(?)家庭人のようです。

SNS...僕はブログをやっているワケですが、TwitterやFBの自転車関連サークルなんかにも参加しています。
独りでは寂しい、投げ掛けるだけではなくブログも『読んでくださる、みなさん』の声を前進する力にしています。
出費が、お陰様で増加しておりますが...

しかしこんな僕ですが、この趣味は永く続けたいと思っています。

そんな想いもありまして(笑)

オフ会参加です。ドキドキ
少し人見知りして、顔と名前と道を覚えるのが苦手な『僕』ではありますがよろしくお願いいたします。





ドキドキ...
本日、自宅に届きました。


グランフォンド富山 2013の参加案内です。

参加するのはロングコース。
程よい内容(獲得標高、走行距離)、そして富山の風景ー
楽しみです。


前泊できると観光のゆとりができて更に楽しめるのですが...
どーなる事やら?










ここで、残念な決断です



今回、自走参加は見送ります

昨夜の予定では[ニノ瀬峠]を越えて、いなべ市、上石津、養老SAで休憩をして帰宅の周回ルートで100kmを消化する予定でした。

当日の朝になって、何故か気乗りしない。
ぐずぐず準備。
.
.
.
そんな時もあります。

しかし、走れる時に走っておかないと次週は走れないかもしれない。
行ける時に行かないと後悔しそう、ふぅ

僕はトレーニングという概念は持ってはおりません。
本当は未知のを走りたいのです。
しかし毎回、新ルートを開拓できる訳でもありません。
気乗りしない理由の一つは、ワクワク感に欠けるからかもしれません
後は戻ってこれるのか??の時間的ドキドキ感


二ノ瀬までの道程は快調、しかし進行方向の西の空には黒く重い雲がハッキリと養老山系を覆っています。
もともと、今週末の天気は崩れる予報がでていました。
風も湿った感じの重い空気。
東の空は明るいのですが。


峠に入る最後の自販機で水を補充していると、サラッと一名通過。
少しモチベーションがあがります。
ボッチ走行は淋しいなり
まって~



空が重い。


心肺能力的にはゆとりがありました。
軽いギアでクルクル登坂。
コンパクトクランク×30T
途中、濃尾平野は明るく見えていても頭上の空は黒く重い。


今日の二ノ瀬は賑やかでした。
アタック中のライダーは苦しいながらも笑顔で挨拶をしてくれます。
下る僕は寒さと緊張でひきつった笑顔だったと思いますが。


苦しいヒルクライムは好きではありません!

でも、

挨拶を返してくれる人達が、大勢いたヒルクライム...

苦しいのは嫌いだけどー追い抜かれるのもキライだけどー
少し
今日は楽しかったのです。


毎週、通う気はありません
近いうちに上りにこよう
みんなのいる時間帯に(笑)
【ヒトツバタゴ】
もくせい科落葉高木
ヒトツバタゴ 天然記念物 犬山市 開花
五月に開花。
白い雪の様な花。



でも...
??

珍しいの?
案内によると[自生木は少なく、環境省植物版レッドリスト 絶滅危惧Ⅱ類に指定]とか。

庭木じゃん、ヒトツバタゴって。

う~ん、いまいちありがたい感じがしない。
自分自身の見識のなさと感性の鈍さを恥ずかしく思います
庭木のシマトネリコも、こんな感じの花が付きますね







長男と約束していた愛知県犬山市[入鹿池]まで親子サイクリングに行ってきました。
新しく息子用に購入した[GIANT SNAP24]
走らせてみたくて仕方ないようです。
そりゃそーだ

午前中は仕事がありましたので昼からの出発。

ムスコと走る、このルートは2回目。
細かな案内は不要。

名古屋を出て、豊山町、小牧市を経て犬山市へ。
大山川を遡上する、今日のルートは要注意の箇所が少しありますがそのポイントさえ越えれば比較的安全な道のりです。

22インチのこども自転車に較べれば平均車速は上がりました。
前回、脚着きして押して上った坂も今日はクリアーです。
並走しながら、細かくギアの選択の指示
フロントはインナー、センター、アウター
名前から勉強、リアは適当な指示
面倒くさー



途中、いつもは見掛けない看板を発見。

臨時駐車場の案内も有り。
ふーん、知らなんだなぁ...
寄っていこう。




↑読んでいるフリをしているだけ...

