Photo Gallery

、、ら、、ら、らーめん、、たべたーい

決してララランドをこの状況で観に行きたいワケじゃなーい
20170424071159033.jpg
予兆がなかったワケでもそれに気が付かなかったワケでもない

低体温症

多分それ...
一度サドルから降りたらもう立っていられない
吐き気、震え、

気力で残りの下り坂をダウンヒルしたら多分お星さまになる
とにかく風を凌げる場所を見つける、それが急務だった

それにしても綺麗な空だったな...



BRM422 中部300kmに参加してきました。
20170424121615002.jpg
今回、午前8時or9時スタートの2段階制
朝がゆっくりできる後半組でエントリー
ゆっくり起きて、ゆっくり自走して受付を済ませてコーヒータイム

最近、ほんとやる気がでない
ブログの更新を見てもらえばわかるけど

BRM311 中部200km 北恵那
オダックスランドヌール中部さん主催の200kmブルベに参加してきました
獲得標高はおよそ3000m
名もなき峠を繋いだ200kmのルート
しんどくも達成感は格段の中部ブルベ
毎年、止めてやる!と思いながらも今年もシーズンIN...
あーあ

今年からスタート・ゴールが愛知県北部の江南市から東部の瀬戸市に変更
コース取りが一新されてますますエグくなる
この先のコトを考えるだけだ背筋が凍る

そんな今日の200kmは6時スタートの始発組
3月の中旬、日が延び始めて朝6時はすっかり明るいし巧くいけば明るい時間帯に帰ってこれる
事故の確率が高い交差点、そして薄暮の頃
危険を避けられるのなら避けて走りたい
そんな考えているようないないような作戦で出発


BRM212 松阪200
オダックス近畿主催のBRM(ブルベ)
BRM212 近畿200kmに参加してきました。



BRM108 静岡200km
ペットネーム[いちご200km]

200kmのブルベに参加してきました。
好天なら富士山を眺めて走れる気分の良いコース
今日は生憎の雨予報
雨雲に捕まるのは時間の問題
降水量、予報では夕刻の2㎜が走行時間内での最大雨量
低気圧と高気圧の狭間で風の影響も予想される
しかしルートは平坦なもの
雨雲に捕まる前に...
たとえ捕まっても大したことはない...
ここは静岡、そもそもの気温が高い
体温を奪われて行動不能、そんな事はないと思う

これが出走前の予想の範囲

200km...

普通に走れば『普通』に消化できる距離
今日は...
20160516153734079.jpg
ほんと、ばかだなぁ~って
ずっしり重くてピカピカしててお金を出すだけでは手に入れられないこれ!
これを集めるためだけにどれほどのエネルギーを大気中に発散させ、むやみやたらに散財を繰り返すのか

ばかだなぁーって
つくづく自分のことをそう思う
まぁ『生きる』『生きてる』『生きていく』ってコトは某かの業(カルマ)を背負っていくものなのかも
前世はカラスか何かだったんかな?
それとも煩悩の数だけ集めると成仏でもできるんかしら?
ロングライドは哲学だ


≪BRM514 中部400㎞ ログ録り失敗


中部ブルベ 桧峠 地獄の壁
見上げるとそこに白いガードレールが..
彼処まで行くのか?

立ち塞がる...まさにそれは『壁』



≪参考 BRM514 中部400km

ログ録り失敗しちゃった

BRM326 名古屋300km ブルベカード
BRM326 名古屋300km とみやま
RandonneursClubNagoyaさんの主催するブルベ BRM326 とみやま
300kmを20時間内に走破するブルベに参加してきました。



スーパーランドナー
実に感慨深い...

ブルベを初めて知った当時には想像もつかなかった。
まさか自分がスーパーランド...

ここに到達するとは


20160312200434541.jpg
BRM312 中部200km 関宿 ver.2

私が初めて参加したブルベは2012年 オダックスランドヌール中部 BRM303 中部200km 亀山関宿
以来、毎年何処かのブルベに参加してきました。

今年のAR中部 200kmは2012年の亀山関宿コースのver.2として復活。

初参加した当時のドキドキ感やハラハラするような気持ちは今や失ってしまった。
でも同じ時間、空間を共有することで生まれるランドヌール達との一体感に魅力を感じています。

今回のコースは以前のものと多少違うver.2、だけど目的地は同じ関宿

少しそれが嬉しく、そしてどれくらい自分が変わったか知る絶好の機会。
どれほど成長しただろうか?
何を感じることができるだろうか?
そんな想いを胸にサドルの上で一日を過ごしてきました。





