Photo Gallery

アドニス フクイサイクル
縁がありまして一台引き取らせて頂きました。
組まれているパーツから推測すると25年から30年前のフレームとコンポーネント
それでも大切に保管されていたため手直しも最小限で済み、早速の実走となりました。


20170902201856.jpg
夜明けと同時に自宅を出発
二ノ瀬峠を越えていなべ...そして上石津..

今日は廃村の保月と木地師の里、それに洗い越しのある県道34号多賀永源寺線を走ってみようと思い出掛けてみた




タイトルながっ!



お盆休みを利用して2日間のツーリングに出掛けてきました。
深夜から走り出して自走云々のロングライドではなく電車を利用して美味しい部分を頂くという内容
しかも今回は一泊2日
やってみたかったテント(銀紙)泊を織り込んだ贅沢なツーリングと呼べるツーリングになったハズです...

初めて買ったロードバイク『オルベアアクア』
ムスコが乗れるようにと短いステム、コンパクトなハンドルを付けて一年
たまに一緒に乗ったけれど今はローラー機としてもっぱら室内用として活用している
そんなムスコも春から急に背が伸びてワタシに迫ること後3cmくらい
そろそろ無理矢理小さくしていたポジションを変えられる頃合に...

ステムもハンドルもディズナをチョイス
特別、贔屓にする海外ブランドはないしそれはそもそもお高い
むしろ迷ったらディズナを推したい、、と思う程に多分日本人の体型に合う設計をするこのブランドに信頼をおいている。



作り直したら走らせてみたい
いつもの二ノ瀬峠、冬季通行止め明けからクロモリのテスタッチ、折りたたみのバーディー
それぞれ試し走りにきている
調子を見るには同じステージを走らせるのがよい



オルベアアクア、今更アルミフレームもないけれどワタシにとっては悩んで悩んで買った最初の一台
あちらこちら走り回った結果に作った2台目のテスタッチテンス
そしてあちらこちら走り回った
それぞれに思い入れがある
もし3台目を買ったとしてもこの2台以上の気持ちは入らないと思う
競技者的に『結果』や『速さ』を求めるならばバイクは道具であり効率を求めるのが最善なのだろうけどワタシにはその気持ちはない

二ノ瀬を上った

クロモリのテスタッチに比較して軽いアルミフレームはよく走る
平坦路でも上りでも
二ノ瀬の登坂タイムは直近の平均より1分早くベストより1分遅い
季節と状況が合えばベストよりきっと早く上れる、、だろうと思うけれど一人で達成できると思えないしそれほど気持ちが強くない
この先の壁を破るにはきっと気持ちが足らない



ヘッドパーツ、ワイヤー類を含めたO/Hは近いうちに予定しているので今回は大まかに仮組み
もう少しあと少し前に進んでみたい


神領ダッシュ
JR中央本線 神領駅
午前5時44分 松本行き普通列車の始発がここから動く

それに飛び乗り長野を目指す

誰が言い出したか神領ダッシュと人は呼ぶ...
ニッチな業界の話だけど

寝ボー、寝ボー





birdy Classic 二ノ瀬峠
フォールデイングバイクを追加しました
手に入れたのは特徴的な折りたたみ機構を持つ『birdy Classic』
早速上りを含めて80kmほど走ってきました

行き先は二ノ瀬峠、上りの内容は距離約6km、標高差370m、平均勾配6.2%確かそんなもの
フォールデイングバイクはどれほど走れるものなのか?
新鮮な気持ちのそれは初めてロードバイクを乗った頃のように...

早朝、まだ静かな街をトップギアで疾走...
(使い方が違うような気がするけど...)



birdy Classic
birdyClassic
バーディークラシック
以前の名前は『bd-1』
取扱代理店が代わったのを契機にオリジナルの名前『バーディー』となる
ワタシは以前の名前のbd-1のほうが耳馴染みがある
それは最初のバイクを選んでいる頃に買った雑誌にbd-1として掲載されていたのを未だに覚えているから
その頃はこんな高額な折りたたみ自転車なんて誰が買うのだろうか?と思いつつも他にはない独創的な折りたたみ機構とデザインが印象的で脳裏に焼き付いた1台だった

その高額なバイクをついに所有する身になってしまった..
道楽もここまできたか(冷汗
あっ..まだ嫁さんに追加したこと伝えてないや


birdy Classic チェーンリング


birdy Classic カセット
チェーンリングが52T
カセットが8速の11-32T
小径の利点のひとつ、漕ぎ出しの軽さが手伝って平坦はほぼトップに入れっぱなしで巡航できる
ゼロ発進~25、6km/h~、それ以上はそれなりの努力(まぁ無理ではない)
ただ脚を止めてからの失速が早い
漕ぎ出しは早く軽快だけれどその速度の維持はロードのそれではない、、まぁ、そこはロードと比べても意味のない話なのだけど分かりやすく...