僕自身だって、ふーん、ふーんの感じ

さらっと拝観、再出発。


気を使いながら、気を使いながら此処まできました。
カルガモ親子です。
あー疲れた
ソロで走れば小一時間の内容。
カルガモサイクリングは倍の気遣いと時間を必要とします。


休憩が多ければ出費も多い(涙)

帰路は小牧市にあるスポーツバイク専門店の[自転車広場 遊]に寄ってSNAP用にドリンクホルダーを購入。
一々、僕のドリンクホルダーから給水では面倒くさいし自分の持ち物は自分で管理して頂きたい。
こちらのお店、ごちゃごちゃしているけど感じは良くて好きです。
少しキレイに整理されていました


ハンドル幅が広そうだからパイプカットして詰めてやりたいな。


[SNAP24]
お金を掛けずに、もっと格好よくしてやりたい。


ヒマな時にね。
土方歳三は、云った。
「どうなる、とは漢(おとこ)の思案ではない。
婦女子のいうことだ。
おとことは、どうする、ということ以外に思案はないぞ」

『燃えよ剣』より

幕末の動乱期を、新選組副長として剣に生き、剣に死んだ男、土方歳三。

力強い言葉です。
その生き方に憧れる「私」
今回も『どうする』ということ以外は全く考えずにAmazonに発注。
月末の請求や支払い、残高なんかは思案にありません。
『どうなる』問題は婦女子に任せておきます
おとことは!っです


また、別の言葉も遺しています。
『昨日の夕陽が、きょうも見られるというぐあいに
人の世はできないものらしい』

「私」も精一杯、毎日を生き抜きたいと思います
しかし、支払いの多い月末は永遠にこないで欲しいものです



さて、なにを『どうする』のかと云うと...
春先の自転車遊び以来、少し負荷を高めてペダリングをすると右アキレス腱痛が発生するのです。
治ったかなぁ~と思って内容を濃くすると、再び傷めるー
その繰り返し。

日常の生活においても歩行では問題なくとも、腱を伸ばすような姿勢になると少し違和感が残るのです。
ビリッとくるのが怖い

【ZAMST AT-1 アキレス腱用サポーター】
あまり、身体を甘やかすようなモノを使うのは好きではないのですが購入。
叩いて鍛える...超回復をモットーにしておりますが、アキレス腱は左右一つづつしかありません。
あの英雄アキレスですら、弱点とした場所です。
一般人の「私」サポーター位、許されるでしょう。

ZAMST AT-1 『萌えよ 腱!』

ZAMST AT-1 『萌えよ 腱!』
なるほどねん...

ZAMST AT-1 『萌えよ 腱!』
この手の品物は、よく読んでから使用をしないと逆効果になる恐れがあるのでよく読みたいと思いますが、根がせっかちさんなので早速巻いてみます。

fc2_2013-05-16_19-46-36-787.jpg
踵を収めてー巻くんだよね。
適当な締め加減で。






萌えよ 腱!
萌えますか?











もう一枚、サービスしておきます。


ZAMST AT-1 『萌えよ 腱!』
この腱が萌えてます。


【萌えよ!腱】上 おわり

















『男の一生は、美しさをつくるためのものだ。
俺はそう信じている。』

by土方歳三
歳さん...これでいいんですよね...


ZAMST[ザムスト]
【SNAP24 Gaint】
先日、注文した子ども自転車が仕上がったよーとの連絡がありました。
早速、長男を連れて引き取りに行ってきました。


店内にあるロードバイクに一緒に並べられた一回り小さい子ども自転車。

量販店でもGiantならば購入できますが、やはりプロショップで購入する価値はあると思うのです。
値引き以上にアフター等のサービスが量販店以上に感じられるのです
たかが、子ども自転車ではあります
しかし我が家に来てしまった以上、一人で二年間乗ったとしても×三人で六年間は酷使される予定です
気分良くフォローしてもらう為にも専門店での購入は悪い選択肢ではないはずです

それに予定では「僕」自身の自転車整備技術取得の為の実験車体にもなるはずです
自分の[持ち物]はプロにお任せ
子どもの[持ち物]は、おとーさんのおもちゃです



身長137cm 位の小学5年生
跨がらせてみると、大きすぎる感じはしません。
適応身長は135cmからです、車体のデザインがMTBらしくトップチューブがスロープしているからかもしれません。
SNAP24 Giant


