Photo Gallery

1900年(明治33年) 国鉄中央線[名古屋ー多治見] 開通。
1966年(昭和41年) 複線、電化のために新線開通、それに伴い該当トンネル群を含め廃線。
以来、40年間忘れ去られた『軌道』となりました。

そして2008年(平成20年) 春・秋の年二回に一般公開されるようになりました。




自宅のある名古屋市北部からは[愛岐トンネル群]のある現在のJR[中央本線 定光寺駅]までおよそ20km。
庄内川を上流へ向かいます。

空気圧の確認、注油、パンク修理機材。
独りライドより気を使います。
持ち物も多目。


『脚』のない次男が先頭、後方から監督、指示を出しながら走行。
左側通行、並走するな、脚を止めるな!回せ!
『止まれ』は止まれ!


休憩を含めて二時間程でJR中央本線[定光寺駅]到着。

人が多い、多い..
こんなに人が降りてくるの初めて見た。















かつての軌道は、今や採石を残すのみとなっています。
今朝の中日新聞 市民版に名港ガーデンふ頭に海上自衛隊ヘリコプター搭載汎用護衛艦[あきづき]が入港して土曜、日曜の二日間 一般公開されることが記事になっていました。

自衛隊の護衛艦が間近に見られるなんて..
なかなか、そんな機会はありません。
子どもと見学に行ってきました。

車を[ガーデンふ頭駐車場]にいれると、護衛艦のアンテナが見えます!
近い!!
早く見たい!


おぉー
ワクワクします、男心と裏腹に下の娘はぐずりますウゥ..





手荷物検査と金属探知機で入場check




[62口径5インチ砲]
足元には発射時に排出される薬莢が落下してできるキズ痕が...
磨くだけが美しいのではなく、道具として使われることで出来る傷跡..
それが美しい
ただ、自衛隊、海上保安庁、消防隊、警察官
彼らには常に暇でいて欲しい
訓練のみで退役されることを望みます



う~ん、ゆっくり見たい。
娘が愚図る~


もっとゆっくり見たかった。
潜水艦や戦車もみたいぞ。



海上自衛隊!
護衛艦あきづきの皆さーん
ありがとうございましたー
【SNAP24 Gaint】
先日、注文した子ども自転車が仕上がったよーとの連絡がありました。
早速、長男を連れて引き取りに行ってきました。


店内にあるロードバイクに一緒に並べられた一回り小さい子ども自転車。

量販店でもGiantならば購入できますが、やはりプロショップで購入する価値はあると思うのです。
値引き以上にアフター等のサービスが量販店以上に感じられるのです
たかが、子ども自転車ではあります
しかし我が家に来てしまった以上、一人で二年間乗ったとしても×三人で六年間は酷使される予定です
気分良くフォローしてもらう為にも専門店での購入は悪い選択肢ではないはずです

それに予定では「僕」自身の自転車整備技術取得の為の実験車体にもなるはずです
自分の[持ち物]はプロにお任せ
子どもの[持ち物]は、おとーさんのおもちゃです



身長137cm 位の小学5年生
跨がらせてみると、大きすぎる感じはしません。
適応身長は135cmからです、車体のデザインがMTBらしくトップチューブがスロープしているからかもしれません。
SNAP24 Giant


いまいち、カタログからでは読み取れなかったタイヤ。
ブロックなのかセミスリックなのか?不明だった部分です。
CST TRACER 24x1.75 SNAP24 Giant
悪くないパターンだと思います。
濡れた路面や砂利でもイケるし、かといって負荷が大きそうでもない。
子どもに乗せるには十分です。
自分で乗るなら、即スリックに変更する部分
しかし24インチはタイヤの種類が少ないのです
次のタイヤ選びには苦労しそうです。
暫くコレで走らせていずれ交換したい部分です


フロントサスペンションの動きは固い。
オトナが体重を載せて押し込んで上下する位。
まぁ、この辺は[オモシロい]とか[~っぽい]とかのギミックのレベル。
調整もできやしない。
もっ~と緩くても良い感じだけど