登坂、二ノ瀬の上りを残り2枚残しの32分で登坂
テスタッチで上っても30分...(ローラーを漕ぐようになってからはも少し安定して速い)を切る程度なのでビンディングにすればもう少し詰めれるとは思う
ローギヤが余るので8枚のカセットを全て使いきれるチェーンリングの選択(大径化)をすれば更に乗りやすくなると思う
タイヤもアレかな?ロードノイズが少々うるさい
ただ18インチは選択肢がすくないらしい


birdy Classic サドル
サドルとペダルが早々の交換対象だったけれど乗った感じ悪くない
タイヤのエアボリューム、バーディー独自のサスペンション機構が効くのか本日の走行距離80km程度では疲れがでない
ざっくり適当なポジションでもそこそこ走れる、結構懐が深い
このままでも1日200kmくらいならレーパンなしでも十分に機能するサドルだと思った
ペダルもスニーカーによく喰いついて滑らない
ただ上ろうと思うと引き足が欲しいし高ケイデンスで回すならビンディングが欲しくなる、ここは悩ましい
ビンディングも欲しいが折りたたみ形態を更にコンパクトにできる脱着式ペダルこそが折りたたみ自転車の利点を伸ばし似合うとも思うし、なににしようかな?
色々カスタムの方向を考えるのがまた楽しい

しかしすぐにでも交換したいのはハンドルのグリップ
グローブをすればよい話しなのだが素手で握るとグリップが良すぎて手の皮が真っ赤になってしまった
ここは要改善

20170604165608738.jpg
第59回の水道週間スローガン
「あたりまえ そんなみずこそ たからもの」

水道週間に合わせて年に一度一般開放される愛知県瀬戸市の浄水場『馬ヶ城浄水場』に行ってきました。

20170521201132018.jpg
先日寒さで死にそうになったかと思ったらいきなり初夏の様相で暑い暑い
最近は自転車遊びに動機を見出だせず天気の良い休みでも家でぐだぐたしてしまう
そして季節が移ろいでいく..


でも重い腰をあげて動き出せば風を切るのは楽しいし上り坂で汗をかくのも気持ち良い
もっと近場に坂が欲しいとか考えてみたり



20170521201045572.jpg
帰りに寄り道
小径車を数台試乗

もっとライトに自転車を楽しみたい

最近、そう考えるようになってきている
ロングライド自体はおもしろいけれど結局のところ『時間の壁』にぶち当たる
1日で完結しようと思うとせいぜい300kmだし朝から晩までなら200km
その範囲内で目的地が見つけられない!

少し遊び方を変えてみるのも目先が変わって良いかなと思い、フォールディングバイクを物色している
形から入るタイプなんで

700cの世界より個性が強く自分の目的と合う1台を見つけることの難しさ
ロード寄りの走るモノは不要だけれどマイルド過ぎるのはイヤ
ある程度はカスタムしたいから発展性のあるフレーム
乗って触って話を聞いて...

ますます混乱する


20170506104303067.jpg
朋有り遠方より来たる

普段は距離があり滅多に会うこともできない
でもSNSを通じてお互いの活動や近況を知ることができる
余程、地元の友人より近いしと思える時もある
今日はそんな『特別な』友人と走れるまたとない機会をこの好天の空の下過ごしてきました。



知り合ったきっかけは私がロードバイクを購入した後、どんな遊びができるのだろう?とネットでブログを徘徊していた頃の事
ふと目に付いた記事にとても興味がそそられた

国道41号を走破せよ【富山~名古屋サイクリング】
国道41号を走破せよリンク

この記事がおもしろくて何度も何度も読んだ
いつかこんな冒険がしてみたい
それ以来...
相談してみたり励まされたり...

20170506104210050.jpg
OKIさんのコルナゴ
自転車から登山、はたまたプロ顔負けの補修技術でカーボンフレームの補修、塗装
トップチューブ直してある筈なんだけどまったく分からない(笑

そんな彼の今回の冒険は彼の地元、富山からスタートして新潟は糸魚川、白馬、松本、甲府、駿河、豊橋そして伊良湖からフェリーを利用して師崎に上陸
名古屋から岐阜、関ヶ原、滋賀そして福井、石川(もうなにがなんだかわからない)そして富山を回る3泊4日の1000kmの冒険
中部地方一周サイクリング【プロローグ】リンク

今日はそのなかの1日
師崎から岐阜までの100kmを一緒に過ごすこととなりました


20170506104145965.jpg
海からやってくるなんてドラマチックな演出
輪行袋を担いで下船するOKIさんと合流

御待ちしていました!

滅多に他人を牽くことのない(協調性のない)ワタシが前を牽きまーーす(結構不安だったり)


20170506104108640.jpg


20170506104032054.jpg


20170506103945850.jpg
名古屋を抜けた処でトラブル発生
なんてドラマチックな!
ってそんなアクシデント、たぶん不要なストーリー

OKIさんのコルナゴのチェーンが切れる
(ホントにチェーンって切れるんだ)
感心しながら変形したコマをチェーン切りで跳ばす
代わりにミッシングリンクで復帰

サドルバッグの肥やしが初めて役に立つ
チェーン切りに付属するチェーンを引っ掛けておく針金はやっぱり便利だ、有るのとないのでは作業性が全く違う


20170506103915896.jpg
日没後暫くして本日の目的地『岐阜駅』に到着
私の役目もここで終了...
・・・
・・




ワタシがこうしてログの更新をしている間もOKIさんの冒険は続く

無事なご帰宅を願っております!




WHAT'S NEW?