いまいち、カタログからでは読み取れなかったタイヤ。
ブロックなのかセミスリックなのか?不明だった部分です。
CST TRACER 24x1.75 SNAP24 Giant
悪くないパターンだと思います。
濡れた路面や砂利でもイケるし、かといって負荷が大きそうでもない。
子どもに乗せるには十分です。
自分で乗るなら、即スリックに変更する部分
しかし24インチはタイヤの種類が少ないのです
次のタイヤ選びには苦労しそうです。
暫くコレで走らせていずれ交換したい部分です


フロントサスペンションの動きは固い。
オトナが体重を載せて押し込んで上下する位。
まぁ、この辺は[オモシロい]とか[~っぽい]とかのギミックのレベル。
調整もできやしない。
もっ~と緩くても良い感じだけど

SNAP24


見た目は、今まで使用の22インチと大差なし。
鉄からアルミに素材が変わっただけのようですが、子ども本人曰く
「軽い!」そーです。
漕ぎ出しとか...そりゃそーだ。
でも、違いが理解できて安心(父)

fc2_2013-05-14_21-10-16-673.jpg
前カゴも受け取り済み。
ワンタッチ装着なので外してあります。
やはり、着けると格好悪い...
フロントハブ軸にライトステーを装着してLEDライトを装着。
ベルや反射材なども装備

フロントブレーキは構造不明のロック回避装置付き
[モジュレーター]
グッ!と握ってもロックできない?
つまり前転ができないよう工夫されています。
お陰様でフロントブレーキのフィーリングはフニャフニャ、好みの分かれる部分です。


前3段×後7段。
グリップシフター...いつかトリガータイプに交換したい部分
そして不要と考えていたクイックレリーズが標準装備。
触るなよ、緩めるなよっと言い聞かせておきます
ついでに不幸な事故も説明
走行中、フロントタイヤが外れたらどーなるかを理解させておかねばいけません


週末は二人で、前回は押して上った坂を含めた親子サイクリングの予定です。
上れるだろー
フロントトリプルなら...
これで足らん云われても困りますがね。


取説付き。
幅広く解説してあって、おもしろいです。
変な日本語で解説


しかし、今月もぅお金ないねん。
困ったなぁ







まっ、しかし公道で遊ぶ以上。
事故には十二分に注意して楽しんでもらいたいものです。



この辺の加減は難しい...

何事も経験ですから










僕の5年生の頃はもっと横着だった

なんで、こいつこんなによゐこなんだろー?

品が良すぎる...



考えられるのは、いまの[僕]自身が上品だからかなぁー
親の背中を見て育ってますから



《GPS実走 135km》

目覚ましのアラームは午前4時30分にセット。
ぼんやりとカーテン越しに明るい空が感じられます。
夜明けも早くなりました。

ゴソゴソ準備。
昨夜、長男がまた付いて走りたいと希望しましたが軽く却下。
あんたの相手は月に一回、こちらが疲れてしまう
今日の予定ルートは[知多イチ]
愛知県の知多半島を軽く一回りです。
何々一周というのは言葉尻もよく、「~を一周してきたー!」
っと言えるのは気分の良いものです。
まぁ、ただ[びわ湖]のようにグルリと一周が憧れではありますが。
[名鉄 新舞子駅]を起点、そしてゴールのルート。
基本的に[自転車人]に掲載されたルートを[ルートラボ]からDLしてのGPSサイクリング。
自分で引くのではなく、久しぶりに他から引っ張ったルートです。
新しい発見やルートに期待です。


新舞子マリンパーク
ここは人工的に埋め立てられた土地を公園に改良。
人工の綺麗な砂浜もあり家族で遊べる公園、無料の駐車場も有る。
ここまでトランポして組立中のロードバイクも並んでいる。
僕は自走ですけど


午前7時、新舞子駅出発。


引っ張ってきたルートなので観光名所もセット済み
[回船問屋 瀧田家]


[野間灯台]で一枚。

伊勢志摩を走った直後では、少しもの足らない眺め。
時間があるならフェリーを利用して伊良湖に渡って遊びたいものです


追い風にのって走行

知多イチ~、何となく撮影ポイントに困ると云うのか、快調過ぎて止まらずに先端の師崎まで。
コンビニで小休憩。
そして折り返し。


漁港で[とれとれ漁師市]です。
野菜も売ってる。


[中部国際空港 セントレア]連絡橋
自転車で渡れると良いのですが。


[りんくう緑地]
こちらも家族で遊べる人工浜がありました、僕の知らないスポットが増えてるー
[めんたいパーク?]もできてる、コストコも建設中。


再び、新舞子駅
午前11時前。
約四時間の旅程、平らな分なだけに盛り上がりに欠けるルートではありますがグループでのサイクリングとしては休憩も取りやすいし距離も程好い感じではないでしょうか。





僕は気まぐれなソロサイクリストであります
グループ走行...楽しそうだけどー

引っ張ってもらうのが好きなのです





折り返し辺りから、右アキレス腱が再び痛む
GF富山も控えているし休ませたほーがよいかなぁ?