SNAP24


見た目は、今まで使用の22インチと大差なし。
鉄からアルミに素材が変わっただけのようですが、子ども本人曰く
「軽い!」そーです。
漕ぎ出しとか...そりゃそーだ。
でも、違いが理解できて安心(父)

fc2_2013-05-14_21-10-16-673.jpg
前カゴも受け取り済み。
ワンタッチ装着なので外してあります。
やはり、着けると格好悪い...
フロントハブ軸にライトステーを装着してLEDライトを装着。
ベルや反射材なども装備

フロントブレーキは構造不明のロック回避装置付き
[モジュレーター]
グッ!と握ってもロックできない?
つまり前転ができないよう工夫されています。
お陰様でフロントブレーキのフィーリングはフニャフニャ、好みの分かれる部分です。


前3段×後7段。
グリップシフター...いつかトリガータイプに交換したい部分
そして不要と考えていたクイックレリーズが標準装備。
触るなよ、緩めるなよっと言い聞かせておきます
ついでに不幸な事故も説明
走行中、フロントタイヤが外れたらどーなるかを理解させておかねばいけません


週末は二人で、前回は押して上った坂を含めた親子サイクリングの予定です。
上れるだろー
フロントトリプルなら...
これで足らん云われても困りますがね。


取説付き。
幅広く解説してあって、おもしろいです。
変な日本語で解説


しかし、今月もぅお金ないねん。
困ったなぁ







まっ、しかし公道で遊ぶ以上。
事故には十二分に注意して楽しんでもらいたいものです。



この辺の加減は難しい...

何事も経験ですから










僕の5年生の頃はもっと横着だった

なんで、こいつこんなによゐこなんだろー?

品が良すぎる...



考えられるのは、いまの[僕]自身が上品だからかなぁー
親の背中を見て育ってますから



快晴、無風のGWの一日となりました。
本日の苦行
いや...親子で楽しむサイクリング。
小学五年生の息子と[楽しい!サイクリング]です。

オトナにとっては小一時間の距離でも子どもの目線から考えれば[冒険]です。

昨夜、僕がコソコソと翌日の準備をしていると物欲しそーな目でみてきます...
「どこー行くの~?」
付いて来たいそうです。
まぁ、それは吝かではない。
ただ、目的地は変更を余儀なくされます。
いつまでも[僕]の相手をしてくれる訳でもないし、独りの時間はいずれやってきます
今だけです


内容変更。
ルートは交通量少なめ、距離は往復50Km以内。
途中、休憩できる場所(コンビニとか)、目的地に子どもでも興味がある場所。

地図を広げながら指でコンパスを広げます。
僕自身、近すぎて訪れていない場所。

[東谷山フルーツパーク]

自宅から片道20Km以内
庄内川堤防道路を走れば程よい距離です。
危険個所も無いわけではないけれど、危険を危険だと認識させてやるのもオトナの勉めかと。
小さなケガで学習するなら今後の糧になります。

日曜日のこの時間帯は、昨年までなら『仮面ライダー』の時間でした。
少しオトナになりました。


出掛けに貸してあげた、僕の[指切りグローブ]
少し、はにかみながら大きなグローブを着けて出発。

GWの早朝は交通量も少ない。
往路は順調
名古屋市を出て、隣の春日井市。
そして高蔵寺駅前で休憩。
一気に10数Km走行。
高蔵寺と名古屋を挟んで流れる庄内川を渡れば目的地は、すぐそこです。


《案内板》
うーん、初めてなので雰囲気も掴んでいません。


東谷山は名古屋市の最高峰の山!
展望台もあり、夜景も楽しめるそうですが今回は見送り。


ふーん、立派な温室。

フルーツの植物園有り。
子どもは無料、オトナ¥300-


誰しも、一度は興味が惹かれる[椰子の実]
当然、欲しがります...
飽食の時代
まぁ、一度実体験させないと一生引きずられても困る
勉強です
お土産に持って帰るそうです
3kg?...4kg 重い



前カゴに[椰子の実]を乗せて...
休憩多め

重いなら椰子の実を棄てて行くか?と言っても持って帰るそうです。


解った~?