20160312200537171.jpg
出発は愛知県江南市『すいとぴあ江南』
午前6時スタート組

自宅からの道中は暗く冷たかった。
装備は上下、ウインドブレーク
インナーは日中の気温上昇を見越して中薄手のジオライン、グローブのインナーは置いてきた。
真冬フル装備ではなく少しだけ軽めに。


ブルべカード
承諾書と引き換えにブルベカードを頂く。
デザインが変わった。

車検、ブリーフィング
出発

6時スタート組が粗方出ていったのを見届けてから出発。
信号の多い序盤から慌てたって仕方ない。
レースをしている訳でもタイム狙いのファストランもしてないしー

信号に乗り遅れる度に前方の集団が遠く彼方へ行ってしまうのが見える。
木曽川堤防に出る頃にはバラけて小さな小さな単位になっていた。
気楽に走れるけどね。

海津、多度、四日市、鈴鹿、亀山..
ロードバイクに乗り初めて以来、あちらこちら走っている。
今日のルート全般およその想像がつく。
そして当時より(多少)走力は上がっていると感じる。
何より壁のように見えていた坂に以前ほどの威圧感を感じなかった。
淡々と攻略。


BRM312 中部200km 関宿 
関宿ってこんな場所だったんだ。

立ち止まる余裕

少し成長した(笑)


関宿を抜けてPC1
みんな名物を食べに食堂に寄る相談をしている。
自分でも残念だと思うけど食い道楽の趣味はない(このブログに食べ物が滅多に出てこないのそのせい)

帰路は鈴鹿、旧東海道に当たるルートで桑名、そして少し風を受けながら堤防道路を走る。

淡々と。


20160312201429485.jpg
Wレバーのトーエイさん(去年の600にワタシが声を掛けて話してたのを覚えていて下さっていた、ワタシはコロッと忘れていたけど)
オダ近ピンバッチのカレラさん。

走って面白くない市街地、お二方のお陰で楽しく(垂れずに)走れました。
ありがとうございました。

そしてスタッフの皆さん、参加されたランドヌールの皆さんお疲れ様でした。



そして自分がどれほど成長したか?

感じたことは...

経験を積んだことで余裕を持つことでき、落ち着いて周囲を見ることが出来るようになった。
成長はそれくらい?

乗り方は全然変化してないし速く走る気は相変わらずないし
誰かが近くにいるとそれなりに毎回、頑張って回すけれどそれを持続させることができない、自分に負ける。
ひとりになるとそれが顕著に表れる、よく言えば『マイペース』

性格は仕方ない、この先もずっとこんな感じかな



シューペル・ランドヌール取得で気分良く足を洗ったはずの長距離サイクルイベント[BRM(ブルベ)]にまたまた今年も参加してきました。

あらー


ブルベはあくまで長距離サイクリングの力量に『認定』を与えるモノ。
そんなモノだと解釈しています。
獲ってしまえば免許皆伝よろしく毎年更新する気はまったくない。
神経を削って参加し続けていくことが実は結構しんどいのです。


もっと上を目指さないのか?
ブルベは600kmだって道半ば、1000km..それ以上だってある。
実は去年の600km認定後に開催されたAR中部の1000kmに可能ならば参加しようと画策していたことがあります。

1000kmを走る装備を考える。
それだけで楽しかった。
まるで初めて200kmのブルベに挑戦するためにブルベ装備を考えていた時のように。

結局、仕事の日程調整はつかず、それは消えたのですが。


もっともっとを求めると時間の限界、自分に許された『時間』では距離の限界より時間の限界を感じてしまい『もっと遠くへ..』そんな挑戦自体に意味を感じる事ができなくなりました。

このことがあってブルベに対して持っていた熱意が急速に冷めてしまったのです。

そのかわりに...
学んだロングライドのスキルで自分の都合の良い時間に出掛けるロングライド、ツーリングをしようと思っていたのです..。

それが意外と実現できない、難しい。
『何時でも行ける』は『何時までも行かない』
なかなか自分の企画では重い腰が上がらない。
それなら走ってみたい『道』がある
観てみたい『場所』がある
それが設定されたブルベがあるのなら参加させて頂こう。
そう考えたワケです。

そして今回は昨年訪れることができなかった『伊勢志摩』
その海を眺めて走るブルベがある。
それが今回の松阪200kmだったのです。
海をぼへ~っと眺めて走るサイクリングがしたかった...のに

WHAT'S NEW?