今週辺り、長男のニューバイクが仕上がるハズです
自分の身体のコトも考慮してー、次週はのんぴり親子サイクリングをしたいですね












実は愛知県にも大仏様があるのです。

[名鉄 聚楽園駅]

向かいは製鋼所...
野ざらしの大仏様です。
♪雨はつめたいけど♪
♪濡れていた⌒いの♬
♪思い出も涙も流すか⌒ら♬

【雨】森高千里

本日、朝から雨です。
予報が当たりました。

道中で降られるのならば、致し方なしで走ります。
が、走り始めから降っているならお休みです。


フロントバッグにシートポストバッグ。
一体、いつからこんな重装備にして走っているのか?
バーテープも汚れが目立ってきている。
雨の休日、磨いて一日を過ごします。


ホイールも外して乾拭き。
嫁さんに内緒で購入した[キシリウム エリートS]
今も内緒ですが、さりげなく日常の風景に溶け込んでいます。
まるで初めから、そうであったかのように。
ちなみにコンポも4500系taigraから5700系105も内緒でアップグレード
ステム、ハンドル、BB...フレーム以外全て



カセットも綺麗にウェスで磨いて、黒い汚れを落とします。
ultegra12T-30Tの一張羅、変更する気は全くナシ。
ワイドレシオなので加速中の変速は、小気味の悪いモノ(変速性能が悪いのではありません、ローから上げていく時のギクシャク感)ですが、それ以上の魅力??が僕にはあるのです。
30Tとか28T


フロントバッグも外して、バーテープの交換。
今まで巻き込まれていた部分と表面の色の違いがハッキリと具現化。


在庫していたのは[CORK RIBBON(cinelli)]
今まで使っていた[EASTON]のコルクタイプのバーテープ。
どちらも厚手系。


エンドキャップはイーストンのほうが高級感がある。
それにイーストンのほうが、僅か差で巻きやすいかも。


自作ライトステーはフロントバッグ使用を前提で製作。
バッグがないと???な感じ。

バッグ類を外して、少しスッピンに戻った姿。

軽い...
暫くロング(200、輪行)の予定はないのでシートポストバッグは装着せず。

フロントバッグは便利なので再度、装着。

フレームも乾拭き...
うぅ~、輪行時の移動でフレームに傷がついているー泣けるぜ

わかっちゃいるけど乗ればキズがつく
このキズは旅の思い出ー
研磨剤入りのコンパウンドでキレイになるかなぁ
それともクリアーで一枚上塗り?
泣けるー







ヤッパリ何も着けない素材の味を楽しむのも良いのかも
フル装備は、やはり重い...

先日、酒の肴に購入した『Railway mapple』
鉄道の路線図が詳しく掲載されている鉄道地図帳です。
たまには[自転車雑誌]を購入しようと本屋に行ったものの良いのが見当たらず、それならば[地図]を眺めながら今後の計画でも練ろうと思ったのです。


へー撮影ポイントの案内...
別に[鉄ちゃん]じゃないけど、僕は自転車競技志向でもない。
素敵な風景が観たいだけ。
この地図を頼りに走ったり、輪行サイクリングも楽しめそうです。


[半田駅跨線橋]
~愛知県下では最も古い駅の一つ。
駅の施設には明治時代から使用されているものが残っており、そのうち跨線橋は1910年(明治43年)に完成した、現存するJRの跨線橋の中では最古のものである~
ふーん...

[名古屋鉄道美濃町線]
~道路上に残された軌道跡は、2006年から順次埋め立てが進んでいる~
ふーん...

目的地と最寄りの駅関係の確認。
一冊の本で暫くの間は遊べそうです。







紙の地図なんぞ買うのは、何年ぶりやら...