この味を忘れずにいて欲しいものです。
【竹島水族館に行く】

愛知県蒲郡市にある、『蒲郡市竹島水族館』
快晴、微風、そして気温も高めの冬の1日...
絶好のサイクリング日和なのですが

自分イベントが終わり、気が抜けたのか朝が起きられませんでした。
遅く起きた休日、それも天気が良い
子どもを連れ出しましょう

蒲郡市竹島周辺地図

名古屋港水族館も近くてよいのですが、あっちはお値段が少々お高い...

先日の「竹島サイクリング」の際に見かけた水族館が良さげ、それに綺麗な海辺と竹島を回れば半日は遊べる。
お昼前に出発、東名高速道路「音羽蒲郡IC」を降りて「音羽蒲郡有料道路」現在無料「三河湾オレンジロード」を走り抜けます。
ほぼ、直進で到着。
名古屋から蒲郡、近い、近くなった

まずは、竹島散策。
自転車三昧で久方振りの子どもとの時間。

蒲郡市 竹島
風も穏やか
オトナには同といったコトのない風景でも、子どもにとってみれば非日常の空間。

何でもよいので、五感で感じとって記憶に留めて貰えれば嬉しいのですが。
数年後、「どこにも連れて行ってくれなかった」というクレームを避ける為にも覚えておいて貰わねば…  

蒲郡市竹島 上陸
竹島を一周、何を見つけたのか知らないが持っては帰れんぞ。

IMGP2154 (400x300)


IMGP2182 (400x300)
八百富神社、先日は此処までは来ませんでした。
ふーん、ふーん

移動、移動

水族館前の駐車場は無料じゃん。
チッ、知らんかった
小さな水族館
だけど、大きな水族館にはない魅力があります。
展示水槽は小さくとも近い、丁寧な解説。
子どもの身の丈で案内、展示をされています。
大阪海遊館や名古屋港水族館は、とてもじゃないけど子連れでゆっくりは出来やしない
ゆっくりじっくりなら狭くて小さいけど価値のある水族館です



竹島水族館 アシカショー
ちょうど、アシカショー。
シャチやイルカはいないけど、ここでも小回りが効いてます。
近い!

オオグソクムシ 蒲郡市竹島水族館
蝦蛄ではありません。
「オオグソクムシ」...
深海の掃除屋
こんなのがいて、更に触れるとは(困)
ムム、色白じゃ

『グルメハンター』って?
蒲郡市竹島水族館
こんな生き物、食べてみましたって...
言われても、困るんですが...

えっ?食べるの?
役得なのですか?

えっ? 食べるの?
「さんちゃん」って?

どの方?

この企画、第2弾って?
まだ、やるの?






食にかなり貪欲な方ですな…
朝から自宅にいます。
雨降り以外の休日に、朝から自宅にいるのは何時以来だろう...
本当なら片付けなけらばならないことを、あえて見ないふりして独りサイクリングを決行している最近の休日

今日は嫁さんが、子どもを置いて遊びに行くので「僕」が子どもと留守番です。
まっ、そんな日をつくっておかないと嫁さんが爆発しても面白くないので、たまには良いことかなと。
でも、天気がよいなぁ

fc2blog_20121208092548fe0.jpg
庭の掃除をしつつ、子どもの自転車の掃除、点検、整備などを
手作りの単管パイプを利用した自転車小屋には置いてあるものの、汚れてます。
空気も少ないなぁ

サドルも少し上げておこう

ブレーキレバーも位置を変えて

ケミカルを吹いて、吹き上げておしまいっと
fc2blog_201212080928008b8.jpg
『SANYO』のハブダイナモとLEDライトか...
『SANYO』ブランドも、もうすぐ消えるのだろうなぁ

子供用自転車にLEDハブライトは、以前のダイナモタイプに較べると圧倒的に軽く点灯させることができるから子どもなど 一般車に良いものですよね。
自動点灯なら点け忘れもなし、真っ暗闇の峠を越える訳じゃないから光量も十分で確保できているし。

フィニッシュライン [FINISHLINE] クロスカントリー ウェットルブリカント潤滑剤
『フィニッシュライン [FINISHLINE]
クロスカントリー ウェットルブリカント潤滑剤』

Rディレイラーとチェーンに注油して、変速の確認。
ブレーキの効きも確認。

さてと、どこに遊びに連れていこうかな?


runで押したいけど、急ハンドルを切ると倒れて危ないし
まずは、コメダ珈琲か...
『トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館』
雨降りの今日は、自転車遊びはできません(残念)
準備だけはしておいたのですが、都合よく天気予報はハズレませんね(笑)

雨が降っている、こんな時こそ存在感を強調しておかなければ...
晴天の休みの日はいませんので...