セピア色のノスタルジー

地図機能だけなら無料で入手できる時代
ただ、一冊の本を起点として走り出すのも『遊び』として面白いかと思います。


この本、帯には『誕生』なんて書いてあるけど初版が2010年...

その後、刷新されていない御様子。

こっちの廃線も時間の問題か...

軽く一回りです。
自宅から往復で約50km。

岐阜県では土岐川と呼称され、愛知県春日井市辺りから名古屋市西部を流れる庄内川。
その堤防道路をひた走り瀬戸市にある定光寺公園を目指します。

JR中央本線[定光寺駅]
鄙びた(枯れた)駅前の城嶺橋をスタートに激坂15%。

ただ、距離がないので「あぁ~」な感じで定光寺公園に到着。
こんな『坂』でも苦しむことなくクリアー...
強くなりました、強くなったと実感できます。
ただ、ヒルクライムが好きなわけではないので『速く』の概念はありません。
『楽に』クリアーです、僕の場合。

この辺りは皆さんの定番コースの通過点。
今日は直進せずに「山の茶屋」を右折。
丸根山展望台までソロソロ前進。
右アキレス腱を延ばさないよう、負荷をかけ過ぎないようにペダリング。


ヒト桁Km/hで登坂。
前に誰かがいれば話しは変わりますが独りなら、こんなモノ。


今日も快晴、でも自転車遊びしてる人は少ない...





おっと...
この展望台、なかなかスリルがありまして先の方は危険なのです。
手すりが壊れているのは目視で確認できるので安全です。
実は危険は足元にあったりして(笑)
まっ、自分の身は自分で守る...基本であります。
落ちる奴が悪いのさ...

今日は少しガスがおおいので伊吹山迄見えません。
久しぶりに、ここまで上がってきた感じ
今日は折り返しで帰りますが中水野駅方面から上っても下ってもいい感じですよね



GWも終わり...昼から仕事
アキレス腱を少し傷めてしまったので仕事をして身体を休めたい(??)と思います。

快晴、無風のGWの一日となりました。
本日の苦行
いや...親子で楽しむサイクリング。
小学五年生の息子と[楽しい!サイクリング]です。

オトナにとっては小一時間の距離でも子どもの目線から考えれば[冒険]です。

昨夜、僕がコソコソと翌日の準備をしていると物欲しそーな目でみてきます...
「どこー行くの~?」
付いて来たいそうです。
まぁ、それは吝かではない。
ただ、目的地は変更を余儀なくされます。
いつまでも[僕]の相手をしてくれる訳でもないし、独りの時間はいずれやってきます
今だけです


内容変更。
ルートは交通量少なめ、距離は往復50Km以内。
途中、休憩できる場所(コンビニとか)、目的地に子どもでも興味がある場所。

地図を広げながら指でコンパスを広げます。
僕自身、近すぎて訪れていない場所。

[東谷山フルーツパーク]

自宅から片道20Km以内
庄内川堤防道路を走れば程よい距離です。
危険個所も無いわけではないけれど、危険を危険だと認識させてやるのもオトナの勉めかと。
小さなケガで学習するなら今後の糧になります。

日曜日のこの時間帯は、昨年までなら『仮面ライダー』の時間でした。
少しオトナになりました。


出掛けに貸してあげた、僕の[指切りグローブ]
少し、はにかみながら大きなグローブを着けて出発。

GWの早朝は交通量も少ない。
往路は順調
名古屋市を出て、隣の春日井市。
そして高蔵寺駅前で休憩。
一気に10数Km走行。
高蔵寺と名古屋を挟んで流れる庄内川を渡れば目的地は、すぐそこです。


《案内板》
うーん、初めてなので雰囲気も掴んでいません。


東谷山は名古屋市の最高峰の山!
展望台もあり、夜景も楽しめるそうですが今回は見送り。


ふーん、立派な温室。

フルーツの植物園有り。
子どもは無料、オトナ¥300-


誰しも、一度は興味が惹かれる[椰子の実]
当然、欲しがります...
飽食の時代
まぁ、一度実体験させないと一生引きずられても困る
勉強です
お土産に持って帰るそうです
3kg?...4kg 重い



前カゴに[椰子の実]を乗せて...
休憩多め

重いなら椰子の実を棄てて行くか?と言っても持って帰るそうです。


解った~?

この味を忘れずにいて欲しいものです。
小学5年生の息子がおります。
身長135cm位、平均より小さいほうです。
現在は22インチの【こども自転車】を使っています。
fc2blog_20121208092548fe0.jpg
一般的な【こども自転車】です。

先日、一緒に4、50kmのサイクリングをしました。
文句も言わずに走ったことに親として感心しておりますし、本人も自信が持てたようです。
そして、また何処かに連れていってくれと長男は言っています。

以来、距離を走らせるための練習としてサドルは高めにセットしてあります。
ドカッと座って漕ぐのではなく、回すイメージのライディングポジション。
停車時はサドルから降りて停止。

しかし、それも限界がきました。
シートポストを上げると『ここまで』の文字が刻印されていました。

まぁ、22インチ...
近いうちに24インチとか26インチの新しい自転車を購入しなければいけないのは時間の問題。
本人の希望は『ロードバイク』が欲しいそうです。
バカタレ...オトナになってから自分で買いなさい
どうも毎週末、休みの午前中に僕が走り回っていることに興味があるようです。
付いて走れるものが欲しいと...


成長期に与える【こども自転車】
そんなに(高級な)良いものは与えられません。
まぁ、ただ...ウチは子どもの頭数が平均より多いので使いまわしてくれれば極端に安いものを買うよりは価値はあります
事実、補助輪付きの自転車は補助輪が割れる程乗り込まれています


ロードバイクを与える気はないのですが、子どもの脚力でも楽に負担をかけずに『楽しいサイクリング』を体験させてやりたい。

僕が選定する条件として
①重量が軽い
②ブレーキは手元に近い(ドロップX、フラット〇 ドロップからフラットに変えてもいいけど)
③軽いギア
④クランク短し
⑤僕自身の『自転車遊び』に色々文句を言う人がいるので、子どもに与えるものも一見すると普通に見えるように架装
⑥値段そこそこ
⑦嫁も近所使いする 勝手に乗って行ってください
⑧[クィックリリース]なんかも便利な反面、構造(危険度)を理解できない子どもには与えられない、不要
⑨今のショップで購入したい(取り扱えるブランド)
⑩色はホワイト ぁぁ、そうですか...難度が上がるな
小径車なら、僕も使えるし良いと考えるのですが嫁がミニベロはNGだそうです。
子どもの手の長さでは、無理、無理
条件のなかで重視するのは③と④、そして⑩!
足が短く脚力のない小学生。
これさえ解決すれば、はっきり言って『お金』の問題。
安く仕上げたいのは事実、でも他に子どもに『お金』は掛けていないので男親としては一緒に走れるならお金を多少掛けてもいいじゃんの感覚
[ACE24](FUJI)なんかスタイルは格好が良いし、値段は比較的良心的
ただ、普段使いさせるには線が細すぎる
つまり、趣味に振りすぎている
自分使いならよいけど、与えるモノとしては考えてしまう


そんなことを考えて、お世話になっている自転車屋さんへ。
身長と目的を(予算も)説明。
おすすめは~
[ESCAPE 24](GIANT)
うむ~色がない...僕も見た目というか予算の中でカラーだけは譲らなかった。
『形』より『色』は重要だと思う
内容は...僕が乗るんじゃないし-
予算内で希望に近ければ、手を打つつもりです。

ホワイトがラインナップされているのは
[SNAP 24](GIANT)
SNAP24 GIANT

ただ、フロントトリプルとフロントサスは不要なんだけどな~。
でも、スタンドまで付いてるし前カゴ付ければ希望は満たせます。
エスケープより安いし。
対応身長は135㎝~150㎝
まだまだ手荒く扱うだろうから、この辺で...
クロスやロードを与えるには不安があるのは事実だし、壊されそーだし。
てきとーでいいや


重い車重については漕ぐのは[僕]本人じゃないしーこれも、まっいっか...
クランクも短いし。

スペック SNAP24 GIANT
走行抵抗があるようならタイヤ交換で改善予定。
まずは実車を見てからにしておこっと。



ふらっと来店、即決断、えー客やなぁ~
これで発注~お願いしまーす。





懸念材料はトリプルギア。
子どもにとって『Qファクター』を考えない訳じゃないけれど...キリがない

まっ、真剣に一日中、漕がせるわけじゃないから妥協するところかな...