子どもを引き連れて、愛知県名古屋市西区ノリタケにあります産業技術記念館にいってきました。
名古屋駅からも徒歩の距離(僕的には)
自宅からは自転車の距離(100km以内)

「トヨタ」の名が示すように、ここはトヨタ自動車の起源を、当時の産業機械を実働展示しつつ遊びながら勉強する事ができるのです。
産業技術記念館
赤レンガ造りの壁が綺麗ですね。
雨が降っていなければ外観も撮影するのですが、またの機会にします。
産業技術記念館
先ずは、自動車以前の話しから
織機の歴史から始まります、歴史的には自動車よりも豊田織機がルーツです。
今はフォークリフトをメインに生産しているのではなかったかな?
天井の梁から動力を得ています。
繊維の街、愛知県一宮市の古い工場など行くと、未だに名残として梁にプーリーなんかが残っているところがあります

綿花から糸を造り~の一連の流れも解説
シャトルで横糸を飛ばす時代からエア、ウォータ ジェットの最新式まで実働展示してあります(割愛)
fc2blog_2012102816362510b.jpg

産業技術記念館

産業技術記念館
この辺からオモシロい
産業技術記念館
クルマの構造的な展示、歴史的チャートを経て産業機械の展示に変わります。
fc2blog_20121028163838764.jpg
ロボットの溶接、塗装、大型プレス機械の稼動展示
両手で起動スイッチを押します!
fc2blog_20121028163949f53.jpg
子ども向けですがお土産が三点程、機械を通して作成できます。
ゴム動力のクルマは、トヨタ看板方式で部品をピックアップ
シャーシは小型プレス機械を起動、目の前で作成です。
部品を揃えたら自分で組立です。
小型射出成型機でキーホルダーも作成
記念メダルも穴明てっと
fc2blog_2012102816403056b.jpg

産業技術記念館 土産
プレス機械は、早い話、押して抜く!凸と凹の型が要ります。
fc2blog_201210281641277ec.jpg
射出成型機、金型の中に高圧でプラスチックの(トロトロの)材料を流し込む機械です。
プラモデルとかはコレ、型は凸と凹の二個
カップ麺のどんぶりは真空成型機を使います。
コレは凹だけの型に真空で高温の材料を吸いつけます。

六十年前のプレス機械なのだそうです!
クルマの外装の金型がセットされていました。
金型交換の手順も説明を頂きました。
ここまでの大型プレス機械は普通見られません、高さ5m 地下3mはあったと思います。
まぁ、プレス機械は昔も最新式も仕事的には変わりません、新型は音が静かなことくらいなのかなぁ...と、云うことは振動も少ないし機械的寿命も金型の寿命も永くなるのかな
本職では、ないので分かりませーん

産業技術記念館 

fc2blog_20121028164230a92.jpg
大胆なカットモデル
ここまで子どもも大人も楽しめる内容です。
この先は...
fc2blog_20121028164321bb2.jpg
子どもの遊び場なのです!
fc2blog_20121028164355d74.jpg
何だかよくわからないけど、雨降りのインドア遊びなら良い所です。
大人入館料500円、小学生200円
館内のお土産三点、遊び場無料

産業技術記念館 土産
お土産三点
コンビネーションレンチ 10mmスパナ
10mmスパナ?
工具なのか食器なのか?

だけど、お土産売り場を通れば何かを買わざるを得ません...
科学工作キット二点、トミカ、自分土産にコンビネーションフォーク?
高くつくなぁ(苦笑)

子どもの相手を半日するのと200km走るのと、どちらが楽かと聞かれれば間違いなく後者です。

来週の休みは日曜日、天気が好いと嬉しいのですが...
予定は紅葉サイクリングです。
すこし雲がおおく、秋晴れとはいえませんが、こんな日は自転車に乗って...どこかに行きたいところです。



金華山

金華山は岐阜県岐阜市に位置し標高329m。
稲葉山とも呼ばれていました。
吉川英治著の「太閤記」を過去に読んでいます、僕は稲葉山と呼びたい山です。

金華山と聴くと、近くの「金津園」を思い出してしまうのは僕と同世代かそれ以上...
金津園...
今でも有名なのかな?