実車が楽しみです。






楽しく親子サイクリングできますかぁ?
起床は午前4時。
昨夜の計画では自転車雑誌[自転車人]に掲載された[聖地巡礼 知多半島をグルッと一周]をルートラボからダウンロードして走る予定をしていました。
妻が当日の帰宅予定を僕に確認すると、「早い!」と言うのです。
もっと遅く帰ってこい、ゆっくりしてこい...とか
子どもは平日なので学校
妻は妻でどうも遊ぶ予定があるようです...ふぅ...問題妻や~
思考を停止してサイクリング計画の練り直しです

知多イチにプラスして日間賀島か篠島に渡るか?
でも公認の遠出です。
もっと遠くへ...もっと...
プランとして持っていた計画が一つあります、それが今回のサイクリング。

【輪行の旅 その先へ】

《GPS実走 走行距離105Km 獲得標高1540m》

伊勢神宮の先、伊勢志摩の大王崎灯台を目指し走った伊勢志摩サイクリングをしたのは昨年の夏のこと。
近鉄[鵜方駅]から輪行帰宅で終了しました。
熱田神宮~伊勢神宮サイクリング +おまけ
続きをしましょう。

輪行出発は近鉄 名古屋駅

午前5時30分の始発を利用、志摩線の[鵜方駅]から自転車で走ります。
名古屋駅前で、[コンパクトリンコウバッグ]にパッキング。
コツさえ掴めば「あっ!」と云う間は無理ですが「ほー...ふんふん」位の時間で荷造り完成です。

運賃¥1920-

今回の内容は近鉄志摩線[鵜方駅]からJR紀勢線[紀伊長島駅]を目指す約100kmの旅程。
鵜方駅から紀伊長島駅を目指すだけではなく、伊勢志摩特有の海岸線を走り海を眺めて走ります。

早く走り出したい...
慌てていい加減な組み上げをして事故を起こしてもイケない。
走行前に前後ブレーキの効きの確認、クイックのガタつきはないかを確認。

そしてここは外せない。

[白亜の灯台]

[大王崎灯台]
海と空の碧さ...灯台の白、木々の緑。
こんな風景が好きなのです。


さあ、そしてこの先からが未踏の道。
風が強く吹いています。
山が切り立ち、その谷間に海が存在するリアス式海岸。
港近辺は海抜ゼロに近く、街と街を結ぶルートは山越えのUP-DOWNが連続する、距離の割に獲得標高多めのコースになっています。
このルートは退屈はしないはず。


海岸線を回り、港町を繋ぐ国道260号線を基本的に走行。


短い上り下りを繰り返すルート。
引いた時点で理解はしていても、その想像を上回る内容。
う~ん、旅行速度が上がらない...
急ぐ旅ではありませんが、目指すJR紀勢線[紀伊長島駅]の電車の本数が少ない...
一時間に一本あるかないかのローカル線。
まぁ、でも、ゆっくりしてこい...言われてるし
だけど自分自身の気持ちが焦る
実は自宅大好きっ子の僕です



なんか書いてあるけど読めやせん...
多分、野口雨情の句...かな?


句碑に自転車を預けて展望台へ上る階段へ。


360°の展望台

[南伊勢町南海展望公園]
この風景が...
観たかったのです。



展望台を下り林間を抜けます。


そこは展望台から見えた道


もう、どこを走っているか不明
何処も素晴らしく綺麗ですがランドマークが海しかない。
同じに見えてくる(笑)


海の高さから


一望する高さまで、上って下っての繰り返し。


一々、停車の撮影。
風は強いわ、坂は繰り返されるわ、撮影の度に停車...
前に進めません。


12%の坂はあるし~
まぁ、いまさら単発で激坂が立ち塞がっても速さを求めていない[僕]にとっては黙々と越えるだけの普通の存在です。
折れることはありません。

走行距離も100kmに近付いてくると同時に旅も終焉に向かいます。

幾つの港町を抜けたのだろう?
みんな同じに見える。

少し寂しい閑散とした街を走り、林間から覗き見える碧い海を眺めて走る。

良い休日を過ごせました。


今日の目的地、JR紀勢線[紀伊長島駅]はすぐ其処です。

わざわざ自転車を解体して電車で運び、汗を流しながら坂を越えさらには山中で不安にもなりながら走りきった先は...
ただの駅。
非生産的な[遊び]ではありますが今日、出逢えた風景が次の[目的地]への原動力となります。



さぁ、この次の[目的地]は...?



















サラッと解体。


ローカル線、一時間に一本。
次回、この駅がスタートとなるとキツくなりそうです。
別の[素敵な風景]を探しましょう(笑)

WHAT'S NEW?