それは置いておいて...

今日は子ども二人を引き連れて、金華山親子登山です。
小学四年生と二年生の男の子です。

以前、友達親子に誘われて計画していたものです。
が、なかなか予定を合わせるのは難しいものです。

金華山はロープウェイもあり、山頂には子どもにとってのお楽しみもあるのです。

さて、その金華山登山道のルートはコチラを参照して頂いて
「ぎふネイチャーネット」-岐阜市自然・環境活動情報サイト

攻めるルートは「馬の背」登山道
クルマを金華山、北側の有料駐車場にいれて出発です。

八時に金華山にはいります。
金華山登山
初めて金華山登山に来ましたが、いまいち登山口が分かりません?
行き過ぎたりと、すこしフラフラと...
きっと案内看板も解る人が、分かる人のみの対象でつくったのでしょう。
看板だらけも景観が悪くなると思いますので必要最低限で良いと思いますが、もう一工夫欲しいですね。
fc2blog_2012100612314585d.jpg
あぁ、つまり「馬の背登山道」は「めい想の小径」から途中、分岐するのですね。

fc2blog_201210061232419a2.jpg
右に行くと「馬の背登山道」
なるほど、「急峻」の文字が...
ワクワクします。
子どもには適当なコトを伝えておきます。
金華山登山 馬の背登山道
上れ上れ
次男は少々、オーバーアクションです。
まぁ、写り映えは良いけど...
fc2blog_201210061234499f4.jpg
もっと上れ~

金華山登山道 馬の背コース
手袋は軍手ですけど十分です。
用意しておいて良かった。
大人は要りません、この位は平気です。
fc2blog_20121006123656da3.jpg
階段を上がれば登頂です。
何回か休憩しましたが約一時間の山登り
小学生の体格ではちょうど良い感じ、少し汗ばむ程度なので初めての登山としては良い山と季節ですね。

岐阜城
入館料を払って見学、天守から長良川を眺めます。
先日の蔵王山といい、スカッと晴れる日がなかなかありません。
fc2blog_20121006123833d82.jpg


金華山 りす村
少し移動して「金華山 リス村」
ロープウェイは乗せませんが、子どもの喜びそうな遊びをひとつだけ
金華山 りす村
革手袋に一握り、りすのエサをもらえます。
金華山登山道 めい想の小径
リス村で遊んで、ソフトクリームを食べて休憩したら下山です。
帰りは「めい想の小径」ルートです。
金華山登山道 めい想の小径
めい想の小径と呼ばれる登山道だから、ボーッと歩ける道...ではありません。
金華山登山道 めい想の小径
足元注意です。
下山も約一時間
麓の公園で、お昼ご飯
金華山、親子登山は半日で終了。
カラダを使う遊び、汗をかく、ドキドキ、ハラハラする 
今時の子どもは少~し足りませんね。
連れ出して遊びを教える事から始めないといけませんね…面倒やな...

138タワー
今度は一宮市の光明寺公園に移動


おっ、タワー階段昇り 100円!
エレベーターならパスだけど100円なら昇らねば!


一気に上ります、抜かれたら抜き返す。
父親同士の静かな闘いが始まります、昇りの一本道、子どもは置き去り...
闘いには勝利!
でも心臓バクバク!
直前に写真眼下のバスで献血してきました
400程をウェイトを落としています
やはり、勝因は軽量化です


東海北陸自動車道の「川島パーキングエリア・ハイウェイオアシス」が見えます。

薄雲の空がちょうどよい一日です。
今日は休日の父親らしいコトをしたつもりです。
うむ、明日の午前中はいないからな
父は自転車で遊びに行くのだから!


カシミール3D 金華山登山
本日のルートはカシミール3Dの画です。
etrex20を今日も携帯、ルートは事前に仕込んではいません。
歩いた軌跡が後から見えるのはおもしろいですね。
山中では...僕は山屋さんではないので活用法がわかりませーん。

WHAT'S NEW?